« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月18日 (日)

尾瀬:アヤメ平  2021.7.17

一面、真っ黄色のキンコウカを求めて3年連続のアヤメ平! 2021717-20210717_104002_362021717-20210717_111354_62
今年も外れました!1週間前、ネットの咲いてる記録を見て
計画したのですが、まったくの蕾状態!その代わりにワタス
ゲが素晴らしかった!玉が大きいので見ごたえがあります。
天気が良いので至仏山も燧ケ岳もくっきり見えています。多
めに歩きたい、十言う友人のために、ちょっと足を延ばして
富士見小屋まで行ってきました。帰りはちまき用の笹の葉を
摘みながら。今回の収穫は、ツルコケモモ。実物は初めてです。                             2021717-20210717_104537_48 2021717-20210717_103455_31

 9:06鳩待峠、10:25横田代、11:06中原山、11:45富士見峠、
12:15アヤメ平、12:26横田代、14:45鳩待峠  .....                              

2021年7月11日 (日)

尾瀬:至仏山  2021.7.10

3泊4日で秋田の沢を予定してたのですが、ず~っと、雨!    2021710-20210710_090856_21 2021710-20210710_095344_37
関東も雨だけど、せめて、日帰りでもどこか、行きたい!
同じ思いの人と出かけました。雨に当たるかもしれないけど
まあ、それは覚悟で!鳩待峠、結構、晴れている!それなら、
と言うことで、山の鼻からの周回コースにしました。ミニ尾瀬
にはトキソウやサワラン、キンコウカも咲き始めています。
いきなりの急登で汗だく!時々吹いてくる風にふ~っと生き返
ります。樹林を抜け、背後に尾瀬が原から燧ケ岳が望めるよう     2021710-20210710_110000_49 2021710-20210710_110355_58
になると、足元には高山植物が広がってきます。ピンクのハク
サンコザクラ、純白のハクサンイチゲ。固有種の「オゼソウ」
も咲いています。地味で目立たないけど、可愛いです。山頂近
くになると、タカネシオガマ、、ホソバヒナウスユキソウ、シュ
ロソウのお花畑です。ホソバヒナウスユキソウは別名タニガワ
ウスユキソウ。谷川岳の朝日岳山頂に群落していた記憶があり
ます。山頂に着くとちょっと残念!燧ケ岳が雲の中に入ってし    2021710-20210710_113216_120 2021710-20210710_114955_166
まいました。雨が降る前に、と急いで下山!でも、滑りやすい
蛇紋岩の道!滑るので、ゆっくりゆっくり!急ごうと思うのに
またまた、花が!こちらのコースはハクサンイチゲやシナノキン
バイのお花畑!オヤマ沢田代付近はワタズゲの大群落!お花見
山行はたっぷり時間を見ないとだめですね~!
結局、山では雨に降られず、ラッキーだったのですが、帰りの
高速道路は豪雨と雷、稲光!いや~!怖かった!             2021710-20210710_123450_190 2021710-20210710_134759_270

 8:07鳩待峠、8:58山の鼻、12:08至仏山、13:03小至仏山、
13:44笠ヶ岳分岐、13:55オヤマ沢田代、14:55鳩待峠  ..

 

2021年7月 1日 (木)

浅草岳  2021.6.25

昔からの山友達が「ヒメサユリ」を見たいと言うので一番     2021625-_032 2021625-_040    
楽に見れそうな、ネズモチ平からの「浅草岳」に行ってき
ました。私は3年連続のヒメサユリ見物です。ただでさえ
ドロドロの登山道が前日までの雨で田んぼ状態!途中、数
か所あるロープは持ったら手が泥んこまみれ!でも、安全
のためには仕方なく掴む!途中、すでに開いてしまった「
コシアブラ」を採りながらなので、時間がかかる。おまけ
にネズモチルートはヒメサユリがほとんどない。最後の急     2021625-_054 2021625-_065
登をこなし、前岳に出ると、あれ~?ヒメサユリが無い!
例年なら、このあたりに3か所は咲いているのに。雪渓ま
で行ったのですが、時間もかかっていたため、山頂はパス
して花の多い「桜ゾネルート」で下ることにしました。と
ころが、たくさん咲いているはずの所はすべて、蕾!ネッ
トに出ていた開花の写真は何だったのだろう?下りてきた
登山者に聞いたところ、山頂方向も2輪しか咲いてないと     2021625-_072 2021625-_076
か。諦めて、がっかりして下って行ったら、えっ!咲いて
いました!標高を下げたからか?陽当たりが良かったから
か?たくさん咲いてました!良かった~!(ニコニコ!)
そこから樹林帯に入った途端、いきなり、雨!そして、林
道に出た途端に雨は上がり、とっても運の良い山行となり
ました!

 9:50ゲート、10:00登山口、12:38ー12:55前岳、
13:30カヘヨノボッチ、15:23桜ゾネ、16:07ゲート  ....

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »