« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月23日 (水)

南アルプス:野呂川右俣~間ノ岳~嶺朋尾根~広河原  2015.9.20-22

一か月前、三峰岳カールに出られず、直接、仙塩尾根に出てしまい  201592022_057
ました。台風等の影響で東北の沢は厳しいと判断し、リベンジに切り
替えました。野呂川は16日から禁漁!釣師も入らないので両俣小屋                                        201592022_075
はさらに閑散としています。右俣沢に入り、先回満開だったキオンは
種になっています。水量が多く、増水の傷跡で倒木が増えています。
今回は快晴なので三峰岳のカールや稜線がくっきりと見えています。
焚き火もしっかりと燃えてくれ、ビールとワインでノ~ンビリ!二日目、                          
奥の二俣を右に入りましたがカールに出てみると三峰岳は遥か西!                                      
ガレとハイマツの急登をよじ登り、少し間ノ岳寄りの稜線に出ました。
今回は2泊3日の予定。先日スルーした「嶺朋尾根」を辿ることにしま201592022_129
した。北岳山荘で水を補給(無料)し、トラバース道から八本歯のコル
へ。相棒は池山尾根は初めてとか。私は記憶が薄い。ボーコン沢の                                        201592022_090_2
頭にテントが見え、手前の稜線にテント設営。北岳バットレスがド迫   
力に立ちはだかっています。疲れ果てて、18時過ぎには就寝しました。
夜、雨が降り、朝起きるとタープが氷ってバリバリです。真っ赤に紅葉                                         
したウラシマツツジにも霜が降りています。濡れた沢靴を履くと指先が
氷りそう!そろそろ沢はお終いかな?好展望の稜線漫歩40分程で  
嶺朋ルート入口から下ります。藪を掻き分けたり、岩に乗ったり、木の201592022_144_2
根や泥で滑ったり。神経を使うルートではありますが、ほかの登山者
に会うことも無く、静かな尾根を辿ることが出来ました。この時期、稜                                        201592022_182_2
線は紅葉真っ盛り!沢から稜線、そしてマイナーな尾根へ。充実の
シルバーウィークでした。

20日  6:45野呂川出合、9:18両俣小屋、9:25右俣沢入渓、
     14:40 1250mテント(泊)
21日  6:40テント、10:50稜線、11:48間ノ岳、
          13:25-30北岳山荘、14:40八本歯のコル、15:25テント(泊)
22日   5:55テント、6:40ボーコン沢の頭、6:48嶺朋ルート入口、10:15広河原  ..

2015年9月17日 (木)

上州武尊山  2015.9.16

久しぶりの武尊山です。☀の予報だったのに、結局、☁。9月は 2015916_031
夏山リフトが運休なのでキャンプ場の下から歩きました。いきな
り「ナラタケ」発見!私の頭の中は“山よりキノコ”になりました。
でも、まじめに歩かねば!ブナ林からダケカンバ、そして灌木。 2015916_042
しっかり忘れていた鎖場。展望の無い稜線、山頂。残念だけど、
雨じゃなくて、良かった!下山にかかって30分。ガスが晴れて、
山頂が現れました。ちょっと、残念!この頃になると川場方面か
ら多くの登山者が登ってきました。岩手からのおじさんは昨年か
ら100名山を始め、今日は午前中に至仏山を登って来たとか。
その後、行きに狙いを定めておいた立ち枯れのナラタケを収獲、
課外授業の小学生たちに挨拶しながら駐車場に戻りました。

 8:25駐車場、8:40登山口、10:00避難小屋、11:20鎖場、11:45水場、12:13-12:35,14:40避難小屋、
15:47登山口、16:10駐車場  .....

2015年9月15日 (火)

北アルプス:真川岩井谷遡行  2015.9.12-13

東北の沢に行く予定でしたが、関東地方が50年ぶりの豪雨に見舞 201591213_026
われ、東北も大雨!北アルプスの釣りの沢に転進しました。大岩乗
り越しに終始、大滝は高巻く、と言うので暢気に出かけたのですが、                                       
水量が多く、お助けロープ数回&お尻押し!平水だったら容易に水                                        201591213_037
線通しで行けたのでは。鳶谷出合と思って釣り始めたら、手前の枝
沢!小振りが8匹。ここで時間を使い過ぎ、あわててまじめに遡行。
岩井谷に入った途端に次々にイワナが走ります。でも、時間が押し
ているので天場まで我慢、我慢。ゴルジュと大滝を髙巻いた所でテ
ント。天場上で22センチ1匹Get!その後、仲間が25センチGet!
刺身、にぎり、塩焼、骨せんべい、と、揃いました!翌日は薬師峠の
水場に抜け、登山道から折立に下山。富山で「きときと寿司」を食べ、
6時間かかって帰京しました。

12日 7:20折立、8:30岩井谷橋、8:45入渓、13:25鳶谷出合、14:35岩井谷出合、17:10大滝上テント
13日 7:25テント、10:10奥の二俣、11:30水場、12:10-20太郎平小屋、15:05折立  .... 

2015年9月 7日 (月)

楢俣川ヘイヅル沢左俣右沢遡行  2015.9.5-6

癒し系、「岩魚と焚き火の沢」と言う事での女子沢。当初の5名から 2015956_014
3人となり、ちょっと寂しくなりましたがそれなりに楽しめました。沢は
へつりが多いのでヘイヅル(へつる)沢と言うらしいです。今回は水 2015956_032
量が多く、水が少なければ簡単に登れる滝も滑ったら怪我ではすま
ないのでロープを出して登りました。友達はヌメリをタワシでこすりな
がら登っていました。ナメ床は亀甲模様もどきで美しく、快適に歩け
ます。残念なことに、先行者があり、岩魚は刺身1匹、塩焼一人1匹。
焚き火も燃え、就寝まで雨も降らず、良いお酒が飲めました。翌日は 2015956_072
いきなり2段20m大滝!昨年はフリーで登ったSさんも今回はビクビ                                        
クものだったようです。沢は水量で格段にレベルが上がってしまうの                                        2015956_039
です。奥の二俣からガレ沢を登り、ちょっとハイマツを漕いで、小至仏
山の肩に出ました。小至仏山は山ボーイだらけ!シャッターをお願い
して即、下山!まだまだ先が長いのです。イワショウブが盛りの木道
や階段を下り、湯の小屋方面に入ります。笹の刈り払いがされていて歩きやすいです。小笠を巻いて笠が岳はパス!この辺りから雨が降
り出し、登山道はぬかるみが一段と酷くなり、田植え状態です。小さ
な池も湖のように広がっています。小さなアップダウンを繰り返し、暗
くなる前に林道に到着し、ほっとしました!

5日  5:45車、8:20入渓、12:00-12:45左俣右俣の二俣(釣り)、13:22二段12メートル滝、15:00テント(1400m)
6日  6:45テント、7:00二段20m大滝、8:20テン場(1630m)、8:55第3堰堤、9:15奥の二俣、10:45稜線、
    10:50-55小至仏山、11:23湯の小屋分岐、11:32悪沢岳、12:15小笠、12:55笠が岳分岐、13:05片藤沼、
    14:23咲倉避難小屋、17:20車  ... 

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »