« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月22日 (火)

本社が丸北尾根~角研山  2022.3.20

山友、K.M.さんとの数年前からの約束のルートです。彼女   2022320-20220320_093225_11 2022320-20220320_110736_27
が諸事情で行けなくなったのですが、せっかくいろいろ調べ
ていたので、一人でも行ってみることにしました。笹子駅付
近は駐車場が不便なので、電車で周回することにしました。
笹子駅を下車した登山者のほとんどは「滝子山」に向かうよ
うで、国道20号を西に向かう人はいません。清八峠への案内
板に従って林道を歩きます。北尾根は次の案内板で左折、取
り付けそうな枝尾根は3か所、その最後の尾根に目星をつけ   2022320-20220320_123342_32 2022320-20220320_125055_33
ていたら、そこは送電線の巡視路のようで、階段が続いてい
ました。取り付いてしまえばこちらのモノ!上へ上へと登れ
ば良いのです。概ね広葉樹林やカラマツ林なので明るくて快
適です。でも、ほとんど、急登!脹脛が突っ張りそうになり
ます。鹿のトレースと鹿糞がたっぷり!ず~っと落ち葉を踏
んで登ったのですが、稜線手前で岩場となり、その上は急な
上に落ち葉の下が凍結していて、四つん這いで登りました!   2022320-20220320_135505_45 2022320-20220320_140502_47
北尾根はバリエーションですが稜線は一般道です。左へわず
か岩の道を行くと「本社が丸」山頂です。“秀麗富岳十二景”
なのですが、今日の富士山は雲の中!さっきまでは青空だっ
たのに、残念!小休止の後、引き返して「角研山」へ。一般
道の稜線、って、なんて快適なんでしょうね~!小ピークの
巻道もあるし!(笑)ところが角研山の下りが核心でした!
急な上に、霜が解けたのか?ドロドロ!ズルズル滑るので気  2022320-20220320_134308_42 2022320-20220320_092108_07
が抜けません!(滑って尻餅は勘弁!)膝は痛いし、腰も痛
い!最後はちょっとびっこぎみになって林道に出ました!

 8:40笹子駅、10:00巡視路、12:33本社が丸、12:05角研山、
14:58庭洞山、15:35林道、15:45笹子駅  .

 

 

仙人が岳(生不動)ハナネコノメ  2022.3.19

先回は下見だったので、再び、ハナネコノメを見に行って   2022318-20220319_102252_13 2022318-20220319_103858_17
来ました。今回も花が目的なので、山頂には行きません。
土曜日なので駐車場が心配だったのですが、5台しか停まっ
ていませんでした。先日、良く匂っていたロウバイは終盤、
カタクリが数輪、咲いていました。ハナネコノメは、と言う
と、陽当りの良いところはシベが落ち、全体がクリーム色に
なっています。日陰に咲いているのは超見頃!生不動の手前
になると開いたばかりで、まだ、蕾もありました!私と同じ、  2022318-20220319_105531_35
花を見るだけなので山頂には行かない、と言う女性と交代
2022318-20220319_110917_64ながら撮影しました。エイザンスミレが咲いている、と言
う記録があったのですが、見つけることはできませんでした!

     2022318-20220319_110345_57 2022318-20220319_120416_95 2022318-20220319_110255_54

雨巻山  2022.3.17

朝起きたら、天気良い!明日からの3連休はお天気、悪い!   2022317-20220317_095806_13 2022317-20220317_103703_18
それなら、出かけるしかない!とりあえず、近場!と言うこ
とで、益子の「雨巻山」へ。急がないので、高速は使わず、
下見道で行きました。大川戸の駐車場に着いてびっくり!
平日だというのにほぼ、満車!隣に停まっている車の男性が
声をかけてくださり、同行してくださいました。(月4-5
回登っているとか)実は前に1度登っているのですが、全く
記憶がありません。とりあえず、足尾山経由で登ることにし  2022317-20220317_112032_22 2022317-20220317_115434_28
ました。足尾山沢コースはちょっとだけ短いナメを歩きます。
山頂手前で探していたシュンランに数輪、出会えました。足
尾山を過ぎ、鎖場を通ると御嶽山。雨巻山の手前に「猪転げ
坂」この看板には記憶がありました!雨降山山頂には7-8
人の登山者。車の数の割には少ないかな?下山には尾根の道
と岩の道があり、同行の男性から岩の道を進められ、通りま
したが2分で尾根の道と合流してしまいました!三登谷山の   2022317-20220317_130132_42 2022317-20220317_131147_47
手前では今シーズン初のダンコウバイに出会え、いつもとは
向きの違う筑波山が見れました!この山はなんと言っても「
シキミ」の木が多い!開花にはもう少しですが、とにかく、
ず~っと、シキミが続いていました!

 9:19大川戸駐車場、10:24足尾山、10:37御嶽山、
11:02峠、11:19猪転げ坂、11:54雨巻山、
13:11三登谷山、14:00大川戸駐車場  .

権現山(上野原)  2022.3.16

古い山友の宿題の山です。何十年も前に北尾根から登った
Dsc_5759 Dsc_5765山です。今回は初戸からの玄房尾根から。バス停から橋を
渡って行くと,杉と檜の植林帯。やたらに伐採をしてるの
ですが、どうするのでしょう?とにかく、急登が多く、思
いのほか時間がかかりました。尾根に出ると間もなく、「
雨降山」。ここからの稜線は明るい広葉樹林でホッとしま
す。神社の祠を左から巻き上がると、「権現山」山頂です。
富士山は見えない。いつもは見えてるのだろうか?どちら
にしても、今日は靄っている。帰りは雨降山に戻り、用竹
に下りるつもりだったのですが、時間的に厳しく、最短の
「浅川」に下りることにしました。浅川峠に着き、バス時
間まで1時間半もあるので、タクシーを呼びました。が、バ
ス停に着いて、5分!タクシーが来た!と思ったら、、、
バスでした!???どうやら、私たち、休日の時刻表を見て   Dsc_5770
いたようです。さすがにキャンセルもきかず、大月駅までバ
スの3倍の交通費がかかってしまいました!(ショック!)


9:27初戸、11:46雨降山、11:33-13:15権現山、
14:30浅川峠、15:10浅川バス停  ...

 

安戸山  2022.3.12

久しぶりの雪山単独登山、とはいえ、かなりの低山です。    2022312-20220312_091801_19 2022312-20220312_091855_21
駐車場がわからず、適当に!農家の前を通り、登山道へ。
杉林を抜けるとちょっとした沢を板で渡ります。雪はぽ
つぽつですがところどころ凍っています。廃林道に出ると
陽当りが良くて暖かい。と、目の前を、何かが走り抜けた!
熊?イノシシ??カモシカでした!少し下でこちらをうか
がっていました。林道終点は広場になっていて、テントを
張ったら気持ち良さそう!この後は雪が増えて来て、ワカ    2022312-20220312_092856_25-2 2022312-20220312_103234_41
ンを車に置いてきたのを後悔しました!尾根を回り込むと細
く痩せているので、チェーンスパイクを装着。初使用でし
た。展望が無い、の話だった山頂からはブナの木の間から
那須方面がいくらか見えていました!それにしても、快晴
の土曜日だと言うのに登山者、私だけ、って???

 8:00蟇沼登山口、9:31林道終点、10:32安戸山、
11:15林道終点、12:30蟇沼登山口  .

秩父紅、他  2022.3.9

群馬三大梅林(秋間、箕郷、榛名)に梅見物に行ったのですが、Dsc_5645 Dsc_5636
今年は、すご~く、開花が遅れている!駐車料金、払ったのに
ほぼ、蕾!せっかく遠出したのでどこかに花が咲いてないか?
皆野町にオレンジ色の福寿草があるというので、車を飛ばしま
した!ちょっと遅めだったけど、見れました!突然変異の園芸
種のようだけど、なかなか見れないから、良かった!
「秩父紅」、秩父では「幻の福寿草」と言うらしい!来年は見
頃に行きたいな!

日留賀岳(塩原)1500mまで  2022.3.5-6  

会津の「沼の沢山」の予定でした!でも、会津方面は連日吹雪予報!    2022356-20220305_091854_02 2022356-20220305_104454_08
というか、全国的に悪天!関東地方なら、と言うことで、転進しま
した。登山口の小山さん宅には福寿草が咲き始めていました。鉄塔
の先から、比津羅山を東から巻く林道を歩き、尾根に取り付きます。
林道ではまばらに付いていた雪もここからはしっかりとした雪尾根
です。徐々に大きなぶなが増えてきます。午前中は青空で暑かった
のですが、徐々に曇って来て気温も下がってきました。Sさんが先行
して整地をしてくれていたのですぐにテントを張ることが出来ました。  2022356-20220305_120815_12 2022356-20220306_070534_16
この頃から雪となり、吹雪となりましたが、私たちの宿は安泰でした。
朝起きると、吹雪いていて視界も悪い!山頂に行っても山頂にタッチ
した、と言うだけ。30分ほどお散歩して、即、下山としました。前日
の私たちのトレースもすっかり埋まっているのですが、昨日、踏み抜
きで苦労したルートも気温が低くて、新雪の下が凍っているので快適!
でも、急斜面になるとワカンなので滑りそうで怖い!慎重にしてるの
で時間がかかる!おまけに、あと、下まで35分となった鉄塔の先で   2022356-20220306_105029_29 2022356-20220306_110614_32   
ルートミス!右にトラバースで修正したその先に、イノシシがいて動
けない!1時間以上かかって下山した小山宅は庭も畑も一面の雪!
フクジュソウも雪の下でした!

5日  9:20小山宅、10:18鉄塔、11:10林道終点、
   16:00テント(1500m)
6日  7:15テント、9:18林道終点、10:05鉄塔、
   11:10小山宅  ...

 

2022年3月 3日 (木)

セツブンソウとハナネコノメ  2022.2.28

もう見頃、と思って行ったのですが、今年は寒かったせいか?    2022228-20220228_094111_11 2022228-20220228_100929_21
遅れているようです。陽当りの良いところは群生しているので
すが、林の中はイマイチ!フクジュソウもキバナのセツブンソ
ウも、咲き始めたばかりでした!それでも、生のセツブンソウ
を見るのが初めて、と言う友達は感激してくれました。紅梅も
白梅も、いつもなら咲いているのですが、まだまだ蕾!マンサ
クとロウバイが見頃を迎えていました!次に、移動して、ハナ
ネコノメ。ちょっと早いことはわかっていたのですが、まった     Dsc_5650 Dsc_5656
く咲いてなくて、ガッカリ!まだ、やっと葉が出て来たところ。
よくよく見ると、出かかったばかりの蕾がほんの数輪!咲いて
いるであろう、ぎりぎりまで登って、諦めて戻ろうとしたとこ
ろに、1輪、咲いていました!セツブンソウの花も1センチな
のですが、ハナネコノメは5ミリです。100均で買った、ス
マホ用のマクロレンズを付けて、頑張って撮りました!

 

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »