« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月24日 (火)

谷川岳:爼嵓山稜(川棚の頭手前まで)  2015.2.21-22

3月に予定していた「俎嵓」、急遽、行ってきました。でも、敗退でし201522122_074
た。某氏の「ちょっと長いけど、阿能川岳まで何にもないから」と言
う言葉に騙され、長大な尾根を辿ってしまいました!春のような暖 201522122_076
かな中、どんどんと雪が重くなり、ワカンに雪の団子が付き、重くて
ラッセルがはかどりません。ザックを置いて空身になっても時間が
かかります。岩峰を巻いて攀じ登り、阿能川岳に着いたところで時
切れ!少し下った樹林の中にテントを張りました。翌日は前線通
過の予報でしたが、確認すると、この地域は15時まで大丈夫そう!201522122_115
“11時、オジカ沢の頭”を目標にヘッデンで出発。でも、早々に、
空身でのラッセルとなり、小出俣山の分岐に着いた時には予定の
倍の時間がかかっていました。それでも、頑張って先に進みました 201522122_132
が徐々に天気が崩れ、本谷の頭を越えると完全なホワイトアウトに
なってしまいました。これからが俎嵓の核心部!おまけに、このま
までは11時にオジカ沢の頭は不可能!引き返すことにしました。
そして、またまた長~い、長~い尾根をひたすらワカンで歩き、かろ
うじて日暮れ前に車に戻ることが出来ました。来年、再リベンジ?

21日 6:10道の駅「水紀行館」、6:35水上寺、14:30阿能川岳、15:15テント
22日 4:50テント、6:45小出俣山分岐、8:30本谷の頭、9:00引き返し、13:10阿能川岳、17:00水上寺、
    17:20道の駅「水紀行館」  ....
                                          

2015年2月16日 (月)

妙高:赤倉温泉山スキー  2015.2.14-15

所属山岳会の方の所有のリゾートマンション。ここ数年、山スキー  201521415_015
の時に泊めていただきました。しかし、今年で最後になるかも、と 
言う事で行ってきました。ところが、この週末は新潟方面は大雪 201521_2
警報が発令されていました!案の定、土日とも、朝起きると、積
雪50センチ、車の雪おろしだけで疲れてしまいます。スキーは?
っと言うと、ほとんど「ラッセル練習」のようなもの。シールを剥い
でも全く滑らない!下りもラッセルしてるよう!登りのトレースを
使って何とかゲレンデトップまで下りてきました。黒姫山も妙高前
山も1.5時間登っただけ!あぁ~ぁ!くたびれ儲け!   ..........

2015年2月11日 (水)

大峰(楢の木尾根)  2015.2.11

松姫トンネルが開通していると言う。偵察を兼ねて、その近くを 20150211_d_020
歩きに行った。エアリアには虫メガネでしか見えないような薄い
破線がある。小金沢公園に車を停めるといきなりの急登!軽く 
積もった雪の下はザレ,ガレ、枯れ枝!歩きにくいことこの上
無い。急登は階段状に続く。まだまだ続く!、ふくらはぎが突っ
張る!山頂直下は、“これでもかぁ~?”って言う、胸突き八丁。
そして、ご褒美のように見せてくれた富士山。頑張った甲斐
はあったけど、できれば、もっとドカ~ンと見せて欲しいかった
な~!帰りはその急坂を、慎重に、慎重に、へっぴり腰で。登
りで落としたスノーシャットは結局見つかりませんでした!

9:00小金沢公園、12:35-12:55大峰、15:00小金沢公園  ..

2015年2月 9日 (月)

南会津:家向山~窓明山  2015.2.7-8

厳冬期なのに「春山ジョイ」でした。南会津は道路の雪壁が2mに _105
なっています。駐車スペースが無く、仕方なく、「窓明の湯」に駐車。                                       _128
一昨年の秋に下りてきた尾根から歩き始めます。いきなりワカンで
す。真っ新な雪原に1本のトレースが出来ます。急登を抜けるとル
ンルンのブナ林になります。木の間隔も程よくあり、山スキーでも
快適そうです。テント敵地も選り取り見取り!予想外の快晴にメン                            
バーの顔も緩みます。明日は悪天予報!家向山は初日にピストン  _131
しました。標識は雪の下らしく、登頂証拠に赤布を残してきました。 
引き返して下ったコルが本日の宿!外宴会・・・って、乾杯した途端_239_2
に冷えてきて、テントに逃げ込みました。ちょっと寝坊した翌朝、夜
中の強風も止み、意外にも良い天気!軽荷で「窓明山」を目指しま
す。ぶな林を抜けると無木立の山が広がります。秋には笹に覆わ
れていましたが、今はすべてが数メートルの雪の下です。山頂は広
~くて野球も出来そうです。360度グルリの山!山!山!ここにも
赤布を残してきました。下山開始と同時にブリザード!急いで駈け
下り、雪~雨に会う前に「窓明の湯」でマッタリ!塩原でイチゴ狩り
して帰りました。イチゴ100個はかなり苦しかった(笑)

7日 8:15窓明けの湯、10:15巽沢山、13:35家向山、14:15テント(1420mのコル)
8日 6:40テント、8:35窓明山、9:25-50テント撤収、11:00巽沢山、11:55窓明の湯  ....

2015年2月 2日 (月)

丹沢大山  2015.2.1

丹沢は我が家からはアプローチが悪く、あまり足が向きません。 _014
「大山」も20年ぶりです。車窓から見た大山は結構、雪が着いて
います。嫌な予感がしました!春のような暖かな日差しの中を歩 Dsc00509
きます。ジグザグについた登山道を進むと見晴らし台手前から
雪が出てきました。予感的中!その先はグッチャグチャの泥んこ
道です。できるだけ端の方の乾いたところを歩きますが泥の水た
まりもあり、時間がかかりました。Hさんがワイン2本を背負い上
げてくれて大感激!山頂で1か月遅れの新年会となりました。そし
て、下りの道は登りと打って変り、テカテカ、ツルツル!ちょっと怖い
!ワンポイント、アイゼンのお世話になった人もいました。そして、延
々と続く、階段には、もう、参った~!でした。

9:40日向薬師、12:55-13:40大山山頂、15:07大山寺、16:00バス停  ..........

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »