« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月25日 (木)

南アルプス:田代~小無間山  2014.12.29-31

年末年始、大縦走の計画を立てました。ところが・・・         2014122931_018
前夜、静岡のビジネスホテル(泊)翌日、午前中は☂予報なので  2014122931_030
ゆっくり目に田代へ。駐車場のトイレ前で雨が上がるのを待って
出発。樹林帯なので上から雨のしずくがポタり、ポタり。本日は
途中の避難小屋までの予定なのですが、調子が悪い!クリスマ
ス頃に引いた風邪を引きずっています。みんなが共同装備を持
ってくれて何とか小屋には辿り着きました。でも、食欲無し!お酒  2014122931_032
も飲みたくない!翌日は前日以上の急登!ガレの縁にはフィック
スロープ。夏時間の2倍かかってやっと、小無間山!で、ここで御
終い!みんなにはとっても悪いことをしてしまいました。避難小屋に
戻って、大晦日、早々に帰ってきました!ガックリ!

29日 10:20田代、10:30諏訪神社、15:30小無間避難小屋(泊)
30日  6:00避難小屋、10:20-35小無間山、13:20避難小屋(泊)
31日  7:00避難小屋、8:50諏訪神社、9:00田代  ....

忘年ハイク:関八州見晴台  2014.12.23

今年の忘年ハイクは27名と大盛況でした。運営委員長のMさん20141223_001_2
新人のTTさんも参加してくれました。そして、昨年、MMさんと共に、 20141223_002_2
傘寿を迎えたKさんも参加、1年遅れのお祝い会も兼ねました。山
頂から少し下の林道の脇広場で宴会!今年も恒例のおでん、パエ
リア、お汁粉、それに差し入れのスイーツと甘酒で盛り上がりました。
宴会後、酔った足で山頂へ。お天気も良く、まさに、関八州が見晴ら
せました。

9:40 西吾野駅、11:30-13:00宴会、13:20関八州見晴台、15:45西吾野駅  ...........................

家の串東尾根(1840mまで)  2014.12.20-21

粕汁&ラッセル山行として選んだのが上州武尊山。当初、北面の 2014122021_049
須原尾根を予定していたが午後からの天気の崩れ等を考慮し、東
面の家の串東尾根に変更した。この尾根は以前から気になっていた
尾根、私にとってはラッキーだった。しかし、林道からいきなりワカン 2014122021_077
ラッセル!1840m付近の小ピークまでとなってしまった。初日はガ
スっていて見えなかった稜線の山々も翌日は快晴となり、前武尊山
から剣ヶ峰、家の串山、本峰、とくっきり見渡せました。背後には日
光白根山や尾瀬の至仏山が見え、富士山も見えました。ゆったりし
て素敵なぶな林の尾根、次回は稜線まで行きたいな~

20日 7:50武尊牧場スキー場、8:10西俣沢林道入り口、13:10テント(1500m付近)
21日 7:20テント、10:50-11:05引き返す(1840m付近)、14:00武尊牧場スキー場
....

2014年12月18日 (木)

南アルプス:笹山(黒河内岳)  2014.12.13-14

正月山行の訓練を兼ねた山行です。前夜は道の駅「とよとみ」  2014121314_0612014121314_050
裏口にテントを張りました。奈良田湖の駐車場には“落石の危険 
があるので駐車禁止”と書いてあります。吊り橋を渡り、対岸の
雪の無い登山口からスタート。いきなりの急登をジグザグに登る
と少し傾斜が緩み、アセビのトンネルとなります。今日は標高差
1400mを登ります。なかなか雪が現れず、敗退か?と思いまし
たが、1500m付近からは完全な雪山になりました。急登!急登 2014121314_0672014121314_063
!の末、台地となった2256m付近で本日は終了!パラパラと雪 
の降る中、14時から5時間も宴会をしてしまいました。よく朝、山
頂に向かいます。相変わらずの急登の上、雪が深くなり、概ね、
膝上~腿のラッセルです。ワカンを車に置いて来たのが悔やまれ
ます。私は、と言えば、二人がラッセルする後ろを付いて行くだけ
!稜線付近は霧氷がビッシリ!最後の胸突き八丁をこなすと山 2014121314_071
頂でした。南アルプスの北部も南部も雲の中!なぜか、私たちの
いる笹山付近のみが青空です。でも、風が冷たく、さっさと下山し
ました。急な斜面をへっぴり腰で下ってテント撤収!その頃には
富士山にも雲がかかりました。奈良田湖まで標高差1400mの
下り!頑張って2時間で下り、「ヘルシー美里」の湯に浸かって帰
京しました。

13日 7:50奈良田湖、8:10笹山登山口、13:10標高2256m(テント)
14日 6:40テント、9:35笹山山頂、10:50-11:25テント撤収、13:25奈良田湖  ...

2014年12月17日 (水)

七面山~八絋嶺~梅が島温泉  2014.12.10-11

車の回収を考えるとなかなか足の向かなかった縦走ルートです。 2014121011__050
七面山だけは3月に2度登っていますがいつも表参道からでした。
今回は北側の裏参道から登りました。秋頃でしたら紅葉が美しい 2014121011__063
であろう裏参道(北参道)も12月のこの時期は木々もすっかり葉
を落とし、1500m付近から雪道となり、長い霜柱が出来ています。
今日の宿泊は敬慎院の宿坊です。春秋のお彼岸にお寺の前のご
来迎所に立つと、富士山の頭からの日の出が拝めます。宿坊で
はお坊さんと一緒にお勤めをし、名物のロール布団で寝ます。部 2014121011__079_2
屋の端から端まで1枚の長~い布団です。でも、昔よりは短いロ 
ールになっていました。翌日は朝から☂。でも、梅が島温泉へは
行きたい!雨具を着こみ、傘をさして、ただただ歩き続けました。
景色も見えず、休憩すると冷えてくるので、ただ、黙々と歩くのみ。
頑張ったご褒美の梅が島温泉はとっても良い湯で、冷えた身体を
癒してくれました。

10日 10:05登山口、12:05大トチノキ、14:20奥ノ院、14:50ご来迎所、15:00敬慎院(泊)
11日 7:25敬慎院、8:30七面山、9:00希望峰、12:15八絋嶺、14:40梅が島温泉  ...

2014年12月 8日 (月)

日光:温泉ヶ岳  2014.12.7

数年前から雪の時に、と狙っていた山です。今回は「根名草山」  2014127_012
までを予定していました。が、いきなり、大雪!金精トンネル前は
凄まじいブリザード!なのに、同行者たちは準備を始めます。
「ホントに、行くの~?仕方が無い、行くか~!」。歩き出しから膝
ラッセルです。吹き溜まりは胸まで嵌ります。風が強く、嘗めて目  2014127_043
出帽を持ってこなかった私はほっぺたが凍傷になりそう!雪はま
だ締まっていないので木の根や階段につまずき、何度も転びます。
トラバースでは足元が崩れて滑り落ちそうになります。一瞬、青空
が覗いたものの、それは思わせぶり!オーバー手袋も雨具もバリ
バリ!指が凍傷になりそうです。まあ、シーズン始め、いきなりの
大雪!しばらく身体が忘れていた冬山の洗礼を受け、結局、「根
名草山」には届きませんでした!

7:30駐車場,8:17金精峠、10:05温泉ヶ岳、11:50-12:05念仏平避難小屋、14:20駐車場  ...

2014年12月 1日 (月)

雪山初め:尾瀬・燧ケ岳  2014.11.30

桧枝岐のお気に入りの民宿に泊まりたくて計画したのですが、その 20141130_031
宿が休業中!急遽、別の宿に。そこに、1泊2日で縦走予定だった
女性2人と宴会のみ参加のご夫婦が合流、郷土料理に舌鼓! 20141130_046   
そして、翌日、快晴の尾瀬へ。雪の時期は山スキーでしか登って
無いので登山口がわからず、ウロウロ。雪の着いた木道からスター
ト。沢登り並みに登山道が川状態の所もあります。広沢田代は池塘
が氷っていて、メンバーの一人が乗って遊んでいます。熊沢田代か                            
らは徐々に雪が増え、ラッセルとなります。凄いモナカ雪で、踏み込                                        
むのが大変!膝の悪い私は役に立たず、みんなが頑張ってくれま20141130_071
した。スーッと青空だったのに、山頂に着くとガスがかかり、至仏山も                                        20141130_058
尾瀬ヶ原も霞んでいます。午後からは悪天予報が出ている為、早々
に山頂を後にしました。メンバーの1人は燧ケ岳、初登頂でした。下
りは早い!どんどん下って,「燧の湯」に浸かり、ゆっくり帰京できま
した。

7:25駐車場、8:30広沢田代、9:30熊沢田代、11:40-11:45燧ケ岳、14:30駐車場  ....
                                  

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »