« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月22日 (金)

会津駒ケ岳  2021.10.15

新型コロナの大流行から1年半ご無沙汰だった山仲間との     20211015-220211015_092600_17 20211015-220211015_105214_24
紅葉見物です。初日は軽~く、「駒止湿原」を散策し、馴
染みのペンションに宿泊、翌朝、登山口の駐車スペースが
気になり、朝食を早めてもらって出かけました。心配が的
中!林道のかなり下まで路駐の列!無理やり割り込んで、
何とか駐車しました!しばらくは紅葉には早く、キノコ探
しをしながら歩きましたが、ハナイグチガ2-3個採れた
だけでした。中間部からは回りの木々が色付き、写真を撮      20211015-220211015_110422_28 20211015-220211015_110627_31
ったりで進みません。右奥に目的の会津駒が見えてくると、
紅葉の木は無くなり、草紅葉となります。今日は大快晴!
爽やかな秋晴れです。山頂は狭く、展望もイマイチなので、
少し中門岳の方に下って休憩しました。今は冬枯れですが、
次回は花の時期に中門岳まで行きたいと思いました。帰り
は巻き道から駒の小屋に戻りましたが、木道の壊れがひど
く、かなり歩きにくかった!帰りもキノコを探したけど、    20211015-220211015_111834_38 20211015-220211015_112140_41
見つけられませんでした。例年ならもう出てても良いはず
のナラタケ全く見かけず、今年は出が遅れているのでしょ
うかね~!

 7:53登山口、11:13駒の池、11:40会津駒ケ岳、
11:50-12:20休憩、12:40駒の池、15:00登山口  ......

2021年10月11日 (月)

水無コースから越後駒ヶ岳  2021.10.9-10

三年越しの計画です。去年、骨折で行けなくなった友達が    20219910-220211009_093817_33 20219910-220211009_105520_40     
今年も行けなくなり、いつまでも待てないので行ってきま
した!予報に反して、朝、雨が降っている。昼間は晴れる
ことを期待して歩き出しました。しばらくは崩落の激しい
林道歩きです。左から有名なオツルミズ沢が合流している
のですが、すごい水量!とても沢登りのレベルではありま
せん。草の茂った道を靴を濡らしながら行くと十二平、こ
こからいよいよ急登が始まります。標高差1800m以上      20219910-220211009_124908_70 20219910-220211009_124922_71
なので、恐ろしい!木の根が露出した岩交じりの急登!お
まけにズルズル!笹や灌木を掴んでよじ登ります。途中、
岩登りチックなところやナイフリッジもあり、気が抜けま
せん!尾根が広くなりホッとするのですが、すぐまた細く
なります。憧れのグシガハナだったのですが、恐ろしく聳
えていて、とにかく必死でした!おまけに、山頂で休憩と
思っていたのに、仲間は素通りしていました!降ったりや     20219910-220211009_140637_93 20219910-220211010_060241_101
んだりの雨はこの頃には上がり、中の岳からの稜線も見え
だしました。グシガハナを過ぎると今までとは違い、穏や
かな登山道になり、そのまま越後駒ヶ岳の山頂へ導いてく
れます。でも、山頂はガスの中でした!駒の小屋はコロナ
で極力日帰りで、と言われているにもかかわらず、小屋泊
まり、テント泊ともにかなりいっぱいいっぱいでした!
翌朝は日の出と同時に出発!昼に1本しかないバスに乗り     20219910-220211010_060617_103 20219910-220211010_100303_114
遅れたら大変です。実は駒の湯への道が、途中のつり橋が
落ちていて通行禁止になっているのです。しかし、3日前
に通った人の記録があり、行ってみることにしました。通
行禁止の割には笹の仮払いがされてます。でも、急でやた
らに滑る!何回、滑って尻餅を着いたことか?この道は3
回歩いているのですが、まったく記憶がありません。覚え
ているのは10月末にナメコを採ったことだけ!散々疲れ      20219910-220211009_111234_47 20219910-220211009_114002_51
た頃、崩落した吊り橋に到着!ロープを掴んで沢床に下り、
渡渉して登り返します。2人は靴を抜いてましたが、私は
面倒なので、靴のまま渡渉しました。水は少しだけ、足首
から入りました。登り返しがかなり危なかった!ロープは
あるのですが、足元が崩れそう!膝まで使ってよじ登りま
した!大湯温泉まで歩いてバスとタクシーで車回収の予定
でしたが途中で車道歩きに疲れ、小出からタクシーを呼ん
でしまいました!登りの標高差1800m、下りが1700
m、凄いルートでした!

 9日  6:25森林公園P、7:25十二平、12:30グシガハナ、
    13:50越後駒ヶ岳、14:15駒の小屋(テント泊)
10日  5:45駒の小屋、6:35百草の池、7:18小倉山、
     9:58渡渉、10:09登山道入り口  ...

北アルプス:乗鞍岳  2021.10.2

初日、台風は逸れてくれたけど、曇りでは紅葉は映えない!    Dsc_4610 Dsc_4636
予定を変更して、初日は畳平の宿に直行しました。翌日は
台風一過のはずです。朝起きると、外はガスで真っ白!日の
出はパスして、食事の後、早めに出発しました。早朝でまだ
始発のバスも着いてないので、山頂への道は貸し切りです。
朝から快晴!雲一つ無い空に乗鞍岳の剣が峰がくっきりと聳
えています。火山の石で歩きにくい道を登って山頂に着くと、
富士山の写真を撮っていると言う若者が、「富士山が雲の中    20211012-220211002_104411_190 20211012-220211002_110609_223
で見えない!」と、嘆いています。南アルプスまでは見える
のですが。記念写真を撮り、下山しようとしたら、あら~っ!
登山者が列を成して登ってきます!私たちはすぐ下の肩の小
屋から歩いて下山するので、あと20分早くに下りていれば
この大軍団に会わずに済んだのに、と、後悔しきり!乗鞍の
紅葉はバスで登ったのでは1割しか見れません。下りだして
すぐから感激!感激!正確にはあと2-3日後がピークのよ     20211012-220211002_095044_117 20211012-220211002_102905_156   
うですが、これでも十分、素晴らしいのです。ついつい写真
撮影が忙しく、なかなか進みません。時々、車道を横断する
のですが凄い数の自転車です。ここは「ヒルクライム」のメ
ッカなんですって!最後にちょっと寄り道して、「三本滝」
を見て帰りました!

 6:45畳平、7:08富士見岳、7:32肩の小屋、8:27乗鞍岳、  20211012-220211002_084539_95-2
9:24肩の小屋、11:38位ヶ原山荘、12:17冷泉小屋、
13:36三本滝、14:09三本滝駐車場  ..

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »