« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月30日 (月)

尾瀬御池~燧ケ岳  2021.8.29

燧ケ岳に登るのは8回目だけど、無雪期は2度目でした!  2021829-220210829_085440_10 2021829-220210829_090046_19
今回の目的の半分は桧枝岐の民宿に泊まることです。前日
は端境期の「駒止湿原」を散策!ススキが綺麗!でも、次
回は初夏に訪れたいものです。夕方、友人夫婦と合流!遠
回りして買い求めて来た日本酒で盛り上がりました!
翌日は快晴予報だったのですが、曇っている。まあ、その分
多少、涼しく、時々吹く風に秋を感じながら登りました。最
初の急登を抜けるとしばらくは木道の続く湿原となります。      2021829-220210829_121415_53 2021829-220210829_121434_56
いきなり、感激!一面のキンコウカです。ほとんどお終いで
種になっているのですがそれでも、この数は凄い!キンコウ
カの海の中に1本の木道だけが伸びているのです。上の熊代
田代はもっと凄い!2週間前だったらどんなに素晴らしかっ
たか!時々、思わせぶりに青空が見えるのですが、山頂もガ
スの中!行くつもりのなかった「柴安嵓」、みんなが行こう!
って言うから仕方なく(笑)行っちゃいました!こちらの山     2021829-220210829_085501_11 2021829-220210829_085537_12
頂(本峰)もガスで真っ白でしたが、爼嵓に戻って、下山し
ようと思ったら、なんと、ガスが切れて、柴安嵓も尾瀬沼も、
そしてちょっとだけど、尾瀬ヶ原も見えました!!もう、燧
が岳に登ることはないと思うけど、途中の熊代田代のキンコ
ウカは絶対に見たい!超見頃の時に!

8:03御池、8:51広沢田代、9:52熊代田代、11:00爼嵓、
11:30柴安嵓、12:08爼嵓、13:15熊代田代、14:56尾瀬御池  ....

 

東吾妻山+α  2021.8.24-25

山スキーでしか登ったことのない、東吾妻山。天気、悪い!   Dsc_4303 Dsc_4330  
吾妻スカイラインを走って来たけど、ガスで前が見えない!
浄土平に着いた途端に土砂降り!でも、ランチを食べている
間に小降りになりました。時々、パラパラするけど、スター
ト。吾妻小富士は工事中で登山禁止です。水の溜まった登山
道の脇には、オヤマリンドウ、ウメバチソウ、ヤマハハコ等
が咲いています。樹林を抜けると視界が開け、湿原に出まし
た。鎌沼です。ここで景色が見えただけでも、今日は儲けも
のです。だって、山頂はガス&強風だったのですから。急い
で下山しました。翌日は「安達太良山」の予定でしたがその
日も駐車場から土砂降り!雨が上がるのは午後の予報!栃木
市で途中下車、ほとんど終わったキツネノカミソリと今が見
頃の秋海棠を見て帰路につきました!

Dsc_4350

 

12:40浄土平、13:45鎌沼、14:55東吾妻山、16:50浄土平  ....

羽黒山(栃木)のレンゲショウマ&三毳山のキツネノカミソリ  2021.8.22

雨予報が出て、イワナ&焚火が中止!せめて、日帰りハイク    Dsc_4222 Dsc_4231
でも,と言うことで、レンゲショウマの記録があった羽黒山
へ。山頂だけならかなり上まで車で入れるのですが、そうす
るとレンゲショウマは見れません。参道入り口の鳥居から歩
くことにしました。驚いたことに、この時期の低山!登山者
は少ないと思ったのに、車を停める所を探すのに苦労しまし
た!鬱蒼とした杉林の中の石畳を歩くのですが、苔苔で滑る
!滑る!帰りが思いやられるな~!と思いながら、ちょっと
頭を上げたら、いつのまにかレンゲショウマの群生地に来て
いました。その後も滑る足元に集中!閉鎖中の羽黒山荘前に
着いて、ホッ!展望台の周りはロウバイ林。でも、今は咲い
てないですけどね!秋海棠が咲き乱れる羽黒山神社の参道の
階段を登り、山頂へ。でも、視界も無いので即下山。登り以    Dsc_4254 Dsc_4279
上に慎重に、慎重に、滑らないように、滑らないように歩き
ました。その後、三毳山に移動!終わっているであろう覚悟
でキツネノカミソリを見に。いつもの場所はほとんど種にな
っていたのですが、周回コースに行ってみると、まだ、十分
見れました!おまけに、ここの方がすごい群落!来て、良か
った!来年が楽しみです。

8:42駐車場、9:23羽黒山荘、9:39羽黒神社、9:50羽黒山、11:00駐車場  ...   

2021年8月13日 (金)

浅間隠山+α  2021.8.11

北アルプス、「清水岳」に行く予定だった!何年越しの   202181011-220210810_094445_15 202181011-220210810_095826_17
花の清水岳だったのに、台風が3つ!仕方がないので予
約していたペンションに泊まってちょっとだけ山に行く
ことに。初日は雨予報なので今見頃のイワタバコとヤナ
ギランの見物。宿への移動はガスガスの中の志賀高原。
でも、戸狩温泉の宿では屋外で生ビール宴会が出来まし
た!北信は夜も涼しくて爽やかで、快適に眠れました!
(家では一晩中エアコン入れてます)                 202181011-220210811_113312_26 202181011-220210811_120303_29
翌日はいろいろ考えて、私以外のメンバーが登ったこと
がないろ言う「浅間隠山」にしました。二度上峠の駐車
場は3か所あるのほぼ満車!登山口の前の広い路肩に停
めました。この山は急登も少なく、危険個所も無く、安
心して登れる山です。それなのに、同行者が飛ばす!必
死で付いて行ったけど、ハーハー、ゼーゼー。途中で諦
め、マイペースで登りました。ほとんどが樹林と笹藪の     202181011-220210811_131821_46 202181011-220210811_142832_65
山ですが、山頂付近は低木となり、お花畑です。シュロ
ソウ、アオヤギソウ、コオニユリ、クガイソウ、マツム
シソウ。浅間山が目の前で、水の塔山、籠の登山も見え
ています。のんびりして下山にかかると、登りでは2-3
個しか気が付かなかったレンゲショウマがたくさん咲いて
いました。よく見ると、咲き始めたばかりのようで、蕾が
たっぷり!まだ、1週間は楽しめそうでした。          202181011-220210811_124654_37 202181011-220210811_124811_41

11:27登山口、12:45ー13:17浅間隠山、
14:37登山口  .....

2021年8月 8日 (日)

野反湖畔&志賀、笠ヶ岳  2021.8.5-6

ノゾリキスゲを見に行った時、野反湖畔にヤナギランが咲く    Dsc_4192 Dsc_4187
ことを知りました。そして、今回、行くチャンスが降ってき
ました。富士見峠の群落はまだほとんどが蕾でしたが、昔行
った、キャンプ場の近くには3か所、群落があり、ちょうど
見頃でした!大菩薩や甲武信ヶ岳も鹿の食害で無残なことに
なっているので、感激でした。そして、翌日、草津の方にド
ライブすると、道路脇にも咲いていて、何年分も見ることが
できました。
志賀高原の「笠ヶ岳」、昔から気になっていた山です。予定   Dsc_4171    Dsc_4190        
外でしたがメンバーにお願いして登らせていただきました!
と言っても、最短コース、車を停めて、往復1時間弱。とこ
ろが、登山道は急な階段の連続!段差も大きく、大変でした。
山頂はロープの下がった、滑り落ちそうな大岩の上!でも、
展望は素晴らしい!戸隠方面の向こうに北アルプスの屏風が 
広がっていました!

11:00峠の茶屋P、11:33ー45笠ヶ岳、12:10峠の茶屋P  ....

北アルプス:爺が岳&八方尾根  2021.8.2-4

85歳になる友人のご主人が行き損なっている「唐松岳」を   202172627-20210802_143408_17 2021824-20210802_151936_02
計画したのですが、今年は唐松頂上宿舎が営業してない。あ
まり大変じゃなくて、展望の良い山、と言うことで爺が岳に
行ってきました。柏原新道入口の駐車場は平日だというのに
満車!少し扇沢寄りの無料駐車場に停めました。入り口の登
山指導所で、夕方の雷に注意するように、と言われました!
柏原新道は何度辿っているだろう?急登も無く、危険個所に
はロープが付いているので安心して歩けます。とにかく暑い    2021824-20210802_152021_05 2021824-20210802_152247_12
のでこまめに水分、塩分を取りながらゆっくりと。種池山荘
近くになると、コバイケイソウが咲いてきました。ちょっと
ピークは過ぎていますが、まだ十分見れます。受付を済ませ
て稜線まで散歩!一面のチングルマの群落!こちらもピーク
は過ぎていますが、これだけの群落はなかなかありません。
稜線からは爺が岳と鹿島槍が岳がくっきりと見えていますが、
残念!剣岳は雲の中です。戻って、昔見た、キヌガサソウの    2021824-20210802_174905_26 2021824-20210802_174958_28
群落をさがしに行ってみました。良かった!健在でした!お
まけに登山道を外れたところにも群落があり、サンカヨウや
ユキザサもありました。雪が解けたら大群落になることでし
ょう!翌日は風があり、視界もありません。山頂はパスしよ
うと思ったのですが、せっかくなので登ってみました!展望
はありませんでしたが、チングルマの花の中でライチョウの
親子(雛6羽)を見ることができ、本峰手前ではコマクサが    2021824-20210802_175021_30 2021824-20210803_065044_49
見れ、頑張って登った高齢者グループにお駄賃をくれたよう
です。種池山荘では名物のピザも食べることができ、大満足
で下山しました。

2日 10:10柏原新道登山口、14:35種池山荘(泊)
3日  6:45種池山荘、8:00爺が岳、8:30爺が岳南峰、
    9:36種池山荘、14:27柏原新道登山口  ..... 2021824-20210803_074338_60 2021824-20210803_100546_74

南アルプス:北岳  2021.7.26-27

大好きな“花の北岳”だったのですが・・・・そして、今回は    202172627-20210726_101616_03 202172627-20210726_122747_23
「タカネマンテマ」を探してみようと思ったのですが・・・
初日は快晴!でも、台風が近づいている。台風のせいか?コ
ロナのせいか?駐車場も山の中も空いていてラッキー!でも、
暑い!昨年の熱中症が頭を過ります。多めに水を飲みながら
二俣に近づくと、えっ!高山植物、咲いてない!この辺りは
すごいお花畑で、この時期は「ミヤマハナシノブ」が見頃の
はず!でも、無い!どうしちゃったの?右俣コースに入って     202172627-20210726_135931_41 202172627-20210726_145624_65
も花が無い!鹿ネットがたっぷり付いてます。「そうか~!
北岳にも鹿の食害が・・・」咲いているのはマルバダケブキ
とミヤマバイケイソウ。楽しみにしてたのに、がっかりです。
肩の小屋前のキタダケソウも終わってるし、結局、タカネマ
ンテマも見つけられなかった。唯一、ミヤマクワガタ(赤花)
が見れたから良しとするしか無い。山頂は何度も踏んでいる
からガスって何にも見えなかったけど、まあ、それは、それ     202172627-20210726_150817_68 202172627-20210727_070802_108
で。帰宅した翌日、友人からメール。「タカネマンテマ、見
れました!」ショック!今回は旧知の山岳ガイドの計画に便
乗してきたのであまり動き回れなかった!やっぱり、花を探
す時は自由が利かないと無理!来年はゆっくり、希少植物を
探しに行こう!タカネマンテマ、ムカゴユキノシタ。

26日 10:15広河原、12:40二俣、15:08小太郎分岐、15:50肩の小屋(泊)
27日  5:30肩の小屋、6:07北岳山頂、6:47肩の小屋、7:15小太郎分岐、
    8:55二俣、12:25広河原  ......

 

 

北アルプス:室堂~薬師岳縦走  2021.7.19-23

8年ぶり3回目のこのルート、終日、天気に恵まれました!    202171923-20210719_140718_51 202171923-20210719_145347_100
初日はみくりが池温泉で明日からの4日間に向けて、前夜祭!
いつもの、白エビのお造りにゲンゲのから揚げ、生ビール。
20日、五色が原に向けて、まずは、室堂山へ。暑さの中、
頑張って登ったのに「室堂山」山頂がわからない。探したけ
ど見つからないので諦めました。龍王岳を巻き、核心の鬼岳
の雪渓に入ります。3箇所の内、2番目と3番目は安全を期し、
アイゼンをつけて通過!そのあとは次々にお花畑が広がりま     202171923-20210720_071615_157 202171923-20210720_093203_199
す。今年はコバイケイソウの当たり年!このあと、最終日ま
で、次々群落が現れました。五色が原に入るとチングルマや
ハクサンイチゲも加わり、周囲の山に彩りを添えていました。
キャンプ場まで散歩に行きましたが、このあたりは雪が解け
たばかりで花はまだこれからでした。越中沢岳へは毎回きつ
かったけど、今回は特にきつかった!暑い上に72歳なんで、
仕方がない!スゴの頭に登ろうと思ったら、通行止め!いつ      202171923-20210720_104347_224 202171923-20210720_110854_241
から登れなくなったのだろう?ここから山小屋まではダラダラ
登るだけ!と思ったのに、つらい!また、熱中症気味!水分補
給をして、濡らしたタオルを首に当てて何とか、到着!この日
は素晴らしかった!夕方、2重の虹が出て、長いこと楽しませ
てくれました!ここへ来て、デジカメの電池が切れた!充電し
忘れたみたいで、ショック!こういう時、スマホがあるのはホ
ッとします。翌日からの天気予報は雨!ところが、朝起きると、   202171923-20210720_121650_270 202171923-20210720_190419_327
快晴!ラッキー!何とか薬師岳の山頂まで持ってほしい!と思
ったら、ほんと、薬師岳を下り始めたら、ガスって来ました。
でも、ここまで来れば安心!薬師岳山荘の「白玉あんみつ」も
食べれます。明日は折立に下るだけ。今回の縦走は、天気にも
高山植物にも、メンバーにも恵まれた思い出深い、北アルプス
大縦走となりました!
                                 202171923-20210721_061325_357 Dsc_3996                              

20日  6:55みくりが池温泉、11:35獅子岳、13:00ザラ峠、
    14:05五色が原山荘(泊)
21日  5:40五色が原山荘、6:22鳶山、8:25越中沢岳、
    11:15スゴ乗越、12:30スゴ乗越小屋(泊)
22日  5:40スゴ乗越小屋、7:05間山、9:07北薬師岳、
     10:27薬師岳、11:43薬師岳山荘、14:12太郎平小屋(泊)
23日 6:00太郎平小屋、9:20折立  ....

   Dsc_3863 Dsc_3960

 

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »