« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月25日 (水)

信越トレイル(涌井~仏が峰)  2014.6.21

所属山岳会に呼びかけた所、21名の参加となりました。私を含め、2014621_009
4名は第1ブロックは歩いています。2班に分けて歩きました。
宿の車で涌井へ。私の場合、何度歩いてもあんまり覚えていませ
ん。いつも新鮮で良いかも、です。長老がバンバン飛ばして歩くの
で追いかけるのに汗だくです。このスピードでは午前中に終わって
しまうので、ワラビ採りを始めました。でも、ここは採取禁止です。2014621_039
トレイルのコースの10m奥は採取OKとかでちょっと奥のワラビを
採りました。頑張って時間をつぶしたのに昼過ぎには仏が峰のス 
キー場トップに到着!ゲレンデの急坂の大藪をスッテンコロリしな
がら、でも、立派なワラビは見逃さず、しっかり採りまくりました!
14:00には宿のハーブ園のベンチで生ビール&イチゴで乾杯!
2時間遅れで到着したA班、毛虫が多くて難儀したとか。今年は
数年ぶりの大量発生だったそうです。

7:45涌井、11:30桂池、12:30仏が峰、13:40宿  ....

鍬ノ峰  2014.6.19

2年前、地元(信濃大町)の方に教えていただいた山です。北アル201461719_151
プスの前衛、展望が良く、遠くから登りに来る人もいるとか。6月に
は、シャクナゲが咲くと言うので行ってみました。登山口は餓鬼岳
登山口の奥です。№18鉄塔までは所々階段があります。この先、
シャクナゲの木はありますがすっかり終わっていて種が出来てい
ます。その先でルートミス!登山道が無い、と思ったら、下の方に201461719_161
有りました。ロープに沿って慎重に下ります。笹薮を掻き分けて、
最後の登りを頑張り、左にトラバースすると、山頂に到着です。貸
切りの山頂は展望良好です。下山を始めて間もなく、登りでは気
が付かなかったシャクナゲがありました。本シャクナゲの赤い花、
とばかり思っていたのですが、ハクサンシャクナゲでした。今が見
頃!必死で藪を掻き分け、カメラを向けました。家に帰り、お風呂
から出ると、腕にササダニが食い込んでいました!身体はほとん
ど腕の中!足だけがピロピロと動いていました!(ギェ~!)

10:48登山口、№18鉄塔、12:25-12:35鍬ノ峰山頂、13:35登山口  ....

飯縄山  2014.6.18

お気に入りのペンションに宿泊する為の、所属山の会恒例の  201461719_091_2
北信登山です。快晴とまではいきませんでしたが梅雨時として
はラッキーな1日でした。南登山道の一の鳥居からスタート。
「一不動」から「十三虚空蔵」まで、石仏が並んでいます。今日
は小学生の集団登山が二組。100人以上の元気な子供たち                       
でとっても賑やかです。好展望の山頂ですが今日はモヤって 
いて向かいの山は下の方しか見えません。レンゲツツジや小
梨(ズミ)の花が咲いていている登山道を瑪瑙山に向かいます。
雪の時しか通ったことのないこの尾根、新緑が綺麗でした。下 201461719_114_2
山の戸隠スキー場ゲレンデではワラビや山ウドが収穫できま
した。

8:40一の鳥居、10:25天狗の硯石、11:45飯縄山山頂、13:35瑪瑙山、
15:00戸隠スキー場P  ..........

2014年6月16日 (月)

餅が瀬川押溜沢  2014.6.14-15

実質、今年の沢始めです。リーダーは鎖骨骨折中でのリハビリ201461415_041_2
 
山行です。日帰りの記録しかなく、果たしてテントを張る場所が
あるのかビクビクでしたが、実際はどこでも張り放題でした。水
量は多いのですが、登れそうにない滝は高巻きすれば、そこそ
 
こ沢慣れしている人でしたら、ロープを使わずに行けます。水の
色も綺麗だし、広葉樹林で新緑がまぶしいくらい!紅葉の頃は
もっと素晴らしいと思います。焚火もし放題!倒木もほとんど無
く、藪漕ぎ1mで登山道に出ます。抜け出た稜線は6月初め頃 201461415_078
にはシロヤシオのトンネルになるでしょう!小丸山山頂から北 
に伸びる尾根から下中手沢を下降。伏流から間もなく水が出て
きます。そして、倒木が多いです。下流に向かうに従い、両岸に
道らしきものが出てきます。最後は右岸を歩くと出合に着きまし
た。押溜沢にはイワナがいるのですが、セシウム問題で、“全面
禁漁”・・・残念!

14日 9:35ゲート、10:40入渓、11:453m滝上テント
15日 7:40テント、11:00登山道、11:30小丸山、12:50下中手沢、14:20本流、14:45ゲート  ...

2014年6月11日 (水)

八ヶ岳南沢と入笠湿原  2014.6.10

今回は山登りではありません。昨年から温めていた、高山植物を 2014610_084
見に行ってきました。本当に見つかるのか半信半疑!でも、咲い
ていました。総丈5センチほどなので、じーっと目を凝らして探しま
す。すると、ポツリポツリ。絶滅危惧種の「ホテイラン」です。とって
も可愛いです。山には登らないので時間が余り、どこか、お花の
見れるところ、と言う事で、10数年ぶりに入笠山に行きました。マ2014610_148
イカー規制でしたが、平日で空いているので、通してくれました。
「おじさん、ありがとー!」どこかに、アツモリソウがあるはずなの
ですが、誰も教えてくれません。盗掘なんかしないのにな~!でも
、山小屋の前に1株ありました。でも、蕾で、残念!その横に、キ
バナノアツモリソウが20株くらい。16年前に北岳で見て以来です
。思いがけずの出会いに大歓迎でした。  ......

2014年6月 9日 (月)

尾瀬ヶ原  2014.6.8

☂☂☂でイワナ&焚き火が中止になった。お花見ハイクなら傘を 201468_027
さしてでも、と思い、日光方面にシロヤシオを見に。ところが・・・・
朝からずう~っと☂。栃木方面は土砂降り!傘をさして、ってレベ
ルではありません。仕方なく、金精峠を通り、尾瀬へ。戸倉のバス
停はガラガラ!静かな尾瀬が楽しめるかな?って、ぬか喜びでし
た。鳩待峠はツアー客でごった返していました!山の鼻への木道
はツアー客をごぼう抜き!見本園の水芭蕉は見頃でしたが、ここ
も雹か霜の影響でしょうか、ガクも葉も傷んでいます。それにして 201468_039
も雪解けの速さには驚かされました。4月末には2m近くあった雪 
がすっかり溶けてしまい、尾瀬ヶ原は一面、お花畑になっています。
最近は山スキーでしか訪れてない尾瀬ですが、また、きま~す!

11:15鳩待峠、12:00-13:35尾瀬ヶ原、14:35鳩待峠  ..

2014年6月 5日 (木)

足尾:田沢奥山  2014.6.3

「田沢奥山」???どこにあるの?そう、この山はエアリアにも地形 201463_024
図にも記載がありません。でも、ネットを検索するとでてくるのです。
アカヤシオの時期、毎年登っている山岳会の男性に案内していた
だき、下見に行ってきました。
林道から尾根に取り付くといきなり急登になります。赤布の類もあり
ません。はっきりした道も無く、松ぼっくりの絨毯を踏みながらなので                                        201463_045
ふくらはぎが攣りそうです。それが延々なので、かなり、辛い!新緑
の中に咲いているのはヤマツツジです。でも、花も蕾も傷んでいます
。どうやら、赤城山と同じで雹にやられたようです。GW頃には一面
アカヤシオ、と言う場所も今は跡形もありません。とりあえず、山頂
へ。展望も無く、ちゃんとした標識も無い、地味な山頂でした。登っ201463_027
尾根は急過ぎるので、引き返して鉄塔から南西に伸びる尾根を下り
ました。この尾根は概ね、ダラダラでした。途中に廃屋と化した、大
きな造林小屋があり、そこから下ると、間もなく林道終点に着きまし
た。せっせと歩いて40分で車に戻れました。来年、迷わずに行ける
か?かなり、疑問です。

 9:30車、9:50尾根取付、13:10鉄塔、13:50田沢奥山山頂、14:20鉄塔、
15:00林道終点、15:40車  ....

2014年6月 2日 (月)

奥多摩:高水三山  2014.6.1

所属山岳会、と言うか、山岳連盟の清掃登山(クリーンハイク)です。201461_009
岩班、沢班、ハイク班に分かれてゴミ拾いをします。私はハイク班で
す。総勢16名。とっても暑い日で歩き出しから汗だくです。この暑さ
では奥多摩の山はそろそろシーズンオフですね。高水山、岩茸石山、
惣岳山と三山を登りました。ファミリーコースなので、小さな子供連れ
の登山者が多くいました。御嶽駅に下山し、ごみ収集場所にごみを
置き、奥多摩駅に移動、岩班、沢班と合流、河原での宴会となりまし
た。

9:40軍畑駅、11:20高水山、11:50岩茸石山、13:00惣岳山、14:30御嶽駅  ................

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »