« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月27日 (水)

袈裟丸山  2015.5.26

久しぶりにシロヤシオ(五葉躑躅)が見たくて10数年ぶりに行って 2015526_043
来ました。花が多いと言う「弓の手コース」。平日なのに駐車場は
満杯!道路脇に駐車。出発が遅く、何人もの下山者から、「これ  2015526_072
から山頂ですか~?遅いのでは~!」って言われ、「適当な所で
引き返します」、とは言ったけど、“絶対、山頂に行くもんね”(笑)
でも、シロヤシオに花が無い!賽の河原までは皆無!おまけに
葉が痛んでいる。まあ、それなりに見れたから、まあ、良いか~!
以前、シャクナゲは山頂奥まで見れなかったのですが、今回は   2015526_023
かなり増えていました。でも、終わりかけ!今年はアカヤシオと同
じで、早くに咲いたようです。来年もシロヤシオ、見に行こう!

11:50駐車場、13:23小丸山、14:15-20袈裟丸山、15:03小丸山、16:10駐車場  .

2015年5月25日 (月)

徳仙丈山  2015.5.23

気仙沼へ復興支援に行ってきました。ついでに近くの低山に登りま  201552324_010
した。この山は東北有数のツツジの名所です。残念ながら花のピー
クは過ぎ、枯れたり散ったりの樹が目立ちましたが、所々、見頃の
レンゲツツジが鮮やかでした。今年は花の開花が早く、見頃は10日201552324_076
ほど前だったと思います。パンフレットを見ると盛りの時には全山真
っ赤になるようです。遊歩道も真っ赤なツツジ街道です。いつか再訪
したい山でした。夜は岩井崎の被災した民宿に泊まり、翌日、陸前
高田へ復興工事中の現場を見たり、「奇跡の一本松」を見たり。初
めて津波のすさまじさを目の当たりにしてきました。

........

2015年5月18日 (月)

北アルプス:白馬鑓温泉  2015.5.20-21

先回の女子会に参加できなかったAさんと、再度温泉リゾートへ。 201552021_024201552021_010
所属山岳会の大御所2人を誘いました。お二人は40年ぶりの鑓  
温泉だそうです。最高のお天気、そして平日、日帰りスキーヤーは
いましたが、宿泊者は無く、湯船のすぐ横にテントが張れました。
それにしても、ビックリ!凄い勢いで融雪が進み、10日前には駐
車場からスキーで歩けたのに、今日はしっかり夏道が出ていまし
た。雪渓横の雪が解けた斜面にはニリンソウ、カタクリ、ミヤマキン 201552021_057201552021_028
バイ、オオサクラソウ。桜も満開、ミズバショウも顔を出しています。
夜中から、またまた強風となりましたが、朝ものんびりと温泉に浸
かってから下山できました。強風とは言え、快晴のこの日、日帰り
スキーヤーが次々に登ってきました。

20日 7:55猿倉、10:00小日向のコル、13:10鑓温泉
21日 

南会津:山毛欅沢付近、偵察  2015.5.16-17

本日の目的は焚火です。ゆっくり目に集合して南会津に向かいます。 201551617_001
途中の道の駅によって、去年買って柔らかくて美味しかった塩原カブ201551617_004
を買い、それでも13:30には目的地へ。一昨年2月に2時間かかっ て
ラッセルした林道の雪はすっかり融けてしまい、ずう~っと奥まで車で
入れます。偵察なので、車を置いて歩いて林道奥まで。途中、コゴミと
山ウドを収獲。車、横付け、薪たっぷりの最高の宴会場を見つけまし
た。本流は雪解け水で激流状態!支流で仲間が刺身用イワナを釣っ201551617_006
て来てくれました。焚火は良く燃え、遅くまで今年初めての焚き火を楽
しみました。翌朝、山菜採りの間をぬって、今季初のイワナ2匹、ゲット
しました!
帰りに「大博多山」の林道も偵察しましたが、こちらは山菜採取禁止!
立派なコゴミがあったのに、残念!

四国:西赤石山  2015.5.14

台風でコース変更を余儀なくされ、アケボノツツジの名所「西赤石山」 201551114_197
へ。銅山越から天狗岩への周回コース。銅山峰ヒュッテ前は“ツガザ
クラの保護地”と書いてあるのですが、近くにあるのは“アカモノ”??                                     201551114_212
と思っていたら、その先にありました!ツガザクラに群落です。ちょう
ど見頃でした。でも、目的のアケボノツツジが・・・パラパラです。どうや
ら今年は不作のようです。おまけに、台風で花が痛んでいます。まあ、
自然には勝てません。岩場が出てきて鎖を頼りに登って行くと山頂に                           
飛び出しました。途端に大賑わいです。長居は無用!集合写真を撮
り、急いで下山にかかりました。天狗岩コースは一般道とは思えない201551114_151
急な道です。木に捕まり、慎重に、慎重に。軌道跡までが思いのほか
長く、地図の間違いかとまで思いました。軌道跡に入ると雨が降り出
しましたが雨具を着るほどでもなく、助かりました。帰りは讃岐うどん
を食べて新幹線でのんびり帰京しました。

6:00駐車場、9:25銅山峰ヒュッテ、8:10銅山越、8:30東山、9:43西赤石山、11:40駐車場  ........

四国:笹ヶ峰  2015.5.13

「石鎚山」組と「笹ヶ峰」組に分かれて登りました。アプローチでちょっと 201551114_105
迷いましたが、登山口には広い駐車場があり、そこから約1時間、急登
をこなすと、展望が開けます。目指す「笹が峰」も奥に広がっています。                                         
「笹ヶ峰」と言うだけあって、主に、笹原の道を行きます。足元にはスミレ                                          201551114_122
やフタバアオイ、ミヤマカタバミが咲いています。寒風山あたりからアケ
ボノツツジが見えだしましたが、少ない上に、花びらが痛んでいます。
どうやら、昨日の台風で傷んだようです。山頂手前な岩場になってい
て、梯子が付いています。山頂は貸切り!遠く、「石鎚山」も見えていま
す。石鎚山組がもう下山にかかっていると言うので、こちらも急いで下
山しました。それでも、行きに眼を付けておいた“ハリギリ”を採ること
だけは忘れませんでした。

8:52南登山口、9:53桑瀬峠、10:55寒風山、12:25笹ヶ峰、14:20寒風山、15:03桑瀬峠、15:40南登山口  ...

北アルプス:白馬鑓温泉、スキー&徒歩  2015.5.9-10

所属山岳会のGWお疲れ直し女子限定山行を企画しました。過去 20155910__030
2回は山スキー限定だったのですが、今年は歩きの人も誘いました20155910__067
。総勢11名。時々小雨が降るのに、異様に暑い日です。スキー組
と歩き組、前後して歩きます。登りは歩きの方が直登できるので早
い。下りは滑り降りるのでスキーの方が早い。温泉付近は雪が少
なく、石垣が出ていました。お天気が良くないので、登山者も無く、
温泉は貸切り、持参の水着が必要なかったくらいでした。とりあえ  20155910__075
ず、水着に着替えて、湯船に浸かり、ビールで乾杯!雨が降り出し、                                       
外宴会はできませんでしたが、星空の下の野天風呂は最高でし 20155910__099た。
夜半、雨、風が強まり、気がついたら着替えテントが飛ばされて無く
なっていました。翌朝、雨は止んだものの風は収まらず、鑓が岳山
頂はパス!のんびり温泉に浸かってから下山しました。この女子会
は毎年恒例になりそう!

 9日 8:05猿倉、10:05小日向のコル、12:15鑓温泉(泊)
10日 8;25鑓温泉、9:45小日向のコル、10:40猿倉  ...........

2015年5月 6日 (水)

GW:南会津縦走(会津朝日岳~丸山岳~窓明山)  2015.5.2-5

GWはぶな林を求めて、最近通い詰めている、南会津の縦走へ。 2015525_024
リーダーの都合で朝の出発となり、歩き出しは昼過ぎになりまし
た。朝日岳はここ2年、林道が崩れて登山禁止でした。今年から 2015525_083
登れるようになったのですが、まだ、山開き前!登山口手前500
mに駐車して歩きました。「イワナの里」廃墟と化して放置車もあ
りました。赤倉沢沿いに歩きます。時々、雪崩のデブリもあります
が、新緑が始まり、青空にまぶしいくらいです。急な斜面をアイゼ
ンで慎重に登り、「叶の高手」の先で、初日終了。翌日が大変!  2015525_127
朝日岳まではルンルンだったのですが、その後、“地獄”のような
激藪漕ぎが待っていました。この日の行動時間11時間の内、9時 2015525_145
間が藪の中でした。2回、ほんのちょっと雪に乗り、その時に仲間
が作ってくれた“氷あずき”が美味しかったのなんのって!それ以
外はひたすら我慢!擦り傷!打撲!筋肉痛!やっとテントが張れ
そうな雪の上に出た時には4人とも疲労困憊!食欲も無く、テント
の中でひたすらお茶を飲んでいました。(水分不足!)さあ、翌日  2015525_172_2
からは“天国”の始まりです。ルンルンで展望も良く、行程もはかど
ります。でも、長い!昨日の遅れを取り戻し切れず、「坪入山」手前2015525_295
で沈没!夜は暴風雨となり、テント内はビショビショ!最終日で助
かりました。朝、雨風は止みましたが、視界が悪い!最初のナイフ
リッジを慎重に下り、登り返します。そして、最後の最後にまたまた
藪!でも、10分で坪入山山頂に着きました。リーダー自作の標識
を樹に括り付け、2月に登った「窓明山」に向かいました。これが、
見た目以上に遠かった!山頂直下は不安定な雪面。1人づつ、間 2015525_348
隔を開けて、おっかなびっくり登りました。ところが、誰かが外したの                                        2015525_352
か?2月に山頂に付けた赤布は見当たりませんでした。ここからは
勝手知ったる?窓明山!のはずだったのですが、ルートを外し、藪
漕ぎトラバース。雪から夏道に入るところでの失敗でした。この後は
雪と夏道を交互に歩き新緑の山を堪能しました。登山道脇には
イワウチワの群落、タムシバ、ムラサキヤシオ、そして、コシアブラ
まで。朝方と打って変って、雲1つ無い青空の下での下山でした。

2日 12:20イワナの里、12:27会津朝日岳登山口、16:05叶の高手、16:10テント(泊)
3日 5:55テント、6:20避難小屋、7:20会津朝日岳、13:45大幽朝日岳、16:45テント(泊)
4日 5:20テント、7:10丸山岳、9:35梵天岳、11:30高幽山、15:00テント(泊)
5日 6:30テント、7:00坪入山、9:00窓明山、11:43巽沢山、12:30窓明登山口  ....

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »