« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月19日 (水)

尾瀬:至仏山スキー  2017.4.29-30

1泊2日でテント装備を背負ってムジナ沢を滑ってみようと思ったの _025
です。ところが、初日の天気予報が最悪!“雨、雪、雷”さすがに軽 20170430__324
荷での日帰りに変えました。そうなると、前日に鳩待峠に入っておか
ないと厳しい!13:30に戸倉に到着!あらっ?鳩待峠まで車で行
けそう!びっくり!峠手前の駐車場が広くなっていました。支度して、
と思ったところに予報通りの雨!車から出られません。そのうちに雪
に代わり、吹雪になりました。16時前、雪が止んだところで出発、ち
ょっと歩いてテント。翌朝は素晴らしい天気になりました!車に泊り  _028
装備をデポし、至仏山を目指しました。天気の良いGW、さすがに 凄                                        _079
い登山者の数です。山スキー、山ボード、スノーシュー、アイゼン、
ツボ足、いろいろ。山頂で滑走準備、ムジナ沢は途中、藪が出てい
ます。1度、板を外して下りました。で、オープンバーン大滑降!ザ
ラメ雪なので超快適!300m程滑って登り返し、ワル沢へ。こちらは
もっと快適!あっという間に終了してしまいました!

6:45鳩待峠、9:45至仏山、11:00ムジナ沢登り返し、12:35至仏山、13:20ワル沢終了、13:50鳩待峠  ...

雨が立~布引山~大烏帽子山  2017.4.22-23

若い人が誘ってくれての女子山行。このルートは3度目だけど、 201741718_023
今までは布引山までのピストンコース。今回は上越の国境稜線
にそびえる「大烏帽子山」へ登り、狙っていた布引尾根を下りま
した。大烏帽子山は昔、五月に白毛門から巻機山まで歩いて以 201741718_037
来の再訪です。ゲートから雪の林道を歩き、板幽橋の少し手前
から取りつきました。イマイチの天気で空はどんより!せっかく
のぶな林もパッとしません。雨が立の山頂で日帰りの男性にシ
ャッターを切ってもらい、布引山へ。いくらか風を防げる斜面を
切り下げてテント設営。夜中、トイレに起きると、満天の星!星
座の間にいっぱいの星屑が散らばっています。ところが、朝、雪
が降ってきました。おまけに強風!少し出発を遅らせて出発!  201741718_098
9時過ぎには晴れるはずだったのです。ホワイトアウトの中、ナ
イフリッジまで出てきました。亀裂もたっぷり!藪もたっぷり!
足の下の雪の下、水が流れている音がして嫌な感じ!そして、 201741718_111
最後の登りは雪壁!アイゼンは蹴り込んでも前爪くらいしか刺
さらない!帰りは「バックステップだな~!」
山頂、真っ白け!下山でルートを外し、磁石で確認し、登り返し
て修正!下山にかかっても一向に晴れる気配無し!テントの近
くまで下りて、やっと展望が開けてきましたが、稜線は相変わら
ず雲の中。初めての布引尾根はスキー向きの斜面が多く、Sさ
んは次回は山スキー!って言っていました。林道付近の傾斜の
無い所が、分かりにくく、適当に下って林道に戻りました。

22日 7:30宝川温泉ゲート、9:00板幽沢出合、12:40雨が立、13:30布引山(テント)
23日 6:00テント、7:30大烏帽子山、9:15-10:20テント撤収、12:20林道、14:20宝川温泉ゲート  ....

上高地&篠ノ井線配線敷遊歩道ハイキング  2017.4.17-18

昨年は悪天の為、中止にしました。今年もイマイチの天気予報でし 201741718_004
たが強行しました。“バスが上高地に入る前の静かな河童橋を”と  201741718_055
言うキャッチフレーズだったのですが、この日からバス、入りました!
お蔭で明神池まで行けたので良しとしましょう!観光客はほとんど
が東南アジア系のツアー客でした。この日は中の湯温泉に宿泊、
翌日、旧国鉄の篠ノ井線廃線敷ハイクへ。ちょうど桜が満開!所
々で雪をかぶった北アルプスが望めます。途中にある蕎麦処「か
しの樹」でざるそばと山菜天ぷらを食したところ、、お店のご主人が 201741718_085
車の回収に付き合ってくれました。おまけに、展望が素晴らしいか 201741718_105
ら、と、長峰山展望所に連れて行ってくれました。快晴の時しか案
内はしないとか。遮るものの無い高台で、蝶が岳から白馬岳まで
なかなか見ることの出来ない大パノラマでした。

三坂山  2017.4.15

自炊の温泉宿、早戸温泉「つるの湯」に泊って、近くの山に登ることに。 2017415_023
ところが、磐越道に入ると雨が降り出しました。「話が違う!」とりあえず、
登山口の駒形神社へ。でも、雨は止みません!下見のつもりで登山靴                                          2017415_037
だけを履き、傘をさして登ってみました。時々小降りになるので、ついつ
い先へ行ったのですが、ルートミス!だんだんと踏み跡レベルに。でも、ぶな林も出てきて雰囲気が良く、山頂を目指しました。そこで、またまたルートミス!傘をさして、雪壁を登ったり、枝を掴んで藪を登ったり。ついには傘の骨を折ってしまい、濡れて歩くしかなくなりました。なんとか、反射板のある山頂には着いたのですが、煙ってけしきは全く見えず!             2017415_005
風が出てきて長居は無用!藪の急坂を下った先でまたまたルートミス!
南の尾根を下るのに、西の尾根を行ってしまい、延々トラバースして何
とかルート修正できました。軽く歩くつもりがなんだかハードになり、おま
けに雨具を着なかったので、上着はドロドロ!宿で洗濯してしまいました。
でも、宿は台所も綺麗で、とても快適!また泊まりに行きたい宿でした。

12:04駒形神社、13:00 723mピーク、13:37-13:40三坂山、15:00駒形神社  ...

2017年4月14日 (金)

谷川岳、天神尾根(ザンゲ岩まで)  2017.4.13

天気予報が良くない!山頂は風速20mとか。中止かな~?って思っ 2017413_004
たのですが、とりあえず、決行!天神平に着いた時には山頂付近も
見えていたのですが、熊穴沢避難小屋を過ぎるあたりから雪が降り P1030023
出しました。風も出てきました。徐々に視界も無くなり、ザンゲ岩付近
ではホワイトアウト&猛吹雪!こうなると前進は無理です。トレースも
一挙に消えてしまいました。でも、ひょっとして・・・と言う思いがあり、
旗竿をルート上に付け直してきたのです。記憶と旗竿で避難小屋ま
で戻って、一安心!やっと休憩が出来ました。近くを歩いていた登山 P1030003
者数名も一緒に戻りました。それなのに、これから登って行く登山者
が10数名。大丈夫だったかな~?天神平は、☂でした!

 8:45天神平、9:43熊穴沢避難小屋、10:50-11:00ザンゲ岩、11:35熊穴沢避難小屋、
12:35天神平  .......

蜂城山  2017.4.12

久しぶりに甲府盆地の桃見物。でも、どちらかと言うと、桜の方が  2017412_002
満開!山の方はまだ蕾。そんな中、、農家さんの摘蕾作業は最盛 2017412_013
期。いつものように小広い山頂でてんぷらパーティー。タラの芽や
アスパラ、ハリギリ、にんにくまで。タラの芽とハリギリは参加され
た方が数日前に某所で採ってきたそうです。今回は女優の小林綾
子さん母子が参加されました。小林さんは朝ドラの「おしん」の子役
だった方。34年前のドラマなんですって!帰り、皆さんは「ほったら
かし温泉」に行きましたが、宅急便待ちの私は家に直行しました。

2017年4月 5日 (水)

二分~守門大岳  2017.4.5

ちょうど1年前、スキー組と歩き組で、隣の守門本峰にダイレクトに 201745_041
突き上げる尾根を登りました。その時は時間切れ敗退でした。スキ
ー組だけは途中から大岳にトラバースして滑りました。その時、「来 201745_074
年はあっちに行くぞ~!」と思ったのです。今回、すっかり山スキー
づいた友達と行ってみました。平日だと言うのに除雪終点には車が
5台。その後も次々に来ます。トレースもスキー、スノーシュー、ツボ
と、しっかり付いています。ありがたくそれを使わせていただきました。
保久礼小屋手前までは長峰を巻いて沢型から行きました。小屋から
は気持ちの良いぶな林、そして山頂へは真っ白な無木立の斜面で  20170405__226
滑るのが楽しみになります。山頂に着くとしっかり雪庇を抱えた守門                                        20170405__233
本峰が鎮座しています。360度、山、山、山!北側の中津又岳も気
になります。さー、滑ります。ザラメもどきでとっても楽しい!でも、ど
んどん重くなってきました!お天気、良過ぎです。重さに足を取られ、
ほとんどボーゲンでしたが、あっという間に下ってしまいました!

 7:25二分、9:30保久礼小屋、11:40-11:55守門大岳、
12:20保久礼小屋、13:45二分  ..

2017年4月 2日 (日)

神楽峰中尾根スキー  2017.4.2

戸狩温泉から移動、今日は神楽峰に向かいます。ベレンデトップ 201742_010_2
まではロープーウエイ、リフト2本、ゴンドラ、リフトでリフト券が
3900円。予定外の出費!根子岳はリフト1本で300円だったの 201742_024_2
に。最近、事故が多いからでしょう、リフトトップにゲートが出来、
登山計画書とビーコンチェックがありました。そこで情報を得、滑り
は中尾根にしました。ガイドの団体を見送り、あとからスタートしま
したが、ガイドグループは途中で休憩。追い越して山頂に向かい
ましたが、ほとんどの人は神楽峰をトラバースして直接中尾根や
雁が峰に向かっていました。中尾根は稜線&南面の予定でしたが 201742_065
つい、北面に入ってしまい、途中から横滑りトラバースで尾根上に
復帰しました。そこからは快適!Mちゃんも楽しそう!時間が早い 20170401__730
し、途中の展望の良い所で30分休憩、その後、南面に滑り込んで
ゲレンデに戻りました。下山コースが開いていたのでそこを滑って
直接駐車場に戻りました。

10:05第5リフトトップ、10:40神楽峰、11:15-11:30中尾根上、12:50ゲレンデ戻り、13:20駐車場  ...

鍋倉山スキー  2017.4.1

Mちゃんの山スキー体験第2段。ゲレンデ練習、頑張ってかなり上手 201741_023
になったので、ぶなの林を滑りに行きました。あまり天気は良くないけ
ど樹林から出るのは山頂のみなので大丈夫。鍋倉山と黒倉山の鞍部                                      
に登り、一度滑って登り返し、山頂に向かいました。途中にはテント敵
地がたっぷり!テントを張って、のんびり2日間も良さそう!滑りは下の
小屋にまっすぐに向かう尾根。上部はカリカリ、中間部からは重くて、
重くて!Mちゃん、しっかりボーゲンに戻ってしまい、足がパンパンにな201741_026
ったようです。私も疲れた!「巨木の谷」へは上の急斜面を避け、下の
方から回り込んでドロップしました。途中から左の斜面に入ろうと思って
いたのに下り過ぎてしまい、痩せ尾根を横滑りと階段下り。そこから滑
り込んだのですが、しっかり雪崩斜面!そ~っと、そ~っと、板で10m
歩いてから滑りこみました。あとは漕ぎを含めて戻りました。

8:00温井、11:10-12:00鍋倉、黒倉の鞍部(滑って遊ぶ)、12:20-12:35鍋倉山、13:55温井  ...

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »