« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »

2023年2月

2023年2月19日 (日)

金峰山  2023.2.14-15

雪の金峰山は7回目、無雪期を入れると13回目の金峰山です。202321415-220230214_121931_10 202321415-220230215_065126_36
山頂直下にある金峰山小屋は冬季は予約のある週末しか営業し
ていないのですが、友人であるYガイドの企画の時のみ平日に
開けてくれます。ですから、暖かい山小屋泊まりで雪山に登れ
るのです。そんなこんなで、今年も行ってきました。スタート
の廻り目平は無雪期はクライマーで賑わう「小川山」ですが、
冬季は閑散としていて鳥の声しか聞こえません。コースは閉鎖
された林道からコメツガやトウヒの樹林帯を小屋まで登ります。      202321415-220230215_074412_43 202321415-220230215_081633_54
中間点で瑞牆山や八ヶ岳が少し見えるだけでほとんど展望があ
りません。でも、小屋の前は開けていて今回も八ヶ岳がモルゲ
ンロートに染まっていました。外の気温は-20度。すぐに体
が冷えます。天気は快晴だけど、超、寒い!小屋の中はストー
ブでぬくぬくなんですけどね!小屋の朝食はいつもおかゆだっ
たのですが今回はホットケーキ、生クリームも付いていました。
食事のあと、山頂へ。快晴無風!こんな天気の金峰山、初めて      202321415-2 202321415-220230215_083010_66
かも。五丈岩もバッチリ!南には白峰三山から御嶽山、乗鞍岳
まで。東に大菩薩や奥秩父の山々。山頂から甲武信ヶ岳が見え
たの、初めてかも。下山の小屋へのストレートコースはトレー
スが無く、ラッセル!嵌ると抜けるのに苦労するので、ゆっく
り慎重に歩きました。小屋頂いたコーヒー、美味しかった~!

14日 10:25廻り目平、11:55中の沢出合、15:03金峰山小屋(泊) 
15日  7:45金峰山小屋、8:16五丈岩、8:25金峰山、                Dsc_9987
     9:10-9:35金峰山小屋、10:31中の沢出合、11:40廻り目平  ........

 

   

2023年2月13日 (月)

房総:鋸山  2023.2.9

房総は遠かった!電車で房総に行ったのはいつのことだった      Dsc_9976 Dsc_9970
ろう?でも、あの時は1泊したはず。今回は日帰りなのです。
行きに3時間半、ハイキング4時間、食事・買い物で2時間、
帰りが3時間半。鋸山は40年前に家族旅行で来ているので
すがほとんど記憶無し!でも、大仏だけは覚えています。あ
の頃はまだ、山登りをしてなかったはずなので、鋸山には登
って無いかも。もちろん、昔、女性たちが切り出した石を運
んだと言う、「車力道」なんてのも初めて!メンバーの中に      Dsc_9972
房総の勝浦出身の女性がいて、五百羅漢や大仏等を案内して
くれたのです。それにしても、鋸山、階段だらけで、参った!

10:30浜金谷駅、11:37展望台、12:03鋸山、13:35大仏、
14:20大仏駐車場  .......

那須:三本槍岳  2023.2.8

一昨年の暮れ、会津側の大峠から三本槍岳を目指しました。    202328-220230208_095301_04 202328-220230208_103503_07
ところが、その年も年末寒波に見舞われ、大峠までも行け
ず、林道の途中にテントを張り、猛吹雪で敗退しました!
もう、雪山でのテント2-3泊の気力も体力も無く、栃木
県側からスキー場のゴンドラを使い日帰り、と言う歳相応
の軟弱コースで入山しました。前日は温泉でメンバーと超
遅ればせの新年会をし、ゆっくり目に出発。平日だと言う
のにスキー場は若者で賑わっていました。なのに、山に向      202328-220230208_114135_11 202328-220230208_122305_13
かうのは私達だけ。旧リフト終点から中の大倉尾根に入る
と古いトレースが残っていました。ここは6月にはシロヤ
シオで有名な所です。歩き始めは青空だったのですが、樹
林帯を抜けるころから視界が悪くなり、周りの山も見えな
くなってきました。風は弱く、それほど寒くも無いので進
んだのですがスダレ山を過ぎ、北温泉分岐まで来るとホワ
イトアウト状態!トレースも無くなり、たびたび雪を踏み     202328-220230208_112658_10 202328-220230208_135055_17-2
抜き、足を抜くのに一苦労!このまま進むと体力の消耗も
激しく、場合によってはゴンドラの終了時間までに戻れな
い可能性もあり、引き返すことにしました。三年前は山頂
を踏んだけど、展望無し!山スキーで登った時も視界が無
く途中敗退!次回は、確実な好天を狙って再訪しよう!

 9:50マウントジーンズスキー場、ゴンドラトップ、11:40スダレ山、
12:00北温泉分岐、12:15引き返す、13:55ゴンドラトップ  ...

« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »