« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月26日 (日)

上越国際スキー場  2017.3.26-28

ここ数年恒例となっている、春休み家族スキーです。姪の子供たちに 201732628_017
スキーの練習をさせているのですが、今年は6歳児にキッズのスノボ
ーレッスンとスキーレッスンの両方をさせてみました。スノボーは転べ
ば止まれるのだ!、と言う事でいきなり滑り出します。スキーはまとも201732628_036
にボーゲンで止まれないのにリフトに一人で乗れる、と言います。こっ
ちはかなり積極的なのですが、11歳は誰かが付いていないとリフトに
も乗れません。でも、年に1度だけとはいえ、3年目のプライベートレッ
スンの成果もあり、中級コースは転ばずに下りてこれるようになりまし
た。ボーゲンではありますがとりあえず、板にはしっかり乗れているよ
うで、来年はスクールには入らない、と言っています。来期は日帰りス
キーでも連れて行こうかな?6歳児の方はスキーの方が良い、と言っ
ているので来年もスクールに入れようと思います。

根子岳スキー  2017.3.25

同山岳会のMちゃんの山スキーデビュー戦。昨年は枯草の上を滑る 2017325_008
ほどの寡雪でしたが、今年は締まり雪の上に数日前の雪が乗り、超 2017325_029
快適スキーが味わえました。根子岳は何度か滑っていますが、いつも                                         
元のヘリスキーのコース近くを滑っていました。今年は雪が多いことも
あり、東面を滑り、途中からダボススキー場方向にトラバースしました。
この辺りは小さいながらもオープンバーンもあり、重めの雪ながら、楽
しくターンが切れました。お天気も良く、素晴らしいMちゃんのデビュー
戦となりました。

9:40ダボススキー場トップ、12:00根子岳山頂、13:00避難小屋、13:05ダボススキー場トップ  ...

2017年3月20日 (月)

川古温泉~オゼノ尾根~小出俣山  2017.3.19-20

谷川岳、俎倉山稜へは一般的に4つの入山尾根があります。仏岩 201731920_011
トンネルから、水上寺から、そして川古温泉から2ルート。今回は
小出俣山へダイレクトに上がるオゼノ尾根から登りました。俎倉へ 201731920_015
は5度目の挑戦ですが、このルートは初めてです。天気予報は☀
予報!春山Joyを疑わなかったのですが、なぜか朝から雪!話が
違う!おまけに登山者が多い!これまでは登山者に会うのは稀だ
ったのです。登るにつれて雪はひどくなり、疎林になる頃には猛吹
雪!春山のつもりが完全冬山です。とても稜線を歩ける状況ではあ
りません。大急ぎで安全圏まで下りました。途中、指先が危なくなり、 201731920_022
手袋を厚手に交換、事なきを得ました。テントに入った途端、雪崩の
強烈な音!久しぶりの大きな音、俎倉の南面からでしょうね!雪も201731920_036
風も朝になっても止まず、とても上には行けず、そのまま下山しまし
た。昨日からの積雪は30㎝以上、トレースは全く消え、ワカンで下
りました。林道には前日無かった雪崩の大きなデブリがありました!

19日  7:18川古温泉P、8:40千曲平、尾根取付、
     12:30小出俣山、13:00テント(1400m)
20日  7:50テント、9:00取付、9:10千曲平、10:15川古温泉P  ....

2017年3月15日 (水)

白鳥山スキー  2017.3.12

数年前から何度か計画がなされたのですが、いつも、天気が悪かっ 2017312__013
たり雪が少なかったりで中止になっていました。今回は天気にはバ
ッチリ恵まれました。人気の山のようでトレースもあり、18名と言う、                                       2017312__024
富山の山の会のスノーシュー軍団もいました。青空の中、素敵なぶ
なの林の中を登ります。テントを張るには事欠かない、広々したコー
スです。樹林を抜けると目の前に山頂へのスカイラインが広がります。
シールでも楽に登れる尾根なのですが、前日の疲れでペースが上が
りません。天気が良いし、山頂は3回も行っているので勝手に途中ま 2017312__012
でとし、シールを剥いで休憩!ところが、よくよくルートを見ると、滑る                                        
コースは左雪庇下の沢型!ここからでは滑りこめません!仕方なく、                                        2017312__022
板を担いであと100m登りました。3人が滑って来た所で、ドロップイ
ン!今日の雪は快適!ルンルンで滑りました。ところがこの後、延々
のトラバース!板での木登りもありました。雪崩地形が多く、板で雪
面を切り、小雪崩をおこしてしまいました!最後は隣の尾根に乗って
しまい、戻るのに、沢を渡渉!糸魚川で「きときと寿司」を食べて帰り
ました。次回は小屋に食材、お酒をたっぷり上げて、宴会ですね(笑)

7:00上路、12:00私の終了点(1200m)、15:00上路  ....

初雪山スキー  2017.3.11

1泊2日テント泊で行きたいと思いながら、遠くてなかなか行けなか
った 2017311_014「初雪山」。友達が山スキーで計画してくれました。当初の小
川温泉からのコースは長過ぎるので最短のダイレクトコースの北尾 2017311_057_3
根から行きました。ところが、しょっぱなからアクシデントで1時間の
ロス!それがたたり、二人は山頂に届かず。もちろん、亀さん歩き
の私は三角点ピークを過ぎた所で山頂から滑って来た3人と合
流、そこから滑りました。が、なんと・・・
久しぶりのスキー&登りの疲れで踏ん張れず、視界が悪くなっ                                                                    
たのも合わせて、コケまくり!こけると起き上がるのが大変!滑り
は2時間かからないつも2017311_059りが林道まで3時間。登りの痩せ尾根を
避けたグサグサの急斜面で時間がかかったのもあり、11時間202017311_056_2
分行動。林道の途中からヘッデンになってしまいました!今日はガ
イドらしき先行者があり、トレースバッチリだったのにこれでは、リ
ベンジはやはり、1泊2日のテント泊しかなさそう!それにしても、名
前の通りに真っ白で美しい山、素敵なルートでした!

7:30滝淵、9:35取り付き、13:40三角点ピーク先、16:40林道、18:50滝淵  ....

2017年3月 9日 (木)

志賀高原スキー場  2017.3.8-9

白馬に転職した山岳会の仲間が珍しく2日の休暇が取れ、「スキー Img_1794a
しませんか?」って連絡が来ました。思案の末、志賀高原スキーを
予定している友人に連絡、合流させていただきました。彼は准指導員
です。彼女は初心者。彼に指導を仰ぐ良いチャンスです。最近は
コソ連(こそっと練習)をしている、と言う彼女、昨年より格段に上達し
ていました。?私は?って言うと、あまり言うことを聞かないので、最
近は彼も、教えてくれなくなりました(笑)  ........

那須:赤面山スキー  2017.3.7

久しぶりの山スキー!天気もイマイチなので、近場の那須に行って  201737_020
来ました。閉鎖されたスキー場跡の建物横から歩きます。元ゲレンデ201737_026
の中を歩いても良いのですが、ゲレンデ横は素敵なぶな林!迷わず
そちらを歩きました。ゲレンデのリフト終点には夏の登山口の案内板
があります。この先のぶな林を過ぎると樹林が混んできました。ルート
を探りながら掻き分けて登ります。山頂を探しているうちに天気が悪
化!那須の主峰もボンヤリ!手もかじかんできました。急いで滑り支 201737_035
度!概ね傾斜も緩く、雪質も良く、楽しく滑れました。一か所、快適過
ぎて登り返してもう1本。ゲレンデに戻ったら、雪が降ってきました!

9;15道路脇駐車、10:45リフトトップ、11:40-50赤面山、12:45終了  ..

2017年3月 6日 (月)

裏磐梯(猫魔ヶ岳&小椋ピーク)スノーシュー  2017.3.4-5

昨年に続き、懇意にしている山道具屋さんのスノーシューツアーの 2017345_014
お手伝いです。裏磐梯は何度も来ているのですが、冬の雄国沼は
初めてです。それが、なんと運が良いのでしょう!最高のお天気!2017345_078
昨日の雪が山の上では霧氷になり、青空の中、光り輝いています。
そうなると、写真、写真でなかなか進みません。磐梯山もこの方向
からはかっこ良いです。最後は雄国沼の御神渡りでした。
翌日は勝手に名前を付けた、「小椋ピーク」。雪が舞うイマイチの
天気でしたが、最後に檜原湖を御神渡しました。さすがに檜原湖
は大き過ぎなので、宿の2017345_085スノーモービルが迎えに来てくれました。

4日  9:25猫魔スキー場トップ、10:35猫魔ヶ岳、11:20猫岩、12:15雄国沼、
    12:20-13:00避難小屋、14:35車道
5日  8:10尾根取り付き、10:00小椋ピーク、11:00檜原湖、11:40民宿      ...................

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »