« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月27日 (月)

北アルプス:針ノ木雪渓スキー  2015.4.26

2年前の3月、「黒部横断スキー」で登っただけだった、針ノ木雪渓、2015426__006
今回は滑ります。扇沢バスターミナルからいきなりシールで歩けま
す。堰堤を3つ越すと、大沢小屋。4-5張のテントがあります。そ 2015426__029
の先から雪渓に下ります。この先は広~い雪面です。気温が高い
ので時々吹いてくる風が心地よいくらいです。先を見ると、かなりの
登山者が列をなしています。でも、大半の登山者、スキーヤーはマ
ヤクボ沢へ。針ノ木雪渓はこの先、急になる為、ここでアイゼンに替
えて登りました。針ノ木峠はポカポカで春を通り越して夏のよう!相 2015426__036
棒は針ノ木谷を滑りたい、と言って滑って行きました。私は登り返し
が嫌なので、小屋の前のベンチでお昼寝タイム!相棒が戻って来 2015426__056
た所で滑り出します。5-6人のスキーヤーが「大沢」を滑る、と言っ
て蓮華岳に登って行きました。私たちは針ノ木雪渓です。傾斜もほ
どほどにあり、雪も緩んできて超快適です。でも、長いコースなので
時々、立ち止まって深呼吸!相棒を追いかけて必死で滑ったので
腿パンパン!登りが無ければ最高なんだけどな~(笑)

5:30扇沢、6:35大沢小屋、10:0511:45針ノ木峠、12:25扇沢  ..

中央アルプス:三ノ沢岳スキー  2015.4.25

快晴の千畳敷から極楽平へシールで登ります。雪が硬くてちょっと 2015425_018
スキーがずれます。30分強で極楽平!あららら~!雪少ない!っ2015425_012
ていうか、稜線は雪、全くありません。伊那川に雪が繋がってそう
所まで板を担いで歩きます。三ノ沢岳分岐から何とか滑り込みまし
たが、5分も滑ったら、・・・水音が聞こえます。ここより下へは滑れ
ません。上を見ると、三ノ沢岳に向かってトラバースしている人が見
えます。凄い傾斜でとても歩くも滑るも出来なそうでしたが、近づい
てみると大したことない!山頂は行かないと思い、途中のコルでシ 2015425_028
ールをはがし、アイゼンも外した私はツボ足で山頂に向かいました2015425_063
が氷っていました。「どうせ戻ってくるから」と、スキーをデポして山
頂へ行ったため、 山頂すぐから滑ろうとしていた相棒に叱られてし
まいました!でも、目の前の斜面を一滑り!雪が良くて快適でした。
登り返して、翌日の「針ノ木雪渓スキー」の為、信濃大町に移動しま
した。相棒、「次回はテント持ってこよ~!」だって!

8:50千畳敷、9:27極楽平、12:00三ノ沢岳、14:48極楽平、14:55千畳敷  ..

2015年4月23日 (木)

鳴神山と栗生山  2015.4.22

2015422_074西上州のアカヤシオはまだ蕾との情報で、16日に咲いていたと言う 2015422_029
「鳴神山」に変更!一昨年、同山岳会の人に教えていただいた尾根
コースをたどることに。まず、登山口を間違えました!次に、尾根 に                                        
取り付くのに早くに取り付き過ぎ、かなりの急斜面!登山道じゃあな
いので仕方ないけど、みんな、落ちなくて良かった!見覚えのある痩
せ尾根の岩稜帯になると、イワカガミの葉が目立ってきます。一昨年 2015422_034_2
は白い花がたくさんついていましたが、今はまだ早いのです。その辺                           
りからアカヤシオが見えだしました。相変わらず、濃い色や薄い色が                                        2015422_040_2
あります。ちょうど見頃のようです。山頂にも大きな株があります。                                        
下山は一般ルート。沢沿いでヤシオは全くありません。それでも、エ
イザンスミレ、ニリンソウ、ワチガイソウなどが咲いています。今日は
2座目の「栗生山」にも登る予定。スタートしてバス停まで来ると、同
会のT氏がバス待ちをしていました。強引に誘って「栗生山」へ。この
山は急登の連続!杉林を抜けると、グルリがアカヤシオの山頂に飛
び出しました。「水沼温泉」は誕生月だったので半額300円でした!

10:15登山口、12:45仁田山岳、12:55-13:15桐生山、14:25登山口  ...
15:20石鳥居、15:25栗生神社、16:12栗生山、16:45栗生神社、16:50石鳥居  ....

南アルプス前衛:日向山  2015.4.21

朝方までの雨が止み、ミツバツツジに見送られながら登り始めま2015421_010 
した。スミレの花もカラマツの芽吹きもまだです。山頂が近づくと 
以前草地だったところが砂地になっています。なんだか異様な景2015421_044
色です。山頂は貸切り!雲が低く、甲斐駒が岳も八ヶ岳も見えま
せん。でも、雨でないだけ感謝しないとね!帰りは「サントリー白
州」で工場見学。最後にウイスキーの試飲をしました。ハイボー
ル、水割り、ストレート。どれも、薄くて味が良く分かりませんでし
た!

9:40矢立石、11:23三角点、11:30-12:15日向山、13:30矢立石  ........

2015年4月20日 (月)

南会津:横山  2015.4.18-19

先月、小白森山の帰りに取り付きの偵察をした「横山」に行ってき 201541819_012
ました。当初は「横山~神籠ヶ岳」を考えていましたが、今回はゆ
っくり、のんびりぶな林を楽しもう!と言う事で、「横山」のみにしま201541819_031
した。茂峨沢の左岸の林道から茂峨沢を渡り、右岸尾根へ。4月
も半ばを過ぎると下の方は雪が消え、藪が出ています。それでも
1000m付近からは快適な雪山歩きになります。ツリーホールを
覗くと、積雪は1~2mあります。稜線手前のコルにテント、と思っ
たのですが、風が強く、尾根の少し南にある「1313ピーク」の眺  201541819_091
望の良い所に張り、コルのぶな林にお散歩に行きました。巨木が
多く、風が無かったら最高のテント場です。テントに戻り、焚き火を201541819_121
しようと思ったのですが、風が強く、かなり頑張ったのですが、無 
理でした。翌朝、無精して、テントの中から日の出を見て出発!稜
線にザックを置いて空身で「横山」をピストン。だら~っとした雪道
を15分で山頂。標識が無いのではっきりしませんが、倒木に赤布
が付いているところが山頂だと思います。戻って北に向かいます。 201541819_141
稜線上は雪が崩れて藪が出ているところもあり、笹薮漕ぎで大変
です。今日は茂峨沢の右岸尾根を下りることにしました。概ね、傾201541819_150
斜の緩い尾根道です。南側はかなり急なのですが、1100m付近
の下りられそうなところを選んで、藪を掴んだり、ピッケルを付いた
りしながら地図には出ていない仕事道をジグザグに下り、林道に
出ました。途中、フキノトウを摘んだり、車道脇のカタクリやアズマ
イチゲ、ミズバショウの撮影をしたり。下界はすっかり春ですね!

18日 8:30駐車スペース、8:45林道入り口、12:30 1313ピーク(テント)
19日 5:55テント、6:35横山山頂、7:15 1325ピーク、9:30茂峨沢左岸林道、10:00車戻り  ..

2015年4月17日 (金)

南会津:大戸沢岳スキー  2015.4.12

テントを持って谷川方面へ行く予定でした。ところが、土曜日が悪  201541112_011
天予報!なかなか行けなかった「大戸沢岳」に行ってきました。
閉鎖中の「窓明の湯」の軒下にテントを張って前泊。登山口の駐
車スペースが少ないのと登りが長いのとで、早朝に出発。目の前 20150412_11
の尾根に取り付きました。いきなり急登!おまけに雪が切れてい
るところもあります。とにかく暑い!日焼けを気にしながらもTシャ
ツ1枚で登りました。徐々にシール&クトーではきつくなり、板を背
負いました。1300mあたりからは傾斜も緩み、ブナの疎林となり、
テント張り放題が続きます。真っ新な最後の登りをこなすと間もな
く山頂でした。目の前には尾瀬の「燧ヶ岳」。ちょっと戻って滑りま
す。傾斜は強いけどザラメ雪なので快適に滑れます。あっという間
に国道着!標高差1200m、腿がパンパンでした!

6:20登り口、11:42-11:52大戸沢岳、12:00-12:35肩(滑り出し)、13:00登り口  ...

2015年4月 5日 (日)

鍋倉山スキー  2015.4.4

天気予報に翻弄され、中止になりかけた週末の、山行。蓋を開け 2015445_019
てみたら、快晴の中、重い雪ながら、楽しく滑れました。       2015445_016
恒例?の「芋煮会」。今年は「鍋倉山」。“鍋倉高原森の家”のコテ
ージを4棟借り、参加者20人。山スキー組13人、歩き組7名。3組
に別れてバラバラのルートから山頂へ。歩き組が1番乗りでマイチ
ームは最後に登頂!強風ながら春近しの暖かい山頂に20名、元
気に集合しました。以後はまたまたバラバラに下山!マイチームは Dsc03079
まず、“巨木の谷”に滑り込み、1度左岸尾根に登り返して右岸尾根
を滑りました。雪が重く、疲れるスキーでしたが、最後の斜面は快適
に滑れました。今回の収穫は巨木の“森太郎”が特定できたこと。そ
の後「湯滝温泉」で汗を流し、芋煮、卵焼き、サラダ、木の芽和え等
で賑やかに宴会!幹事さん、ご苦労様でした!あっ、私も、幹事(笑)

7:40温井集落、10:30-10:40鍋倉山山頂、12:50温井集落  ....................

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »