« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月24日 (水)

葛根田川~関東沢~大深沢東の又沢  2014.9.20-23

2度目、9年ぶりの葛根田川です。先回は☂☂☂だったのですが、 201492023_012
今回は☀☀☀☀でした!滝の上温泉の駐車場で、知り合いとバッ
タリ!あちらも葛根田川の遡行でした。先回は葛根田川名物「御 201492023_032
函」でボッチャンしたのですが、今回はすんなり遡行できました。
初日は滝の又沢手前でテント。大漁を期待していたイワナは一人
一匹の塩焼きのみ。でも、焚き火が良く燃えてくれたので良しとし
ましょう!翌日は笹薮を漕いで登山道から八瀬森山荘へ。そして、
山荘の裏から湿原を下り、関東沢へ。先頭が釣堀状態、と言うの
で期待していたイワナはその日、ボウズ!実は地図読みを間違え、201492023_043
東の又沢出合を通過、大深沢の本流まで下っていたのでした!
(それがわかったのは翌日のことでした!)朝、現在地が確定でき
ず、関東沢を戻ることにしたのです。関東沢左俣に入ったつもりが 201492023_069
???そこは、東の又沢だったのです。先回、直登を嫌い、泥壁を
ロープを出してトラバースした大滝はロープも使わず、簡単に登れ
ました。ヤバイ高巻もありましたが、最後は大笹藪を漕いで登山道
へ。稜線はしっかり紅葉になっていました。三石山を越すあたりか
らヘッデンに。(膝と足首が痛くて一人、遅れてしまいました!)
快適な避難小屋は満員!水場は水涸れ!踏んだり蹴ったり!テ 201492023_155
ラスにテントを張ったところに、数名の登山者が水を分けてくれま
した。ほんと、助かりました!東の又沢で釣ったイワナは焚火が出201492023_195
来ないのでムニエルにしました。これも、とっても美味でした。翌日
は膝の痛みでビッコを引きながら、最後部からゆっくりゆっくり下り
ました。滝の上温泉は白濁したラジウム温泉、ひなびた秘湯と言う
感じでゆったり汗を流せました。

20日  8:25滝ノ上温泉、8:57入渓、11:25中の又沢出合、
     14:00滝の又沢出合手前(テント)
21日  6:50テント、7:00滝の又沢出合、10:30登山道、11:02八瀬森山荘、12:30関東沢出合、
     13:50東の又沢出合、15:10障子倉沢出合下(テント)
22日  7:20テント、8:30東の又沢出合、10:00大滝、15:00登山道、17:38三ツ石山、18:15三ツ石山荘(テント)
23日  7:00三ツ石山荘、9:15登山口、9:30滝ノ上温泉  ....

2014年9月16日 (火)

北アルプス:剣岳源次郎尾根  2014.9.13-15

連休の3日間、☀予報!昔、4月の残雪期に登った源次郎尾根。 201491315_032
雪の無い時はどんなかな?観光客と登山者でごった返す室堂を
後に雷鳥坂を登ります。でも、ここも行列!室堂乗越も剣沢キャン 201491315_047
プ場も人!人!人!昔馴染みの山田ガイドを見つけ、合流して宴
会。そして、夕食のてんぷらを揚げていたら、いきなり、夕立!あ
わててテントの中に逃げ込みました!
そして、いよいよ、登攀の日!ラッキー!快晴です。ちょっとなめ
て5時に出発!と、取り付いた途端に渋滞です。フィックスロープ                             201491315_063
があるのに登れないって?人のことは言えませんでした!私も登
れず、引っ張ってもらいました!だって~、岩も靴底も濡れてるん 201491315_072
だもの~!ホッとしたのもつかの間、4組前で滑落事故!救出作
業中で1時間待ち!次々登ってくるけど立つ場所もありません。待
ちきれない3組は右のガレたルンゼから登って行きました。その後
は慎重に登れば難しくはありません。ハイマツを掻き分けたり、落
石の落ちそうなガレ岩を登ったり。私はゼイゼイ、ヨタヨタしてるの 201491315_086
に休憩無しで登ります。Ⅱ峰の懸垂渋滞が予想される為です。先
行を次々に抜き去ったので、Ⅱ峰では1組が懸垂の準備をしてい 201491315_092
るのみ。その後、どんどんと数珠つなぎに順番待ちの列ができまし
た!懸垂下降を終えると後は山頂をめざして登るだけ。落石を落
とさないように慎重に!山頂の新しい祠の前では、登山者たちが
木彫の素敵な看板を手に、次々に記念撮影をしています。私達は
カニのヨコバイ渋滞を考え、休憩もそこそこに、下山にかかりました。201491315_105
ヨコバイは思った通り、1時間待ち!そして通過に30分。後続はい
つ小屋に戻れるのでしょう!私達は今日も山田ガイドPと軽く宴会201491315_121
。この夜は久しぶりに満天の星と天の川が見れました。
翌日は高速道路の渋滞を懸念し、朝食を抜いて早々に帰京しました。

13日 8:50室堂、11:10室堂乗越、11:40剣沢(テント)
14日 5:05剣沢、6:00源次郎尾根取付、10:20-11:10懸垂点、
    12:05-12:15剣岳山頂、12:25-13:45カニのヨコバイ、
    15:05一服剣、16:00剣沢(テント)
15日 5:25剣沢、6:07室堂乗越、8:00室堂バスターミナル  ...

富士山5合目:キノコ狩りハイク  2014.9.12

富士山にキノコが出るのですね!山小屋のご主人がきちんと選別 2014912_016
してくれるので、死んじゃうことはありません。収穫したキノコはほと 2014912_026
んど食べられないキノコと思っていました。でも、ほとんど、食べられ
るものでした。まあ、毒ではないと言うだけで、美味しいかどうかは
疑問です。でも、ハナイグチは美味しいはずです。タマゴダケもあっ
たのですが、私には採ることが出来ませんでした!残念!

....................

2014年9月10日 (水)

船形山塊:大倉川金吹沢~笹木沢  2014.9.6-7

美渓で有名な笹木沢に行ってきました!東京から車で6時間、登山口 2014967_044
手前の柳沢小屋へ。小屋は貸切!登山口では5人Pがテントで泊
っていましたが、鬼口沢から入渓とか。1時間ほど登山道を行き、
小尾根を乗越して金吹沢を下降します。易しい沢で,下降向き。で2014967_052_3
も、最後の滝が下れず、髙巻いたのですが、ルーファイに失敗!
大倉川本流の鬼口沢に下りてしまいました。鬼口沢もこの辺りは
滝もありません。横を歩いても動かないイワナを一匹、Get!笹木 
沢出合前のゴルジュの高巻、巻きすぎて出合より上流に下りてし
まいました!この後はイワナを釣りながら、テント場探し。笹を切り 
開いでタープを張りました。イワナは9匹。薪が湿っていましたが  2014967_095_2
何とか燃え上がり、1人一匹の塩焼きと刺身で乾杯!夜半から☂!
話が違うのですが、出発時には上がり、青空となりました。ロープ 2014967_072
を出したりしながら登ると、メインの大滝「鎧滝」。下部はフリーで登
れます。でも、最後の5mは滑りそうなのでロープを出しました。ち
ょっとヒヤッとした場面もありましたが無事全員登り、あとは登れる
滝とぶな林の中のナメ!ナメ!藪漕ぎも無く、水涸れから10mで
登山道に飛び出しました。作並温泉で汗を流して、帰京しました。

6日 6:50登山口、11:00金吹沢出合、12:30笹木沢出合上、15:30テント場
7日 7:30テント場、9:45大滝(鎧滝)、13:10登山道、13:50登山口  .....

2014年9月 4日 (木)

西吾妻山  2014.9.3

グランデコスキー場のゴンドラが点検運休!仕方が無いので  2014923_071
デコ平口から登りました。核心はPスペースまでのダート道!  
従業員の方から「その車じゃあ無理だよ!車、壊れるよ!」って
言われたけど、昔1度通ったことがあるし、一応、4WDだし~。 
まあ、何とかおなかも擦らず、無事にデコ平口に到着!ウメバ  2014923_046
チソウとヨツバヒヨドリが咲き乱れるゲレンデから樹林帯の登山
道へ。相変わらず展望の無い、ゴロゴロ石と泥んこの登山道。
でも、登り切った西大巓は大展望台!なだらかな西吾妻山が
目の前です。時々ガスがかかりますが概ね、快晴。ルンルンで、
展望も無く、質素で拍子抜けの山頂に到着しました。秋真近の
吾妻連峰最高峰。同行のMNさん、100名山はこれで、何座目?

8:45デコ平口、9:20ゴンドラ山頂駅、11:05西大巓、12:05西吾妻山山頂、13:15-25西大巓、15:23デコ平口  ..

磐梯山  2014.9.2

3度目の磐梯山も八方台からの最短コース。『二度あることは三度 2014923_032_2
ある!』またしても天気が悪い!山頂が近づくと雨が降り出してきま
した。暑くて雨具は来たくない!「まだ良いか?まだ良いか?」って2014923_016_3
言っているうちに、土砂降り!雨具を着るのも間に合わず!ザック
カバーも間に合わず!またまた雨とガスの山頂でした!高山植物
を眺める余裕も無く引き返すと、中の湯跡あたりから青空となりまし
た。1度くらいは快晴の山頂に立ってみたいものです。次回は初夏
に咲くと言う、「バンダイクワガタ」を見に、猪苗代登山口から登ろう!

11:20八方台、13:10弘法清水、13:40磐梯山山頂、14:10-14:35弘法清水、15:25中の湯跡、15:50八方台  ..

2014年9月 1日 (月)

北アルプス:針ノ木谷~針ノ木雪渓  2014.8.30-31

三度目の「針ノ木古道」です。雨予報でどうなることか?と心配した201483031_055
 201483031_019_2
のですが、ぱらっと来ただけで、焚き火もバッチリでした。残念だっ
たのは、イワナが見えないのです。釣師の人たちも、釣れない!っ
て言ってました。でも1つの淵で乱舞しているイワナを見かけ、竿を
出しました。尺くらいのがかかったのですが、引き上げに失敗!糸
を切られて逃げられてしまいました!(大ショック!)おまけに、宴会
時間がたっぷりあるのに、お酒が足りませんでした!(大・大ショッ  201483031_083
ク!)翌日は針ノ木峠へ。仲間二人はこの山域は初めて。先に 登っ
て、針ノ木岳をピストンして来てもらいました。私は5回+GWの6201483031_086_2
回山頂を踏んでいるのでパスです。下山のころから視界5メートル!
真っ白な中をどんどん下ります。今年は雪が多かったらしく、途中、
何か所も雪渓を渡りました。怖いようなスノーブリッジもありました。
帰りの中央道が凄い渋滞で、西国分寺駅解散が21時過ぎでした。

30日 8:00黒部ダム、11:05平の小屋、(12時の渡し)、
   13:00南沢出合手前(テント)
31日 6:40テント、8:35船窪分岐、11:23-12:35針ノ木峠、14:10大沢小屋、15:05扇沢  ...

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »