« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月21日 (木)

高千穂河原~高千穂の峰  2017.12.19

お墓参りのついでに鹿児島に行ってきました。私にとって、200名山  20171219__014
の198,199の「桜島」と「高千穂の峰」の登山です。でも、桜島は現在
登山禁止!残念なのですが、展望台から眺めて、“198座目の登頂                                         20171219__031
!”なのです。翌日、レンタカーを借りて、高千穂河原へ向かいました。
年末の平日なので、駐車場には車が3台。ビジターセンターもお休み
です。神社の鳥居をくぐり、樹林帯の石段を登ると火山灰のザラザラの
道。一歩歩いて半歩下がるのでできるだけ火山岩の上を歩きます。そ
こを抜けると異様な景色が広がります。火口の奥に高千穂の峰が顔を 20171219__042
出しています。最後の登りは歩きにくい上に今日は風が強い。ただし、
あまり冷たくない風なので助かります。山頂の鳥居の奥に「天の逆鉾」。
月に3回は登っている、と言う地元の男性にシャッターを押してもらい
ました。さあ、長居は無用です。鹿児島中央駅でのレンタカーの返却時
間がギリギリなのです。飲まず食わずの2時間40分。
『これで、200名山に、大手!です』

10:50高千穂河原、12:22-25高千穂の峰、13:30高千穂河原  ..

南会津:尾白山(820mまで)  2017.12.17-18

土曜日が出勤で日帰りの予定だった相棒が急遽、休めるようになり  2017121617__005
1泊泊まりの雪山へ。ところが、このところの大雪で登山口までの林道
が除雪されていない!国道からいきなり、ワカンで膝ラッセル!雪が 2017121617__013
重くてなかなか進まない!無雪期は10分で着くと言う登山口まで、な
んと、3時間半!それでも2時間頑張ってみましたが、超重たい湿雪で
ワカン団子がひどい!ワカンにビニールテープを巻いていないMちゃ
んは、20㎝の高下駄になることも。重くて足が上がらず、蹴とばしたり、
たたいたり。たいして進んでないけど、暗くなる前にテントを張りました。 2017121617__035
夜半から雪となり、朝、積雪は昨日より30㎝増え、吹雪状態!即、下
山を決めました。かすかに残る、昨日のトレースを辿り、車に戻りまし
たが、駐車場も吹雪!温泉も省略で必死で脱出しました!この山、ま
た、来ます。今度は絶対にブナ林にテント張ります!

17日 10:35久川城跡駐車場、13:30登山口、15:50テント(820m)
18日  6:20テント、7:20登山口、8:40久川城跡駐車場  ..

2017年12月15日 (金)

栃木:太平山~晃石山(てるいしやま)~馬不入山  2017.12.14

昨年から東武線沿線の住民となり、初めての電車での山歩きです。 _043
今日は落ち葉カサコソ、陽だまりハイクです。同行のYさんは栃木県                                        _031_2
出身で東武線沿線はホームグランドなのでしっかり案内していただ
きました。山に入るとすご~い落ち葉の道です。ゆっくりのんびりハ
イキングなので、途中の茶店では名物の「玉子焼」と「だんご」を購入。
太平山は樹林の中で展望はありませんでしたが、晃石山からは日光
方面の山が広がっていました。途中では時々開けた場所から、富士
山や筑波山、そして栃木の町が見渡せ、季節を代えると、アジサイや
桜、そして、紅葉と何度も楽しめそうな山でした。でも、後半の急坂で
の落ち葉のラッセルには参りました!

 9:20新大平下駅、9:43客人神社、11:15太平山、12:46晃石山、13:18桜峠、13:44馬不入山、14:32高勝寺、
14:52岩舟駅  ...

2017年12月13日 (水)

安達太良山(くろがね小屋まで)  2017.12.12-13

安達太良山は初級向きの雪山なのですが、雪の季節には一度も
登っていません。今回、知り合いのガイドの山行に参加させていた 20171213085931
だきました。ところが、天気が悪い!雪&強風!スタートのあだた
ら高原スキー場には一台の車も停まっていない。スキー場のオー
プンは来週なのです。歩き出しからラッセル!メンバーは9名だが、
中には雪山が初めての人も。初めのうちはみんなで30歩づつ、と
言う事で回していたのですが、これでは明るい内に小屋に着けそ
うに無い!仕方なく、ラッセル経験のある4名で頑張り、後の人は
ついて来るだけ!積雪は深い所で膝上!小屋近くでは腰までの
所も。それでも何とか暗くなる前に小屋に着け、温泉で暖まること
が出来ました。翌日、小屋前の急斜面はいきなり腰ラッセル!上
部は吹雪状態!即、下山となりました!また、登りに来ます!
(カメラを忘れ、写真は携帯のカメラでの1枚のみです)

12日 12:05あだたら高原スキー場、14:30勢至平、16:30くろがね小屋
13日 8:00くろがね小屋、9:00勢至平、10:50あだたら高原スキー場  .........

2017年12月 8日 (金)

奥多摩:三条の湯~雲取山  2017.12.5-6

2017年もあとわずか。標高2017mの「雲取山」に記念山行を 20171256__030
してきました。実は今年は酉年でしたので、1月には同じく奥多
摩の「酉谷山」登って来たのです。今回は「三条の湯」経由で登 20171256__032
りました。26年前、初めて「雲取山」に登ったのもこのコースか 
らだったのです。車2台で、「お祭」と「小袖」に停めて、後山林道
から歩きました。久しぶりの「三条の湯」は建物もお風呂も新し
く、大きくなっていてビックリでした。平日なのでゆったりとツルツ
ルのお湯に浸かることが出来ました。ストーブもバンバン焚いて
くれてるので暖かく、ダウンは着ずじまいでした。翌朝は明るくな 20171256__029
るのを待って出発!時々、粉砂糖のような雪が登山道に付いて
いますが、アイゼンを着けるほどではありません。三条ダルミで
樹林を抜けると目の前にいきなり「富士山」。コゲラの声を聴き
ながら、少々休憩して山頂へ。山頂からは雪を被った南アルプ
スの大パノラマ!真っ青な空にくっきりと浮かんでいます。もちろ
ん富士山もです。風も無く、のんびりしたい気持ちに鞭打って、
歩きなれた鴨沢への道を下山しました。

5日 12:00お祭、12:38ゲート、14:58三条の湯(泊)
6日  6:30三条の湯、8:55三条ダルミ、9:53雲取山、11;04奥多摩小屋、
   11:38ぶな坂、12:44堂所、14:05小袖登山者用駐車場  ........

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »