旅行・地域

2018年12月14日 (金)

安達太良山  2018.12.11-12

昨年ラッセル敗退した安達太良山にリベンジ。今夜から天気が崩 2018121112__061
れる予報なので、頑張って今日、山頂を踏んでくることにしました。 2018121112__056_2
まだ雪が足りない安達太良高原スキー場のゲレンデを歩き、登山
口。滑って歩きにくいので早々にアイゼン装着。登山道脇の石楠
花の木には夏に咲いた花柄がビッシリ!今年は当たり年だったよ
うです。薬師岳の展望台には「この上の空が本当の空です」と言う
標識が立っています。霧氷や樹氷の子供を抜けると正面にピーク
が見えてきます。荷物を置いて、山頂に登ると360の展望!磐梯 2018121112__078
山に蔵王山。標識にはエビのシッポがビッシリ!いつまでも眺めて 2018121112__102
いたいのは山々ですが、日暮れが迫っています。用心のためにヘ
ッデンを出し、急いで下山にかかりました。宿泊の「くろがね小屋」
は温泉付きの快適な小屋ですが、どうやら2-3年後には建て替え
されるようです。どんな小屋になるのか?楽しみでもありますが。

12/11 11:52スキー場、12:50登山口、13:38薬師岳展望台、
      15:00安達太良山、16:00くろがね小屋
12/12  7:30くろがね小屋、8:17勢至平、9:00登山口、9:25スキー場  ...........

2018年12月10日 (月)

桜山  2018.12.4

23年ぶりの「冬桜」見物。あまり記憶が無い!道路脇の細い冬桜の  2018124__002_2
2018124__028並木に地味な花が付いていたのがかろうじての記憶!噴水?のある                                         
池が・・・でも、昔は無かった気がする。(忘れているだけかも)冬桜も
木が増えていて、花もちょうど見頃!山茶花や狂い咲きのツツジも。
驚いたのは「ロウバイ」。群落があり、今は葉が薄いクリーム色の黄葉
です。花は1月なので、今は蕾がビッシリ!やっと探して数輪が開花
していました。葉が落ちて、香り立つ頃、再訪したい「公園」でした。

2018124__0372018124__068


 


   

2018年12月 9日 (日)

妙義:山急山  2018.12.9

初滑りの予定だったけど、スキー場に雪が無い!仕方なく、転進!  2018129__012_3
2018129__037_5でも、この時期、西上州は快適、のはずだったのですが、寒い!登 
りでも雨具が脱げない!針葉樹林帯を登り、右の尾根に取り付く。 
風が出てきて耳が冷たい。目の前には岩峰が立ちはだかる。でも、
足元が不安定でズルズル滑るので足元しか見れない。最後のロー
プを登ると稜線に出てやっと、ホッ!ここから一登りし、ナイフリッジ
を越すと「五輪岩」の突端、浅間山が目の前です。戻って、岩峰の
基部をトラバース。足元スッパリ!の所が多く、緊張で喉がカラカラ
になります。山頂はイマイチの展望の上に寒い!即、下山!でも、  
ここからが核心!ズルズル滑る超急斜面!落ち葉が積もって足元
が見えない!2箇所ほどロープで確保してもらいながらのクライム
ダウン!面白かったけど、最後まで気の抜けない山でした!

8:18登山口、8:50二俣、9:35五輪岩、10:08山急山、10:11展望台、12:00登山口  ...

2018年11月25日 (日)

地蔵山(高倉の頭)  2018.11.24

今年の雪山初めは会津の低山。昔、安達太良山~日本海まで、「 
20181124__029むささびトレイル」と称して、スキーで辿った時に通過した「飯盛山」Dsc_2684
へ南から登る登山道の途中にあります。初めは杉林ですが、間も 
なくブナやミズナラの広葉樹となり、この時期は落ち葉の絨毯です。
そして、その上には雪が着いています。昨日の☂が上部では雪だ
ったのです。木々には霧氷が付き、青空に映えています。でも、今
日は日帰り山行!もう少し上の「鉢伏山」まで行きたかったのです 20181124__015_2
が、ここまでとしました。山名標識がが無いので、またまた、紙に書
いて、記念撮影。下山が大変でした。落ち葉の上に乗った雪、落ち
葉も滑るし、雪も滑る!一人3回づつは尻餅着いたのでは?(笑)
「飯盛山」は初夏にはヒメサユリが咲くとか。テントを担いで登りに
行きたいな~!

7:50登山口、8:48見晴台、11:40-12:00地蔵山(1340m)、14:05登山口  .........

2018年11月22日 (木)

高水三山  2018.11.18

山岳会の「シニアハイク」です。私にとっては10年ぶりの高水三山。Dsc_0255埼玉に引っ越
してから、奥多摩からはかなり遠のいていました。日曜日の「軍畑駅」は大賑わい!
若い人が多いのにびっくり!山ガール?山ボーイ?気温が低いのに歩き出すと暑い!
1枚脱ぎ、2枚脱ぎ!高水山の手前の東屋で昼食。この辺りの紅葉は今が見頃のよ
うです。この先、リーダーは「岩茸石山」と「惣岳山」は巻き道を通る、と言ったのに、
先頭がしっかり登って行くので、仕方なく付いて行きました。(話が違う!)途中、足が
攣った人がいたり、多少のアクシデントはありましたが、御嶽駅の食堂で打ち上げをし、
満員のホリデー快速で帰宅しました。超お久しぶりのメンバーもいて、楽しかった!

9:20軍畑駅、10:05登山口、11:00-11:40昼食、11:50高水山、12:17岩茸石山、13:07惣岳山、15:00御嶽駅  ............

源次郎岳~恩若が峰  2018.11.17

新潟方面の天気が悪く、急遽、以前から気になっていた「源次郎岳」  20181117__040
に行ってきました。中央線の甲斐大和駅から「上日川」行きのバスで                                         20181117__045
「嵯峨塩温泉」下車。9:20発のバスは2台でしたが、嵯峨塩温泉で下
りたのは私一人!全員、大菩薩嶺への登山者でした。すっかり葉を落
とし、初冬の趣の登山道をのんびり登って行くと、何やら、工事現場が。
そこから一登りで林道に出ます。タクシー、乗用車ならここまで入れるよ
うです。上日川峠からの登山道がぶつかるあたりで登山道整備の男性 20181117__059
三人が働いていました。源次郎岳山頂は最近切り開かれたらしく、素晴                                       20181117__062
らしい展望です。南に富士山、西に南アルプス、八ヶ岳。広くて明るい山頂は昼寝でもしたくなるほど。でも、あまりのんびりは出来ません。この先がルートの核心部!急な下りで片側が切れ落ちています。ロープが無かったら滑落事故多発でしょう!下りきってホッとすると、この先はルンルンの尾根道。巻き道もあり、今日のもう一つの目的の「恩若が峰」をもう少しで巻いてしまうところでした!林道に出て鹿避けのゲート
をくぐり、後は牧歌的なシーズンオフのブドウ畑の中を塩山駅に向かいました。

9;40嵯峨塩温泉、11:08-20源次郎岳、13:13恩若が峰、14:03鹿ゲート、14:40塩山駅  .

2018年11月15日 (木)

笹子峠~達沢山  2018.11.14

破線ルートの地図読み山行。でも、最近はかなり歩かれているようで、 20181114__006
標識や赤テープも付いています。笹子峠から出発。せっかくなので、
地形図とコンパスで行く方向を合わせます。落ち葉の絨毯の中を歩き                                       
ます。もやって幻想的な尾根道を時々地図を確認しつつ進みます。「
中尾根の頭」に到着!でも、変!標識はあるのですが、尾根が無い!
どうやら「中尾根の頭」はもう少し先のピークが正解のようです。この先、
何か所か痩せ尾根のリッジを歩きます。自然林なので明るく、天気も徐20181114__024
々に良くなり、南アルプスや八ヶ岳も見えるようになりました。「京戸山」
と「ナットウ箱山」、地元のハイカーが言うには、逆だろうと言う事でした。
達沢山は「山梨100名山」です。でも、展望も木が邪魔をしています。
今は葉が落ちていますが春頃はしっかり隠されてしまうようです。少し
戻り、立沢に下山。林道の「ダンコウバイ」の黄葉が美しかった!

 9:18笹子峠、10:13中尾根の頭(?)、11:18カヤノキビラの頭、12:38京戸山、12:28ナットウ箱山、13:32達沢山、15:04立沢登山口  .........

2018年10月30日 (火)

蛾が岳~四尾連湖  2018.10.31

かなり昔に1度だけ登ったことのある山。まったく、覚えていません!20181031__010
20181031__005ここから富士五湖の「精進湖」まで縦走できるそうですが、今日はリ
ーダーのリハビリハイクなので「蛾が岳」までです。四尾連湖畔から
スタート。杉林を緩やかに登って行くと間もなく,大畠山との分岐。こ
の先はミズナラ等の広葉樹となるが、紅葉には少し早いようです。痩
せ尾根を慎重に歩き、急登15分で山頂に到着!目の前が開け、雪
を被った富士山が大きい!後ろを振り向くと、南アルプス、八ヶ岳、金 20181031__015
峰山、瑞牆山等の奥秩父。記憶に無かったけど、「良い山だったんだ 20181031__028_2
な~!」って思いました。来た道を戻り、四尾連湖を一回り。富士山の
湧水なのか、澄んだ綺麗な水面に今登って来た蛾が岳が映っていま
した。次回はキャンプ場でBBQも良いな~!

9;50駐車場、10:25大畠山分岐、11:22-30西肩峠、11:45-12:15蛾が岳、13:35大畠山分岐、13:55駐車場  .....................

2018年10月23日 (火)

八十里越え~番屋山  2018.10.28

1泊2日で新潟三条から会津への「八十里越え」を歩く予定でした。 2018102829__021
でも、初日が大雨予報!縦走なので新幹線を予約していたのです 2018102829__011_2
が、超間際でキャンセル!とりあえず、来年の下見を兼ねて「吉が
平」から歩いてみました。「天保古道」から「明治新道」を辿ります。
ブナの黄葉が進む中、所々、モミジやウルシの赤が目を引きます。
崩壊した道や急登にはフィックスロープがあますが、雨の後でもあ
り、ぬかるみがひどく、時々足首まで嵌ります。「ブナ沢あたりまで
行こう!」と言っていたのですが、ダラダラ道に飽きてしまい、ぶな 2018102829__073
坂手前で引き返し、最近整備して売出し中!と言う「番屋山」に登 2018102829__026_2
ることにしました。引き返して取り付くと、いきなり、急登!そこに、
胎内から来た、と言う13人の登山者が下りてきました。この山、「 
山と渓谷」で紹介されたそうなのです。痩せ尾根を登ると「番屋山
山頂」下りも急でズルズル!フィックスロープがあるので、かなり
安心!「雨生池」は思いの外、大きく、逆さ紅葉が池に映っていま
した。来年はブナ沢付近で焚き火がしたいな~!

 6:55吉が平、10:05番屋乗越、11:00ブナ坂手前(引き返す)、
12:45番屋山取り付き、13:33番屋山、14:30雨生き池、
15:00吉が平  ....

大弛峠~金峰山  2018.10.24

雨予報bearing雨具着用を覚悟していたのですが、なんと、快晴!金峰山、 20181024__019
20181024__015最近は小屋泊りの雪山ばかり!おまけに、いつも天気が悪い!快晴
の金峰山なんて何年ぶりだろう!ジャンボタクシーで大弛峠へ。コメ
ツガやシラビソの樹林の中、昨日の雨でぬかるみだらけの登山道を
歩きます。途中、今年の台風の影響でしょうか?かなりの数の大木が
折れて倒れています。縞枯れ状態の所もあります。このルートは標高
差が少なく、全体的にのんびり歩けます。途中、富士山も見えます 20181024__025_3
20181024__036が樹林の隙間からです。朝日岳からこのルート最大の急降下!でも、
5分です(笑)鉄山を巻いて展望が開けると間もなく金峰山山頂!手
前の大石歩きは全員苦労したようです。時間が押していたので五丈岩
は山頂から眺めただけで引き返しました。ぬかるみや木の根で滑るの
でちょっと時間がかかってしまいましたが、全員登頂出来て、良かった!

9:12大弛峠、10:10朝日岳、12:45金峰山、14:35朝日岳、16:08大弛峠  .......

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー