« 北アルプス:北穂高岳東稜  2019.7.29-31 | トップページ | 秋田紀行:八塩山(巨木)&真昼岳&西馬音内盆踊り  2019.8.15-18 »

2019年8月 7日 (水)

北アルプス:西穂高岳~奥穂高岳~大キレット~南岳  2019.8.2-4

 西穂~奥穂のこのルートは今回で8回目(残雪期1回)。今回、 2019824-_035 2019824-_033
古希の記念山行として、もう1度歩いてみようと、出かけてきまし
た。単独のつもりが岩稜好きの女性が付き合ってくれました。
 初日は西穂山荘まで。登山者用の駐車場が分かりにくくて、ウ
ロウロ!この日は1時間半しか歩かないのに、大汗かいて、生
ビールが美味しい!
 2日目、ヘッデンで出発しましたが、独標の手前で日の出!
独標はガイドツアーが先行していて超混雑!「休まないんです2019824-_0592019824-_068
か?」って言われたけど、「行こう!行こう!」ところが、この先に  
も、ガイドツアー!早々に渋滞。このルートはどんどん人気にな
っているようで、残念ながら、これではルートミスは無さそうです。
ツアーを追い越してからは、快調!何しろ二人とも、岩稜帯、大
好きなのです。そんなガラガラの岩屑の山でも高山植物は咲い
ています。ヨレヨレでも写真は撮らなくては!ジャンダルム山頂は
真っ白で展望無しなので、即下山です。ロバの耳を巻き、緊張の2019824-_0712019824-_099
「馬の背」!ところが、途中から巻き道が出来ていて、拍子抜け! 
ちょっと、ガッカリ!そして、奥穂高岳山頂!さすがに100名山、
人、人、人!実は、12時までに奥穂に着いたら北穂まで行こう!
って思っていたのですが、45分オーバー!まあ、私がヨレてたわ
けで!それにしても、穂高岳山荘に生ビールが無かったとは!
 3日目、タイミング良く、涸沢岳山頂で日の出。ここからしばらく
は鎖だらけ、垂直梯子もあり、気を抜けません。ここを一般ルート2019824-_1092019824-_121
言って良いのか?ちょっと疑問です。涸沢槍は単なる岩屑の塊で 
すが、やっぱり、素通りはできません。ちょっと、寄り道!北穂が
近づくにしたかって、槍ヶ岳が大きくなってきます。そして、5日前
に立ったばかりの北穂高岳到着!今日は快晴です。これから向
かう大キレットも槍ヶ岳も手に取るようです。さあ、大キレット、な
のですが、昔ほど怖くないのです。「飛騨泣き」にも「長谷川ピーク
」にも、女性の手には太過ぎる鎖や足場の大きなプレートが出来2019824-_1462019824-_165
ているのです。最低鞍部からは危険地帯は無くなります。私にと   
ってはこれからが核心部です。疲れ果てて、足が上がらない!岩
稜は楽しかったのですが。最後の登りで出会った韓国の登山者に
「おいくつですか?」と聞かれ、「〇〇歳」って言ったら、拍手されま
した(笑)さあ、これからが私のもくろみです。「新穂高まで下りるよ
!」とにかく、山小屋が暑くて眠れないのです。そして、まだ、午前
中です。相方には顰蹙だったのですが、強引にくだりました。初め2019824-_1992019824-_230
て歩く「南岳新道」は上部はお花畑、中間からは鎖と梯子、変化に  
富んだ良いルートでした。槍平からはオーバーワークの膝もあり、
思ったより時間がかかってしまい、新穂高温泉へはヘッデンになっ
てしまいました!最後の林道で暗くてルートミスをし、15時間行動!
頑張った甲斐があり、温泉に入り、生ビールに飛騨牛、そして、涼
しい部屋で、大の字で快適に眠れました!(このルート、卒業です)

2日 12:15駐車場、13:15登山口、14:45西穂山荘(泊)                                          2019824-_013
2019824-_246
3日  4:10西穂山荘、4:26丸山、5:12独標、9:00天狗の頭、                
     9:30天狗のコル、 11:25ジャンダルム、 
      12:45奥穂高岳  13:48穂高岳山荘(泊)
4日  4:25穂高岳山荘、4:45涸沢岳、7:06南稜合流、
     7:18北穂高岳、7:25北穂高小屋、8:20飛騨泣き、
     8:56A沢のコル、9:25長谷川ピーク、11:27南岳小屋、
    15:15槍平小屋、16:18滝谷出合、18:02白出沢、
    18:48穂高岳避難小屋、20:00新穂高温泉(泊)  ..

« 北アルプス:北穂高岳東稜  2019.7.29-31 | トップページ | 秋田紀行:八塩山(巨木)&真昼岳&西馬音内盆踊り  2019.8.15-18 »