« 餅が瀬川押溜沢  2016.7.30-31 | トップページ | 北海道:羅臼湖トレッキング  2016.8.13 »

2016年8月10日 (水)

北アルプス:大日三山縦走  2016.8.5-8

所属山の会の夏山です。20数年前の10月に縦走して以来、花の 時期に行きたいと思い描いていたコースです。
初日は室堂まで。小屋のテラスでのんびり生ビール&温泉!

6日 雷鳥沢から新室堂乗越をめざします。登るにつれ、登山道脇 2016858_043_2
    にはチングルマの穂が一面に広がります。花の時期にはさ
    ぞかし素晴らしいことでしょう!稜線を漫歩し、室堂乗越から2016858_172 
    は剣岳がどんどん大きくなってきます。足元には高山植物。
    こうなると撮影が忙しい。剣を撮ったり花を撮ったり。奥大日
    岳は360度の大展望!なんといっても、目の前の剣岳は圧
    巻です。この先、梯子や鎖がちょっとだけありますが、概ねお
    花を見ながらのんびり歩けます。七福園で大休止の後、本日2016858_019
    の宿、「大日小屋」に荷物を置き、大日岳を往復します。山頂                                        2016858_219
    までは20分、途中に見頃のチングルマが咲いていました。こ
    ちらの山頂も大展望!でも、ちょっと変?!?三角点と標高が
    合わない!標識に書かれている、「1501m」は間違っています。
    1501mピークは隣の藪ピークなのです。この夜は小屋の方の
    ギター演奏で夜が更けていきました。

    6:55みくりが池、8:25新室堂乗越、9:50室堂乗越、10:13奥大日岳、12:10七福圓、12:35大日小屋(泊)

7日 今日は大日平を経て称名滝まで歩きます。沢型の石がゴロゴ 2016858_316
   ロした歩きにくい道でいきなり浮石を踏み、一回転!両肘両膝
   を思いっきりぶつけてしまいました!(とほほ)その後も腐った 2016858_366
   木の階段でつまづいたり滑ったり。こんな道だったなんて、全く
   記憶に有りません。大日平は広~い草原ですが、かなり池塘が
   乾いています。大日平小屋は建て替わっていて以前の面影は
   ありません。以前はドラム缶のお風呂に入ったのですが、今は
   ちゃんとしたお風呂があるとか。この先、ヘリがしきりに木材を
   運んでいると思ったら、登山道整備の方が・・・「あらっ?ラクパ2016858_211
   君?」知り合いのネパールシェルパのラクパ君でした!
   大日平を過ぎるとどんどん標高を下げて行きます。目の前の 2016858_285
   薬師岳もどんどん高くなります。いい加減うんざりした頃、称名
   滝手前の登山道に下り立ちました!立山行きのバス時間に間
   に合うよう、急いで称名滝見物、立山から再び室堂に戻りまし
   た。剣岳は大行列だったそうですが、私たちの大日岳は静かで
   ゆったりした山旅を味わうことが出来ました。

   6:00大日小屋、7:55大日平小屋、9:05牛の首、10:15大日岳登山口  ......
   

« 餅が瀬川押溜沢  2016.7.30-31 | トップページ | 北海道:羅臼湖トレッキング  2016.8.13 »

旅行・地域」カテゴリの記事