« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月27日 (月)

裏磐梯:五色沼散策  2017.11.25

爺が岳に行く予定でした。でも、今の爺が岳、降りたての雪なので、 20171125__021
中高年の「高」のメンバーで行くにはかなり厳しい!まったく楽しく
ない!辛いだけ!捻挫でもしたら大変!で、飯豊連峰の「三国岳」
に転進。ところが、前泊した道の駅で水っぽい降雪!標高を上げ
ないとビショビショになる。で、裏磐梯の「雄国山」に変更!ところが 20171125__024
昨夜からの大雪で除雪が間に合わない。駐車スペースの除雪が
されていない!路駐と言う訳にもいかない。で、今度は、猫魔スキ
ー場のリフトを使って「猫魔ヶ岳」へ。ところが、猫魔スキー場のオ
ープンが1週間後!こうなると、「五色沼ラッセルハイク」しかない。
なのに、またまた、除雪が間に合わず、駐車場所が無い!右往左
往の末に「裏磐梯ロイヤルホテル」に頼み込み、駐車させていただ
きました。(ああ、疲れた)毘沙門沼からワカンを着けてこまめに交
替しながらラッセル。景色はドンヨリ!あまり景色も見えない!弁天
沼手前で休憩して戻りました。(私のみ、弁天沼まで行きました)

2017年11月23日 (木)

奥秩父:十文字峠~四里観音~栃本  2017.11.21-22

集合は小海線の信濃川上駅。我が家からは佐久平経由で小海  2017112122__044
線に乗りました。毛木平からは枯葉の上に粉砂糖のように雪の
着いた登山道を歩きます。数回沢を渡りながら登って行くと、間  2017112122__023
もなく尾根に乗り、十文字峠小屋に到着。時間が早いのでカモ
シカ展望台までお散歩しました。夜は甲武信小屋の山中徳さんも
一緒にちょっと早い忘年会。ところが、赤沢谷の出合付近で山火
事発生の連絡が入りました。県警は登山を控えるようにと言って
いる様子。でも、朝には小さくなっていたようで、予定どうり出発し
ました。このコースはほとんどコメツガとダケカンバの中のダラダ  2017112122__110
ラ歩きです。避難小屋は2箇所。四里観音は新しく快適そうで、水
場も近いのですが、白泰山は真っ暗で水場もありません。(絶対、 2017112122__089
泊まりたくない!)二里観音からは、何か所か、大木が倒れて道
を塞いでいましたが、概ね歩きやすく、ぽくぽくと栃本に下れまし
た。栃本は紅葉真っ只中でした!

21日 12:55毛木平、15:30十文字小屋(泊)
22日  6:20十文字小屋、6:45股の沢分岐、
      7:18四里観音避難小屋、10:30白泰山避難小屋、13:00両面観音、13:40栃本  ........

北アルプス:爺が岳南尾根  2017.11.18-19

今シーズンの雪山初めです。当初は「白馬岳」の予定でしたが、2017111819__051
天候(二つ玉低気圧)等を考慮し、「爺が岳」に転進しました。
大町は☂。でも、扇沢は雪で、ホッとしました。まだ積っている 2017111819__029
雪は降ったばかりの新雪!南尾根はまだ藪藪です。1800m
付近からは積雪30-50センチ。ラッセルとなります。2200m
のジャンクションピーク、ここを過ぎると風を除けられる良いテ
ント場はありません。初日はここまで。夜は本格的に降り出し
ました。翌朝は、30㎝ほど増えた雪のラッセルからのスタート
です。遠くで風がゴーゴーと唸っています。笹の上に積もった  2017111819__061
新雪なのでワカンと言う訳にいかず、アイゼンで進みます。膝
から腰、傾斜が出てくると前を崩さなくてはなりません。森林限 2017111819__055
界を越すとラッセルからは解放されますが風が凄い!予報で
は風速29mとか。時々、台風姿勢を取らなければなりません。
爺が岳南峰は雪煙の中です。結局、2350mの前爺が岳まで
とし、急いで下山しました。テント場に戻り、一安心!でも、そ
の頃から吹雪となってきました。昨日のトレースは全く消えて
しまい、下りもラッセル!おまけに雪の下の石や木の根にアイ
ゼンが引っかかり、歩きにくいのなんの、って!

18日 7:52爺が岳登山口、9:15南尾根取付、13:00ジャンクションピーク(テント)
19日 5:55テント、7:18森林限界、8:00前爺が岳、8:50-9:45テント撤収、12:40爺が岳登山口  .....

南会津植生調査②  2017.11.10-11

2017111011__0072017111011__0082017111011__0132017111011__037










2017年11月 9日 (木)

千曲川源流~甲武信ヶ岳  2017.11.6-7

「甲武信ヶ岳」。甲州(山梨)、武州(埼玉)、信州(長野)の県境。 20171167__041
そして、荒川、笛吹川、千曲川の分水嶺です。天候の良くなかっ 20171167__006_2
た今年、久しぶりに快晴の中の登山が出来ました。歩くに従い、
登山道にはうっすらと雪が付いています。終始左に流れる千曲
川の源流部はいつに無く水量が多く、白濁しています。おまけに
今まで源流の「最初の一滴」のはずだった所の、もっと上から水
は滔々と流れて来ています。先日の2連続の台風の影響とか。
今日はマイペース歩きのメンバーがいて、時間がかかり、「水源   20171167__042
の碑」からは小屋のボッカ道から近道させてもらいました。それ
でも小屋に着いたのは日が暮れてからでした。翌日は十文字峠
経由と千曲川源流コースとでメンバーを分けて下山しました。水量が多く、登山道まで沢状態に水が流れている、おまけに凍ってい
るところもある。下りは滑るので、慎重に、慎重に下りました。なぜ
か、両日とも、コースタイムの二倍近い時間がかかってしまいまし
た!(笑)

6日 10:10毛木平、15:50千曲川源流、17:35甲武信小屋(泊)
7日  6:15甲武信小屋、6:52甲武信ヶ岳、7:40千曲川水源、12:00毛木平

2017年11月 3日 (金)

巨岩群登山道~位山  2017.11.1

初日は乙女渓谷のベニマンサク(マルバノキ)の紅葉を楽しみにし2017111__036_2
2017111__077_2ていたのですがすでに終わっていました!残念!  そして、翌日、
春に登山口まで行き、雨で中止にした位山にリベンジしてきました。
巨岩の間を登るこのコース、核心はダートの「ダナ平林道」です。パ
ンクしたら大変なので、ゆっくり慎重に運転します。登山口には阿吽
の狛犬??違います!ここのは「竜」でした。樹林の中の巨岩帯を
行くと周回ルートとなり、左回りで行くと御嶽山や乗鞍岳の展望台が 
有ります。どちらもすでに雪が来ています。山頂は展望皆無の樹林 2017111__032
の中です。でも、数分行くと広場になっていて、目の前に雪を付けた                                        2017111__079_2 
「加賀白山」が視野一面に広がっていました!!帰りの林道からは
雪を被った北アルプスの屏風も見られ、遠出して来た甲斐がありま
した!

8:10登山口、9:00天ノ岩戸、9:15御嶽山展望台、9:20位山、
9:30白山展望台、10:22登山口  ....

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »