« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月21日 (日)

至仏山スキー  2019.4.20

膝のリハビリでしばらくお休みしていた山スキーです。テストを兼ねて 2019420-_004 
行ってきました。前夜は鳩待峠の駐車場でテント泊。寒くてほとんど2019420-_006
眠れませんでした。放射冷却?だったのか?翌日は大快晴です。今
年は雪が多い!駐車場にも峠の売店の前も雪の壁。至仏山登山口
も雪の壁!仲間はみんな若い!すぐに間が空いてしまう。このまま
では時間のかかり過ぎ!で、提案!「3人はさっさと行って、ムジナ沢
を滑って登り返してきて!私はワル沢だけ滑るから」。と言う事で、私
はゆっくりゆっくり。山頂に着いて、ここでもビックリ!山頂の標識が「   
至」しか見えない。例年、山頂は雪が無く、岩がゴロゴロ、標識も全部
出ているのです。ムジナ沢も山頂から雪が繋がっています。みんなを2019420-_053
待ちながらテスト!30mほど滑ってみました。まあ、なんとか大丈夫2019420-_007
そう。登り返してきたメンバーと合流してワル沢へGO!ザラメもどきで
快適!だったのですが、さすがに下部は重かった!鳩待峠に戻り、帰
り支度をしていると、同山岳会の大御所が帰還!昨年夏の骨折による
リハビリ中。金具を抜いての初スキーでした。

7:15鳩待峠、10:45-12:45至仏山、14:05鳩待峠  .....

2019年4月13日 (土)

蜂城山(ぶなの会、お花見ハイク)  2019.4.14

今年のお花見は勝沼の『桃の花』です。チビちゃん7名を含む、総勢
39名。「勝沼ぶどう郷駅」からタクシーに分乗し、蜂城山の登山口へ。
ゾロゾロと登る。私の背中は宴会用の6合分の五目寿司と漬物、日
本酒でやたらに重い!社のある山頂からは縦走組と下山組に分か
れる。下山組のつもりだったが若者がザックを交換して背負ってくれ
たので、頑張って縦走することにした。10日前にひざの手術をした
ばかりのK.Nさんと2人、アスレチックばりの倒木をくぐったり、跨い
だりにはかなり参った!低山縦走なのにアップダウンガ多い。下りに
なるとペースが落ちる。子供たちはやたらに元気だ。かなりメンバー
がばらけて、大久保山に集合。あとは宴会場に向かうだけ。ところが
これからが今回の核心だった!見頃の桃の花の中を歩くのですが、
遠い!おまけに子供達を登山口に置いて来てしまった!見晴らし台
に着いて、宴会が始まったのはなんと、」14:00でした!

花瓶山(大田原)  2019.4.12

10日に予定していたのですが超悪天となり、中止!直後に12日に 2019412-_066 
変更して行くことに。あまり良い天気とは言い難かったんですが、花2019412-_056
が終わってしまっては意味が無いので、決行。思ってより遠く、登山
口まで3時間かかりました。「花瓶山駐車場」からスターとしようとして
「???」。花瓶山も向山もずっ~と先!林道を数分行くと、ゲートが
あり、5台ほどの駐車スペース。気が付いて、良かった!向山までは
いきなり急登!いきなり、イワウチワ!凄い群落なのですが、残念な
ことに、少し早かったようで花が少ない。それに、花が小さい!「コイ
ワウチワ」?シュンランが数株あるのですが、やっぱり、まだ咲き始 2019412-_040 
め!急登だった「向山」を過ぎると、だらだらと、ちいさな アップダウ2019412-_026
ンを繰り返します。と、雨がポツポツ!でも、傘をさすほどににはなら
ず、ホッとしました。大倉尾根から主稜線に合流すると、カタクリが出
てきます。でも、まだ蕾が多い!おまけに曇っているので、半開き!
全体的に盛りは4,5日後のようです。花瓶山からは沢沿いの林道。
咲き残りの「ハナネコノメ」や「キクザキイチゲ」、「キケマン」、「ニリン
ソウ」。山の中にはかなりの数のコシアブラの木があったのですが、
まだ、採れるほどではないのが・・・・、残念!                                        2019412-_011                                           

11:05登山口、11:45向山、13:20稜線、13:25花瓶山、次郎ぶな分岐、2019412-_01714:02林道、2019412-_045
15:13駐車場  .....

 

 

 

2019年4月10日 (水)

仙人が岳~知ノ岳~猪子峠  2019.4.9

またまたアカヤシオを見に行ってきました。先週、まだ蕾だったので、 201949-_032 
期待したのですが、急に寒くなったからでしょうか、何だか足踏みして201949-_127
て、今回も5分咲きでした!この山は5年前に2度登っています。もち
ろん、目的はアカヤシオです。今回はその時と反対のコースから登っ
てみました。沢沿いのこのコースはかなり荒れています。丸太の橋を
渡ったり、フィックスロープでトラバースしたり、おまけに尾根に出るま
でアカヤシオの「あ」の字もありません。尾根上の「熊の分岐」付近か
らはいきなり、アカヤシオです。たくさんあるのですが、半分はまだ蕾
でした。とりあえず、山頂往復。下山は「知ノ岳」経由です。先週、地元
の方がたくさんある、って言っていたコースです。熊の分岐を過ぎると  201949-_051 
確かにたくさんの木があります。でも、やっぱり、蕾が多いのでなんと201949-_053
なくぼんやりしている。満開になると、かなり華やかなんですけどね。
ここは我が家から車で近いので、また来年、来てみましょう!松田川
ダムを左に、岩の多い、細いアップダウンを繰り返すと、「犬帰り」。ここ
には10mの鎖場があります。ほぼ、垂直!巻き道もあるのですが、大
好きな(?)岩場を下りました。単独だし、落ちたら大変なので、結構、
緊張!それにしてもこのコースは長かった!「熊の分岐」から90分な
んて、嘘ばっかり!林道に出ると、お駄賃のように、満開の桜が出迎
えてくれました。

 8:05駐車場、8:47生不動尊、9:22熊の分岐、9:55仙人が岳、10:16熊の分岐、10:30知ノ岳、10:50宋ノ岳、
11:20犬帰り、11:50猪子山、12:33猪子峠、12:55駐車場  .

2019年4月 8日 (月)

南会津:博士山  2019.4.6-7

1年ぶりに雪山テントに行ってきました。ここ数年、若い人たちが誘っ  2019467-_016   
てくれるのです。今回は山岳会の新人さんの初山行です。。天気予報
を見ると初日はかなりの強風予報!厳しかったら樹林帯から出なけ2019467-_023
れば何とかなるだろうと、出かけました。林道のゲートには車が2台。
この方達は山スキーヤー、「王博士」までとのことでした。今回は博士
峠の手前、標高800m付近から尾根に乗りました。ほぼ、緩やかな
ぶなの林の中を登ります。雪は締まっていて10㎝位しか沈みません。 
順調に博士峠からの合流点と過ぎると、「王博士」の直下に山スキー
ヤーが滑る準備をしていました。スキーの人たちは登り返しを嫌ってか?
山頂には行かないようなのでここから先は私たちの独占です。順調過2019467-_059
ぎたので風の避けられるところに荷物を置き、空身で山頂を往復してき
ました。ちょっと雲が多かったのですが、山頂からは二岐山や磐梯山が
見えていました。荷物のデポ地に戻り、整地してテント設営。長い長い2019467-_052
宴会が始まりました(笑)明日の天気予報は9:00くらいから☂予報!
4:00起きで下山したのですが、なぜか、青空になりました!

6日 8:50ゲート、9:20取付、11:40王博士、12:30テント場、
   13:08博士山、13:35テント場2019467-_016
7日 6:30テント場、7:00王博士、8:50林道、9:15ゲート  ....

2019年4月 2日 (火)

赤雪山~仙人が岳  2019.4.2

古希の誕生日の記念ハイクです。見頃には数日早いと思いながらも 201942-_025 
出かけてみました。昨日教えていただいた駐車スペースに駐車。この201942-_041
辺りの桜はまだほとんどが蕾です。桧林を行くと赤松が混じってきます
。その上はクヌギ等の広葉樹林。この時期は葉を落としているので明
るくなります。と、雪!夕べの寒さ、関東の低山でも雪が降ったようで
す。赤雪山山頂は小広く、東屋が立っています。ここから北に向かうと
目的のアカヤシオが出てきます。でも、夕べの雪のせいでしょうか、霜
焼けしています。やはり少し早すぎたようでほとんどが蕾です。この数
日の寒さで開花は足踏み状態です。来週でも見れるかも。小さなアップ201942-_079
ダウンと数か所の岩場のプロムナードを行くと、最後の急登にはトラロー201942-_057
プが。かなり急なので、しっかりロープを掴んで登りました。ここから知の 
岳経由の予定でしたが、アカヤシオもイマイチなので、最短で松田ダム
に下りることにしました。これが結構大変!ザラザラの急下りの先が倒
木だらけの沢型ルート。そして、長~い林道歩き。このルートは二度と
歩きたくない!

7:55登山口、9:00赤雪山、11:02仙人が岳、11:10松田ダム下山口、11:30野山林道、12:30登山口  .

2019年4月 1日 (月)

石尊山~深高山  2019.4.1

201941-_037  偵察がてらに行ってきました!平日は高速料金の割引が無いので、
1人だと交通費が 201941-_028高い!帰りは下道を使います(笑)駐車場には地
元車が2台。と言っても5台が精一杯のスペースです。杉林を抜ける
と広葉樹林帯で明るい。ツツジ系が多い。今は関係ないけど「女人禁
制」の石碑があります。そこから少し行くと、出てきました、アカヤシオ
です。本日の目的はこのアカヤシオです。蕾も多く、完全な開きでは
ないですが、かなり見れます。この調子では満開は3日後かな?山
頂手前で同年代のカップルが休んでいました。話していて、ビックリ!
足利在住の知り合いを良くご存じとか。相棒の男性は昨年から山登
りを始め、100名山踏破を目指しているとか。石尊山までのつもり201941-_022
だったのですが、縦走した先に車を1台停めているとかで、誘われる201941-_009
ままに縦走してしまいました。ラッキーだったのですが、膝のリハビリ
中!ロープの付いた2箇所の急下りには、参った!

 8:50駐車場、9:06「女人禁制」の石碑、10:00石尊山、
10:36深高山、11:20猪子峠、11:30小俣の車道  .

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »