« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月26日 (金)

大日が岳  2017.6.1

登山口は何か所もありますが、民宿の方もお勧めの「ひるがの 201761_058
高原口」からにしました。宿を出る頃に☂が降り出しましたが、せ
っかく遠くまで来たことですし、9時には止む予報なので予定通り 201761_067
スタートしました。昨日、一昨日の山と違い、この山はとっても穏
やかです。ルンルンで歩けます。いっぷく平を過ぎると足元には
ミツバオーレン、ショウジョウバカマ、イワナシが「これでもか?」
と言うほど咲いています。山頂が近づくと賑やかな声がします。
先行の登山者かと思ったら、別ルートから登って来た地元の中
学生の集団登山でした。子供たちに頼んでスマホで写真を写して
もらいました。すっかり雨が止んで、青空も出て山並みも見えて
きましたが、加賀白山だけは雲の中でした!

7:45ひるがの高原口、9:20いっぷく平、10:33展望台、10:57-11:22大日が岳、13:45ひるがの高原口  ....

能郷白山  2017.5.31

200名山があと10座で完登するので、区切りを付けることにして 2017531_045
遠出をしてきました。最短コースの「温見峠」から往復。この山は
先週、山開きだったそうです。なんと、いきなり、急登!でも、花が 2017531_027
多く、癒されます。オーレンは種になっていますが、これが反って
綺麗!サンカヨウ、カタクリ、ムラサキヤシオ、西国ミツバツツジも。
なんと言っても一番は「ユキザサ」花も咲いていますが、食べ頃のも
のもたっぷり!その辺りは雪が融けたばかりなのでしょうね!2箇
所ほど残雪を踏むと山頂です。少し先に奥ノ院があり、そこまで足 2017531_092
を伸ばしました。下山にかかると、アサギマダラが4羽、乱舞してい
ました。

8:30温見峠、10:54能郷白山、11:15-11:20奥ノ院、13:20温見峠  ....

                                               民宿の山菜料理→→→

荒島岳  2017.5.30

福井遠征!深田久弥氏が故郷の山だから100名山に入れたの 2017531_0202017531_041
では?と言われている「荒島岳」今回合校のM.S氏の故郷の山
でも有ります。で、初日は両親の墓参り。私とM.Kさんは「大人の 
休日倶楽部」のポスターにもなった「平仙寺」を散歩。翌日、カドハ
ラスキー場のゲレンデから登りました。登山道に入るとブナ林の
中の急登りとなります。道端にはサンカヨウやスミレ、ユキザサが
咲き、藤の花やムラサキヤシオが咲いています。それにしても、
急登!14年前に1度登っているのですが、全く記憶がありません。
若かったので気にならなかったのでしょうか?(笑)中荒島岳から
は展望が広がります。でも、靄って良く見えません。沢筋には少し  
ばかり雪が残っています。さすがに100名山の山、山頂は登山者
で賑わっています。暑くてたまらないので、証拠写真を写し、早々  2017531_060
に引き返しました。

 6:30駐車場、7:30登山口、9:38シャクナゲ平、11:00-11:30荒島岳、14:05登山口、
14:50駐車場  ....

2017年5月22日 (月)

弓の手コース~前袈裟丸山  2017.5.23

今年も行ってみました!でも、今年は裏年のようです。蕾も花も少な 2017523_038
い上に、開花が遅れています。最初に現れるヤマツツジとミツバツツ 2017523_068
ジ。でも、ほんの少し!次に現れるシロヤシオ。まだ、蕾のふくらみも
ありません!キョロキョロ探してやっと数輪!以前来た時には気がつ
かなかったのですが、今日はやたらにアカヤシオが目立ちます。下
の方は花が落ちていたり、しなびて木に付いていたり。でも、小丸山
付近はまだ見頃です。郡界尾根の斜面はピンクのアカヤシオが遠く
からでもたくさんありそうに見えます。やはり、あちらの尾根の方が花 2017523_050
は多いかも。山頂が近づくとシャクナゲの木が目立ちます。でもまだ、
蕾が固く、1輪も咲いていません。これは自然相手ですから仕方があ
りません。来年に期待です。

 7:30駐車場、8:35賽の河原、9:43小丸山、10:00避難小屋、
10:50-11:15前袈裟丸山、12:00避難小屋、12:10小丸山、13:43駐車場  ...

大行沢  2017.5.20

ここ3年、沢始めに行っています。ナメをぺたぺた歩くだけの沢歩 2017520_149
きです。ちゃんとした沢のルートもあるのですが、この時期、滑り
やすいゴルジュでずぶ濡れは勘弁!その部分は私達、登山道か 2017520_161
ら巻いてしまうのです。新緑が眩しい超癒しの沢です。夜は林道
に戻り、沢の対岸で焚き火宴会です。昨年までは倒木を渡り、濡
れずに対岸に行けたのですが、今年は木の上まで水が上がって
いて倒木が使えず、少し上流から渡渉しました。つまみ程度のイ
ワナも釣れ、今年も良い沢始めが出来ました。ショックだったのは
昨年素晴らしかったので楽しみにしていた藤の大木に花が1個も
ついていなかったことです。来年は咲いてくれるかな~?

7:30駐車場、8:30雨滝、9:37京渕沢、10:00-13:00大行沢、15:15駐車場  ..

甲子山~坊主沼避難小屋  2017.5.18

Tさんの定年祝いにちょっと張り込んで温泉旅館に泊まりました。2017520_047
その宿から登る甲子山は今回で4回目です。山頂までは夏道で 2017520_042_2
したがそこから避難小屋まではほぼ雪道です。旭岳の裾を巻くよ
うに登山道が付いていて、雪があると、ホント、分かりにくいです。
まめに赤布が付いているのですが、それでも帰りは道を外してし
まいました。坊主沼は半分くらいは池になっていますが、他は雪
に埋まっています。その一段上がったところに避難小屋がありま
す。綺麗な小屋で、5人用の綺麗な布団が置いてあります。ここ 2017520_069
は是非、泊りに来なくては!ちょっと贅沢気分で泊った宿を後に、2017520_095
翌日はマウントジーンズスキー場上のツツジの遊歩道へ。でも、
シロヤシオはまだ咲いていません。何とか咲いていた1本の樹を
眺めて、コシアブラとハリギリを収獲して帰宅しました。

10:00甲子トンネル、11:00猿が鼻、12:05甲子山、
13:23坊主沼、13:30-45避難小屋、15:00甲子山、
15:35猿が鼻、16:23甲子トンネル  ....

大蔵山~菅名岳  2017.5.16

今年も三川の新田見宅にお邪魔しました。山菜採りが目的ですが、2017516__068
せっかくなので山にも登りました。この山は6年前のGW,風邪で私2017516__065
け途中敗退した山です。朝、出かけようとしたら、☂が降り出しまし
た!今日は☀のはずだったのです。☂はすぐにやんだので、行くこ
とにしました。登山口には車が3台。合目を追いながら登ります。途
中、コシアブラがちらほら。ぶなの新緑に鮮やかなムラサキヤシオ。
タムシバも咲いています。大倉山は大展望。新潟平野から日本海ま 2017516__073
で。菅名岳に向かってはイワウチワや雪椿が増えてきます。コシア
ブラも多いです。菅名岳山頂では地元の男性4人が宴会をしてい 2017516__099
した。下山ルートは沢コース。飛び石、渡渉、木橋。思いがけず変化
に富んだ楽しいコースでした。

 8:30駐車場、8:50旧登山口、11:10大蔵山、
12:33-13:00、菅名岳、14:10どっぱら清水、15:22駐車場  ...

北アルプス:蓮華大沢スキー  2017.5.14

今季最後(?)の山スキーに行ってきました。針ノ木雪渓は滑ってい 2017514__012
ますが大沢は2人とも初めてです。一般的には針ノ木峠経由でドロッ2017514__026
プに行くようですが、滑るルートを見ておきたくて、登りを大沢にしま
した。出合は大デブリの山!二俣から先は小デブリ。おまけに上部
のみ急斜面と思ったのに、下からずうっ~と急!シールでは埒が明
かず、アイゼンに変えました。Sさんは板を担ぎましたが、私はデブリ
だらけのノドを滑る気がせず、板はデポ!歩くにつけ、足元から雪崩
がおきます。沢の側壁からも小雪崩が2回。昨日は☂。雪はグサグ 2017514__035
!稜線まで行こう、と思ったのですが、ガスが出てきてあとわずかの                                       2017514__060
所で終了!さあ、下ります!でも、急な上にグサグサで足元が崩れ
そう!ピッケル無し!安全策でバックステップで300m程下りました。
Sさんは滑ったのですが、スキーが雪を切って、スラフ頻発!板のデ
ポ地に戻り滑り出すと、ここからは快適滑降!あっという間に林道
へ!林道で、目の前を「テン」が横断して行きました。

6:10扇沢、7:20大沢出合、11:35稜線手前、13:45扇沢  ..

2017年5月 6日 (土)

飯豊:蒜場山  2017.5.4-6

P5050303「三度目の正直」狙ったGWでしたが、最初のピークで終わってし 
まいました!原因は暑さ、重さ、ルートミス!とにかく、暑すぎま
した。全員熱中症気味!水も足りない!休憩の度に雪を入れて 2017546_170
水を増やす状態。私は、と言うと、初日だけ駈けつけてくれたM
さんに荷物を持ってもらう始末。おまけにしょっぱなからの急登
とお酒の持ち過ぎ!結局、初日は早々と行動に終止符を打って
しまいました。ここからでは目標の「烏帽子山」は話になりません
。「高立山」を今回の最高到達点に変更しました。ところが翌日、
蒜場山の先でルートミス!修正して目標に向かうには翌日の P5050312
天気が悪い!痩せ尾根、ザレ場、鎖場は今日中にクリアして 2017546_223
おかなければ危険!結局、そこから引き返すことにしました。
実は途中の岩岳の手前に素敵なぶなの林があったのです。
そこまで戻れば安全圏です。芽吹いたばかりのぶなの森にテ
ントを移動!お昼からマッタリ!雪上焚き火まで。まあ、こんな
時もありますよね!思いの外遠かった目的の山、もっと真剣に
取り組むべきだったと、反省しきりのGWでした。

4日  6:07ゲート、7:17登山口、10:20岩岳、11:30烏帽子岩、12:30テント(泊)
5日  6:25テント、6:45山伏峰、7:05蒜場山、7:30引き返す、8:45蒜場山、9:25-40テント撤収、
    11:10ぶな林テント(泊)
6日  4:45テント、5:13岩岳、7:00登山口、8:10ゲート  ....

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »