« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月29日 (水)

二ッ箭山  2020.1.26

あんこう鍋の翌日は岩山の「二ツ箭山」。10年前くらいに1度登っ  2020126-_009 2020126-_001
ているのですが、全く覚えていません。一人で、の予定でしたが、
膝を故障中のMちゃんが同行することになりました。岩場は登り
に使うことにして、下山を月山経由にしました。月山分岐からしば
らく行くと岩コースと一般コースに分かれ、もちろん、岩コースへ。
片側切れ落ちた所もあるけど、鎖があるから大丈夫!一般コース
と合流して、最後の核心、30mの鎖。下から見ると、ほぼ垂直!
鎖とロープが下がっています。クライミングのレベルで言うと、3級  2020126-_029 2020126-_035
か?5.5か?要するにクライミングのレベルとしては超易しい。で  
も、ここはクライミングの岩場ではない!ヤバイ部分はしっかり鎖
を掴みました!(笑)登り切って振り返ったら、あら~?ここは「女
体山」!「男体山」は取り付きに気が付かず、パスしていました!
お天気が良く、山頂手前で男性2人が甲羅干しをしていましたが、
私達は通過して、二ツ箭山へ。展望が無い山頂なので、即、下山。
途中の「月山」付近は春にはアカヤシオが咲くとか。その頃、鎖場   2020126-_043
はパスして、アカヤシオだけを見に行こう!

 8:56駐車場、9:05登山口、10:16岩コース分岐、
10:50女体山、11:08三角点、11:10二ツ箭山、11:26月山、
12:28登山口、12:38駐車場  ..

鬼が城山  2020.1.25

山岳会の仲間がいわき市にある岩場にクライミングに行き、夜は   2020125-_024 2020125-_026
「あんこう鍋」を食べる、と言うのを聞きつけ、参加しました。でも、
私はクライミングはとっくに引退しています。近くの山を探し、ハイ
キングに行ってきました。公園とキャンプ場のある『いわきの里鬼
が城』が登山口。周囲は一面、桜の木です。今回は西コース~東
コースを周回しました。雑木林の中をのんびりと。上部には雪が有
りましたが問題はありません。山頂は西峰と東峰があり、東峰に
は大岩がいくつもあります。東コースに行こうと赤布方向に行った2020125-_023
ら、「えっ!崖!」ビックリでした!赤布通りに行ったら転落すると   
ころでした!(笑)戻って、大岩を乗り越えると、道らしきものが見え
ました。登山者皆無なので、落ちたら大変なことになるところでした。
下りは急ですがロープがフィックスしてありました!

10:30ゲート、10:40登山口、11:43西峰、11:46東峰、
12:20登山口、12:25ゲート  .

七面山  2020.1.18-19

七面山には途中、日蓮宗のお寺さん、「敬慎院」があり、宿泊する   202011819-_012 202011819-_001
ことが出来ます。お彼岸には山門の前からダイアモンド富士も見る
ことが出来ます。私は今回、5回目の七面山ですが、秋口までヒル
が出るので雪のある時期しか登っていません。小雨の中、表参道
から登り出しましたがまもなく雪になりました。登山口が0丁目、敬
慎院が50丁目です。この時期、途中の茶店は休業中!参拝者も
登山者もちょぼちょぼです。43丁目付近で同行者が足攣りをおこ
し、指先まで攣りだし、どうなることかと思いましたが、敬慎院の方202011819-_023202011819-_021
 202011819-_021  202011819-_023 が下りてて、的確な処置をしてくださり、無事、宿坊まで登ること
が出来ました。どうやら、寒さと水分不足と低血糖だったようです。
夜と朝はお坊さんたちのお勤めに参加させていただき、昨日とうっ
て変わって快晴の中、山頂に向かいました。真っ新の雪の上を歩
くのは気持ちが良いものです。おまけに今朝は青空に霧氷が輝い
ています。木々は伸び、山頂からの展望は皆無ですが、少し手前
のガレの上からは南アルプス方向を見ることが出来ました。もちろ202011819-_073202011819-_056
ん富士山もバッチリでした!                              

18日 10:30表登山口、15:50敬慎院(泊)
19日  7:20敬慎院、8:40-45七面山、12:30表登山口  ...

2020年1月13日 (月)

八海山、女人堂まで  2020.1.11

三連休は天気が悪い!って思ったのに、あれ~?初日は晴れ!  2020111-_027 2020111-_042
急遽、出かけることに。雪の八海山は昔、避難小屋を掘り出して
宴会をしただけ。八つ峰は自信が無いので薬師岳まで、と思って
ゴンドラでスキー場トップへ。トレースがあると思ったら、15人もの
ボーダーのガイドツアー。追い越した途端にズボッ!ワカンを着け
ているとボーダーたちが抜いて行きます。とにかく、お天気が良い
!雲1つ無い青空!霧氷の付いた雪山が輝いてます。トレース
があるので楽ちん!でも、山スキーヤーと山ボーダーのみ。歩い
ての登山者はいません。雪が少なく、時々木をくぐる感じになりま   2020111-_046 2020111-_054
す。女人堂への登りは急な上に木が混んでいます。スノーシュー
のボーダーはステップが出来無い上に、背負ったボードが藪に引
っ掛かって大苦労しています。私はワカンなので大丈夫なのです
が、とりあえず、ストックからピッケルに持ち替えました!女人堂に
這い上がり、薬師岳を眺めましたが、山頂はまだまだ遠い!頑張
ったら最終ゴンドラに間に合わない可能性大!ボーダーたちは先
まで行きましたが、私はここまでとしました。(昔は女人禁制で、女
性はここから先には行けなかったそうです)登って来た急斜面、滑  2020111-_070 2020111-_088
落したら大変!単独だと、どこで落ちたかもわかってもらえません。
後を向いてバックスステップで、ゆっくり、ゆっくり。平坦地に下りて
いや~、ホッとしました!あとは時間もたっぷりなので、のんびり、
のんびり、写真を撮りながら戻りました。ゲレンデ近くで子供の声
がするな~!と思ったら、子供たちがドローンを飛ばして遊んでい
ました。今日はこれから石打に移動します。スキー講習をしている
仲間と合流して、居酒屋「岡ちゃん」で新年会をするのです。

9:30ゴンドラ上駅、9:32避難小屋、11:49-12:00女人堂、13:48ゴンドラ上駅  .

2020年1月 9日 (木)

金峰山  2010.1.7-8

新年会を兼ねての雪山登山です。金峰山小屋は冬季休業ですが、 2010178-_013 2010178-_003
予約すれば食事付き(夕食のみ)で泊れます。歩き出しは青空も
覗いていたのですが、徐々に天気が崩れ出し、中間地点当たりか
らは雪が降り出し、視界も悪くなりました。さらに、小屋に着く頃に
は風も。でも、翌日は大荒れ予報で登頂できる可能性ゼロ!小屋
の前に荷物を置いて空身で山頂へ。頑張ったけど、ホワイトアウト
で何にも見えず!五丈岩もパスして大急ぎで小屋に戻りました。
小屋は暖かく、こたつもあります。メンバーが背負い上げた大量の
日本酒!食事前にすっかり出来上がってしまいました。
翌日、予報通り、猛吹雪、と言っても、雨に近い雪!林道に出る頃
には完全な雨!雨具もザックもグッショリ!おまけに道路は凍結し
た上に雨!スリップするやらスタックするやら。川上村に着くまで生
きた心地がしませんでした!(川上村は快晴!)

7日 10:45廻り目平、12:30登山口、13:50中間地点、15:30金峰山小屋、14:10金峰山、14:40金峰山小屋
8日  7:50金峰山小屋、8:38中間地点、9:10登山口、10:30廻り目平  .............

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »