« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月24日 (月)

北アルプス:乗鞍岳  2018.9.28

某・山道具屋さんの山行。当初は初日、上高地散策、2日目乗鞍岳      201892829-_040 201892829-_003
登山」の予定でしたが、台風24号が接近!急遽、初日に乗鞍岳に 
行くことにしました。乗鞍スカイラインは紅葉真っ只中!のはずでし
たが、今年は夏の猛暑、大型台風直撃の影響でしょうか?あまり
美しくない!大快晴の青空なのに色がくすんでいる。それでも車窓
近くではナナカマドやダケカンバが色づいていました。畳平から登山
開始!肩の小屋までのダラダラ歩きが終わると、相変わらずのゴロ
ゴロ石で歩きにくい!登るにつれて気温も下がり、指先も冷たくなる。 
高度の影響が出てくる人も。まあ、標高3000m越えなので、当然     201892829-_012 201892829-_023
ですね!ガスも出てきて山頂は長居無用!下りは一段と慎重に!
何しろ、足元が怪しくなっている高齢者が多いのですから(笑)肩の
小屋に下りて、ホッ!明日からはしばらく台風の影響が出てきます。
今年はもう、高い山は最後のようです。(翌日、奈良井宿、赤そばの里)

 

12:40畳平、13:10肩の小屋、14:50-15:00剣ヶ峰、
15:55-16:00肩の小屋、16:40畳平  ..................

鼻曲山  2018.9.23

3連休+1日で「加賀白山」の予定でした。でも、移動日から土砂降り!   2018923-_070 2018923-_060
まあ、わかってはいたのですが。仕方なく、北陸観光!でも、ちょっとく                                         
らいは歩かないと、ってことで、最終日は晴れそうなので日帰りハイク。
いきなりの宿探しは3連休なのでどこも満室!なんとか確保できた宿
から登れる「鼻曲山」。大昔、登ったけど、覚えていない!登山道に入
ると道はえぐれているし、笹は完全に枯れ枯れ!これも鹿の害なので
しょうね!と、広葉樹林に変わった頃、「ハナビラタケ、見っけ!」。ちょ 
っと、でも、おばあさん!ハナイグチにタマゴタケ、ムラサキアブラシメ                                       
ジモドキ。ハツタケかな?と思ったのは、どうも、違うみたい!キノコは    2018923-_065 2018923-_067                                   
分かるのしか採らない主義!本日出会った登山者は3組のみ。3連
休、みんな、どこへ行っているのかな~!

 

 7:55霧積温泉、8:00登山口、10:16留夫山分岐、
10:35-11:00鼻曲山、11:10留夫山分岐、12:50登山口、
13:00霧積温泉  ....

2018年9月17日 (月)

焼石岳:尿前川本沢  2018.9.15

このところ、天気がコロコロ変わる!またしても予定していた「南紀」     201809152020221 201809152020191
は連日☂予報!東北地方に転進しました!それにしてもこの沢、ブ                                        
ランドの沢なのに高巻きが悪い!取り付く場所がはっきりしない!何                               
度も何度もロープのお世話になり、一般登山道に出るまで、11時間半
かかってしまいました!最後の下山は途中からヘッデンのお世話に・・・
本流入渓早々、いきなり滑って頭までびしょ濡れ!あとは開き直りで
す。ハタシロ沢、フロ沢を過ぎ、いよいよです!昔ならリードもしたけ 
ど、即、ロープを要求。その滝の後も悪くて、ロープは正解でした。間
もなく「三つ折れ滝」。釜の色は曇っているにもかかわらず、スカイブ                                         
ルーです。絶対に登れないので、左から高巻き。近くには「チョウジギ   
ク」や「オニシオガマ」がたくさん咲いています。ちょっと高く巻き上がり
過ぎて、50mロープギリギリの懸垂下降で沢床に。間もなく、「大滝」                                       
30m滝と言う人、40m滝と言う人。正確には何mなのかな~?ここ                                2018915-_095        2018915-_082
は足元がすっぱり切れた草付きの2ピッチ、大トラバース。落ち口復
帰の最後の最後に、3m弱、滑り落ちてしまいました!(慎重に!慎
重に!)次に10m滝。快適に登れるらしいが、釜の淵が上から見え 
ず、泳ぎたくないので、そのまま高巻しました。ロープを出す滝、無く
ても登れる滝。いろいろあって、大ナメに突入!快晴だったらさぞかし                                         
綺麗なんでしょうけど、とにかく、今回は曇り。仕方が無い!二俣にか
かる「夫婦滝」、左壁を登るらしいけど、中間支点が取れない!一番2018915-_0082018915-_026
若い、(と言っても51歳)Mちゃんが頑張って、Sさんに繋げて、無事
落ち口へ。下りてみたら、足先から50㎝の所がスッパリ!いやぁ~、                                       
怖かった!この先、少し穏やかになると、ミソガワソウやフキユキノシ
タの群落です。このまま終わってくれると良かったのですが、残念、こ                                         
の先でもロープの登場!また、穏やかになって、ミソガワソウが出て  
きて・・・それでもまだ、滝&ロープ。一瞬、青空になったのもつかの間、
夕暮れが迫ってきました!奥の二俣からは一目散!としたかったので                                              201809152020121                              
すが、もう、足が上がりません!ここまでで10時間行動です。ゴロゴロ201809152020311
石と笹を掻き分け、やっと登山道に飛び出しました。あとは老化した足    
を引きずりながら、途中からヘッデンで車に戻りました。いやぁ~!ま     
たまた超ハード山行をしてしまいました!でも、中高年女性3人でやり
遂げた、大満足の山行でした!それにしても、懸垂した斜面一面のキ
ンコウカ、あれは凄かった!終わって種だけだったけど(笑)      

 5:45駐車場、6:16尿前川、6:45ー7:10 6m滝、
 7:35-8:35三つ折りの滝、9:20-11:05大滝と上の滝の高巻、                                     
12:28-13:55二俣(夫婦滝の高巻)、15:30奥の二俣、
17:15焼石岳、中沼登山道、18:10銀明水、19:45駐車場  ...

御鍋神社~二岐山  2018.9.12

北アルプス、「五色ヶ原」に行こうと思い、8月もダメ!今回もダメ!    2018912-_015 
日帰りでも、と思い、出かけてみました。ここは3年前の1月に雪山
で登っています。今回は林道の奥の奥の登山口まで車を入れまし
た。☀予報だったけど、曇り。歩き出して間もなく、タマゴタケを見つ
けたのですが、ほぼ、終わっていました!この山の大きな急登は最
初の八丁坂と山頂へ向かう最後の登りだけ。あとはのんびりハイク
です。下部は「ブナ」と「アスナロ」、上部に行くと「ヤマグルマ」が多
くなります。山頂からは那須連山北部が広がっています。その中で2018912-_025
も「旭岳」はかっこ良い!二岐山は双耳峰、男岳から女岳へ足を伸
ばします。展望満点の男岳に比べ、女岳は藪の中で、展望ゼロで
した。急坂は滑りやすいです。下山はゆっくりゆっくり!この日出会っ
た登山者2人だけのほんと、静かな山でした。車で帰る途中、目を疑
いました!倒木に大きな山の恵みが・・・・まさか!まさか!でした!

 

10:20登山口、10:30八丁坂、11:23ブナ平、11:48ー男坂、12:20-12:40男岳、12:52笹平、13:00女岳、
13:27男岳、14:16ブナ坂、15:00八丁坂、15:07登山口  ....

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »