« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月28日 (火)

安達太良山  2021.9.29

一月前、ロープーウエイ駅まで行ったけど、悪天で取りやめ      20211012-220210930_101407_26 20211012-220210930_100122_17
にしたので、リベンジ山行です。今回は天気最高!わくわく
してロープーウエイ駅に着いて、「えっ!」、休館日でした!
考えた末、その日は近くてちょっとで登れる「鬼面山」に変
更!翌日、安達太良山に登ることにして、裏磐梯の民宿に泊
まりました。翌日、大快晴!平日なのに駐車場は満車状態。
軟弱メンバーはロープーウエイ上駅からの往復。登るにつれ
て木々の紅葉が目につきだします。中間付近では色付いた山   20211012-220210930_105743_3920211012-220210930_110943_46
肌が青空なので鮮やかです。紅葉狙いの計画ではなかったの
で、3-4日、早いかな?だったのですが、でも、綺麗!
有名な山頂付近の風も無く、穏やか!でも、狭い山頂に人が
溢れている。一方通行になっているのに、登りルートを下っ
ている人がいて、???だったのですが、わかりました!山
頂からの下山ルートの看板、あれは間違えます!私も間違え
て途中まで登りルートを下り、途中からトラバースで修正し      20211012-220210930_110854_4520211012-220210930_101709_28
ました!下で、ブツブツ言っているおじさんがいました(笑)
下山にかかり、数分すると、なんと、ガスが湧いて来て山頂
が見えません!ほんと、ラッキーでした!

 9:43ロープーウエイ上駅、11:09-11:32山頂(肩で休憩)
12:50ロープーウエイ上駅  ....

三ツ石山  2021.9.25

一昨年、安達太良山でタクシー待ちをしてた時、隣にいた    2021925-220210925_111522_58 2021925-220210925_112318_66
人たちの話から、東北で一番早くに紅葉が見れる山として、
「三ツ石山」の話をしていました。9月三週目!昨年はす
でに栗駒山を予定していたので、今年は絶対に、と言うこ
とで!宿から国道に出てびっくり!路上駐車の列!まさか?
と思ったのですが、やはり、三ツ石山の登山者の車でした!
登山道は昨日にも増して、ドロドロ!登り始めは全く色づ
いていません。赤くなっているのは、ツタウルシのみ。徐      2021925-220210925_112330_67 2021925-220210925_112400_70
々に増えては来るのですが、三ツ石山荘の前は草紅葉のみ。
山荘は大混雑なので、素通り!でも、ここからは行列にな
っています。ちっとも紅葉してないのに、昨日見たのは夢
だったのか?と、、、それが、山頂稜線に出た途端、驚き
です。景色が一変して。一面の紅葉の海!360度です。
それにしてもの、人、人、人!山頂に太鼓を持ち上げて、
「さんさ踊り」をしている人もいます。素晴らしい!これは   2021925-220210925_112419_71 2021925-220210925_113818_76
また来なければ!でも、人の少ない時、って、無いでしょ
うね~!

 8:00松川温泉、8:34登山口、10:32三ツ石山荘、
11:18-12:20三ツ石山、12:50三ツ石山荘、
14:30松川温泉登山口  ...
                               2021925-220210925_120417_89 2021925-220210925_120953_92 2021925-220210925_120214_87

 

裏岩手縦走  2021.9.24

やっと、行けました!10年前に中止になり、昨年も行けな  2021924-220210924_073709_13 2021924-220210924_074131_17
かった裏岩手です。前日は八幡平を歩いたのですが、ガス
でほとんど景色が見れず、この日は晴れるはずだったので
すが、朝になっても雨は止まず、ガスのまま!1時間、出
発を遅らせ、雨が止んだところで決行しました。道はドロ
ドロ、景色は見えず!パスするつもりだった「畚岳」は登
って良かった!なんと、紅葉が綺麗だったのです。(ガス
の中ですけど)そのあとは植生が代わり、笹と針葉樹。相  2021924-220210924_094939_75 2021924-220210924_105451_117   
変わらず道はドロドロ、ズルズル川状態!嶮岨森が近づい
て来ると、ガスが切れて遠くが見えてきました。そして、
本日1番の紅葉が出てきました。いきなり出て来た紅葉に、
全員、感激!写真、写真で進みませんでした。大深山荘は
昼前なので、まだ閑散としているのですが、今夜は大賑わ
いでしょう!ここで、地元のガイド(八幡平のエアリアを
作った人)にお会いし、湿原ルートを進められたので、そ  2021924-220210924_105758_121 2021924-220210924_131126_162
のコースから松川温泉に下山することにしました。この、
「源太が岳」経由のコースは実は、当初の予定コースだっ
たのです。草紅葉となった湿原から尾根コースに戻り、源
太が岳へ。この尾根ルートからは明日予定している「三ツ
石山」への縦走路が見えています。ピーク、ピークが紅葉
で素晴らしい!歩いたら、さぞかし、と思うのですが、そ
のためには避難小屋泊になってしまいます。でも、遠くか    2021924-220210924_144859_204 Dsc_4541
らでも綺麗に見える紅葉、明日に期待が膨らみます。途中、
ナラタケを採ったりしながら本日の宿、松川温泉「松楓荘」
へ。楽しみは、追加で頼んだ、イワナのお造りです!

 7:10藤七温泉、7:25縦走路入り口、7:58畚岳、9:04諸檜岳、
 9:49石沼、10:10前諸檜、11:01嶮岨森、12:00大深山荘、
12:28水場、13:47源太が岳、16:04源太が岳登山口、
16:25松川温泉  ...

2021年9月22日 (水)

朝日連峰:日暮沢~大朝日岳周回  2021.9.19-20

北アルプス、後立山の縦走を予定していましたが、初日の 202191920-220210919_142421_54 202191920-220210919_143556_55
天気予報が雨!天気の良さそうな東北に転進しました。
日暮沢の登山口に着いて,びっくり!車が道路まで溢れて
います。小屋の混雑を考えてテントを持とうか?迷ったの
ですが、この車の人たちは早くに歩きだしてるので、大朝
日小屋まで行くであろうと思い、テントはやめました。予
想通り、歩き出しから快晴です。高山植物はもう、秋の花
です。登るに連れて少しづつ木々が色付いてきます。数年     202191920-220210919_144113_57 202191920-220210919_180036_69
前に歩いた天狗角力取山の稜線が目の前です。咲き残った
マツムシソウやハクサンイチゲが鮮やかな色で楽しませて
くれています。竜門小屋は心配したほどには混んでいませ
んでした。ここは稜線上の小屋なので日の入り、日の出も
小屋の中からも見ることが出来ます。翌朝、竜門山への登
りにかかると、太陽が上がってきました。本日も快晴の予
感です。これから大朝日岳にかけては穏やかな稜線漫歩    202191920-220210920_052614_88 202191920-220210920_054527_99
です。朝日連峰が初めてのメンバーがいて、山頂では写真
の撮りまくりです。紅葉には少し早い小朝日岳なので、巻
いてしまおうと思ったのですが、メンバー達は気が付かな
いうちに登ってしまっていました。古寺鉱泉との分岐から
は私も初めてのルートです。どんどん傾斜が増し、木の根
も凄くて、膝の悪い私は下山にやたらに時間がかかってし
まいました!                        202191920-220210920_091817_151 202191920-220210920_093108_159

19日  9:00日暮沢、12:38清太岩山、13:37ユーフン山、
    14:22竜門山、14:37竜門小屋(泊)
20日  5:20竜門小屋、6:43西朝日岳、8:00中岳、8:11金玉水、
     8:25大朝日小屋、8:41大朝日岳、9:44銀玉水、
    11:10小朝日岳、11:40古寺山、13:13ハナヌキ峰
    15:15車(下山が遅れたので仲間が車で来てくれた)  ....
                      

2021年9月16日 (木)

篠井富屋連峰:男山~本山  2021.9.13

昨夜、那須町に宿泊したので、もう一か所、と思い、冬にしか    2021913-220210913_111013_05 2021913-220210913_120152_34
登ったことのない、「赤面山」に向かいました。ところが、登
山口の旧白河スキー場に着くと、強風!おまけに、元レストハ
ウスが廃屋化して気持ちが悪い!登山者もいない。宇都宮に移
動して、昨年、途中からイワタバコ見物に替えた、「篠井連峰」
に向かいました。さすがに、中途半端な時期、「子どものもり」
の駐車場に、車は4台です。すぐに「榛名山、男山」の看板があ
り、ここは歩いてないのでここから行くことにしました。が、ち   2021913-220210913_115439_31 2021913-220210913_130058_46
ょっと行ったら、林道に出てしまい、がっかりしたのですが、ツ     
リフネソウとキバナノアキギリが群落していて、これはこれで良
かったです。登山道に入ると、やたらに急!この道に来たのを後
悔したのですが後の祭り!頑張りました。男山の直下は岩だらけ!
さすがに、「男山」。そして、本山前も岩岩!山頂からの展望は
良かったのですが、灌木が伸びていて、見にくかったのが残念!
下山はいきなり大岩下り!最近、バランスが悪くなっているので    2021913-220210913_121204_39 2021913-220210913_132537_55
へっぴり腰です。鞍部から「子どものもり」への道は急ですが安
全!まあ、転んでも尻餅くらい、と言うことです。です。その後
は、私でも、パッパッと歩ける平に近い道でした!

11:02子どものもり駐車場、12:11男山、12:32本山、
12:55男山・飯盛山分岐、14:00子どものもり駐車場  .

那須:日の出平~南月山~白笹山  2021.9.12

この時期、高山植物はほぼ終わり、紅葉には少し早い。近場    2021912-220210912_130531_97 2021912-220210912_103629_18
で何か咲いているところ、と思い、那須に行ってみました。
朝、ゆっくり目に出発したら、駐車スペースが埋まっていて
焦りましたが、一回りして何とか停めました。歩き出した道
にはキノコが出ているのですが、ほぼ、「食えん茸」(食べ
れ無いキノコ)。今日は晴れる、と言う予報だったのになん
だか雨が降りそうな空模様!稜線付近はほとんど平らなので
すがそこまでは急登で風も無く、暑い!日の出平は初夏には     2021912-220210912_125435_77 2021912-220210912_125318_71
一面、ミネザクラが咲き、桜越しに茶臼岳が望める好展望地
です。姥が平に行こうか?南月山に行こうか?迷ったのです
が、1座くらい山頂を踏もうと思い、南月山に向かいました、
しばらくはアキノキリンソウくらいしか咲いてなかったので
すが、ガレ地になると、咲いていました、「イワインチン」
です。今日はこの花が見たかったのです。3-4か所、群落
していて、久しぶりにたくさん見ることが出来ました。それ     2021912-220210912_130335_93 2021912-220210912_104350_22
にしてもまだ14時前だというのに夕方のように薄暗い。白
笹山が近づくと花も無くなり、展望も一部、流石山方面が見
えただけ。登山道は石ゴロゴロの上に苔で滑りそうなので、
足元だけを見ながらゆっくり下山しました!

10:02沼原駐車場、10:38日の出平登山口、12:35日の出平、
13:08南月山、13:49白笹山、15:15沼原駐車場  .

 

2021年9月 8日 (水)

鞍掛山(宇都宮)  2021.9.7

このところ、雨続き。花もほぼお終いだし、紅葉には早い!     Dsc_4386 Dsc_4399
キノコも中途半端!でも、朝起きたら、今日は晴れる、と言
う。遠く無くて、歩きも短めで、ってなると、栃木の山!
15分で支度をして出発!狭い林道の先の駐車スペースに車
が2台。蕨畑の先の鳥居をくぐって小沢沿いの檜林を行くと
冬イチゴの葉が一面に。実ができるのは12月かな?鞍掛神
社の分岐を過ぎるとちょっとだけ沢の中を歩くようになりま
す。ここ、ちょっと滑る!この先、左手に鎖が付いている。
「どうして?」と思ったら、やたらに急!鎖をつかんで、
よっこらしょ!でした!尾根に出ると広葉樹林の間を歩くよ
うになります。分岐で「奥の院」に立ち寄らず、残念!山頂は
展望も無いので、スルーして、鉄梯子のかかった大岩に行き
ました。ここから眼下に宇都宮の町が見えています。若い女       Dsc_4412 Dsc_4418
性が2人、お弁当を広げていました。岩っぽい急な下りを慎
重に下り、周回コースへ。ここもかなり急!合流点から駐車
場に戻りました。鳥居まで来ると2人の男性が草刈りをして
いました。“ご苦労様です!”

11:07駐車、11:29鞍掛神社分岐、11:32大岩分岐、12:02鞍掛山、
12:16大岩、12:45大岩分岐、13:00駐車スペース  .

 

 

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »