« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

赤城山:つつじが峰通り~小峰通り  2014.5.30

この時期、シロヤシオが見たいと思い、花好きの方に教えていた 2014530_023
だき、、行ってきました。やっと見つけた、登山口の駐車場!でも、
登山口の看板がありません!看板の無い一般登山道もあるので
すね!最初はヤマツツジが出てきました。続いて、ミツバツツジで 
す。でも、つつじが峰通りと言うほどでも無く、花も終わりかけで美
しくありません。横引き尾根を「銚子の伽藍」方面へ行ってみまし 2014530_057_2
た。シロヤシオ、確かにあるのですが、まだ蕾!と、言うより、蕾の
ままでほとんど落ちています。ちょっと、ガッカリ!戻って、小峰通
りを大猿公園に下山しました。こちらはほとんどがヤマツツジ。部 
分的には素晴らしかったのですが、どちらかと言うと、新緑の方が2014530_061
綺麗でした。下山後、隣に車を停めていた男性が下りて来たのお話を伺いました。「いつもなら、この時期、ヤマツツジとミツバツ
ツジとシロヤシオが一斉に咲いて素晴らしいんだよ!今年は雹にやられちゃったからね~!」。蕾で落ちていたのは雹のせいだったようです。ついでにアカヤシオの穴場も教えていただいたので、来
年が楽しみです。また、来ま~す!

8:20登山口、9:55さねすり岩、10:25銚子の伽藍、10:52茶ノ木畑峠、12:00登山口  .

2014年5月29日 (木)

日留賀岳  2014.5.28

なかなか行けなかった日留賀岳。たまたま、“クマガイソウが見れる”、2014528_012
と言う記事を見かけ、さっそく行ってきました。登山道入口の杉林、奥
の奥まで咲いていました。ちょうど、見頃!そして、全部がこちらを向
いています。「凄い!」しか言いようがありませんでした。これで目的
は果たしたのですが、まあ、せっかくなので、山頂に向かいました。最
初は傾斜も無く、ルンルンだったのですが、大きな登りが2か所、それ
で結構くたびれました!でも、久しぶりに“ササバギンラン”が見れた
し、2月に登った大佐飛山は雲の中だったけど、展望もまあまあだっ
たし、紅葉時にも来てみたい山でした。あとは、残雪期にブナ林の中 2014528_049
にテント、かな?この時期、車を置かせていただいた小山さん宅は特
産の「塩原高原カブ」の出荷期。甘くて柔らかくて、美味しいぬかみそ
漬けが食べられました!

6:40登山口、7:55林道終点、11:05-11:30日留賀岳山頂、14:20登山口  ...

越後:山菜山行  2014.5.24-25

所属山岳会恒例の「山菜山行」に参加しました。今年は雪解けが Dscn0950
遅いようで、雪渓が多く残っています。先回は沢床に下りる前から
山ウド畑だったのですが、その辺りには全く見当たりません!上
流に行くのは無理なので即、テントを張り、袋だけ持って山菜採り
に行きました。コゴミは立派なのが多いのですがすっかり伸びて
います。それでも、雪が消えたばかりの所には食べ時のがあり、
ゲット!山ウドは急斜面をじーっと見上げてから、目がけてよじ登
ります。ほとんどが30センチほどにしか伸びていません。いつも 
より少なめですが、なんとか全員分、収穫できました。そして、調201452425_026
理です。コゴミ、イラクサのお浸し、ウドの黄味酢和え、ウドと鯖の
味噌に炒め、ウドのきんぴら、ウドの春巻、コシアブラごはん、コゴ
ミのペペロンチーノ、山菜天ぷら。翌朝、釣れないと思っていたイ
ワナが1匹だけ釣れ、11人で1切れづつ、味わいました。

...........

2014年5月23日 (金)

水沢山(伊香保)  2014.5.21

朝から雨!家を出るときは土砂降りでした!まあ、「水沢うどんを 2014521_003
食べるだけでも良いか~?」と言う事で、出かけました。関越道を
進むと小降りになってきました。とりあえず、水沢観音にお参り!
「坂東16番札所」、重要文化財の六角堂。でも、みんなはずんだ
入りの温泉まんじゅうの方が魅力かも。当初は水沢観音の奥から
登る予定でしたが、☂が止まず、最短の森林公園から登りました。
登山口への車道の両側はヤマツツジがビッシリ!今まさに見頃
でした。路肩の駐車スペースに車を停め、傘をさして歩きます。道 
が狭いので傘が木に引っ掛かり苦労しますが周りのツツジたちが2014521_014
なぐさめてくれます。歩き始めはヤマツツジ。ちょっと早かったよう
で蕾が多いです。山頂近くになるとミツバツツジです。こちらは満
開から散り始め!地面に落ちた花びらも絨毯のようで素敵です。
展望の良いはずの山頂はガス&強風!急いで集合写真を撮り、
下山しました。温泉は伊香保温泉の「石段の湯」。石段を約100
段登った先にあり、本日1番疲れました!最後にお待ちかねの
「水沢うどん」。シコシコと腰があって美味しいかった~大盛り、食
べちゃいました!

10:20登山口、11:05-11:10水沢山山頂、11:45登山口  ...........
              

2014年5月18日 (日)

武奈ヶ岳  2014.5.15

数年前にキャンセルになった比良山塊の「武奈ヶ岳」。先回は 201451416_098
北側のガリバー村からの予定でしたが、今回は西側の地主神
社から登りました。天気予報がバッチリあたり、歩き出した途端
に☂!でも、しばらくは樹林の中なので傘でOKです。黙々と歩
くのみなのですが、足元の小さなスミレが歓迎してくれています
。タチツボスミレ、フモトスミレ、シハイスミレなどなど。徐々にガ
スがひどくなってきましたが、反って幻想的ですてき~!なんて、
負け惜しみ!ワサビ峠の先からは好展望の稜線歩き、のはず 201451416_122_2
だったのですが、何にも見えません。山頂は風も強く、タッチし
て、即、下山にかかりました。この天気では長居は無用!休憩
無しで一気に車に戻りました。

10:15地主神社、12:35御殿山、12:40ワサビ峠、13:27-13:30武奈ヶ岳山頂、
14:00ワサビ平、15:25地主神社  ...

伊吹山  2014.5.14

4度目の「伊吹山」。まだ花シーズンにはちょっと早かったのですが、 201451416_049
それでも、いろいろ咲いていました!中でも、初めて見たのが、キバ
ナノアマナ、ホソバノアマナ、ボタンネコノメ。ニリンソウの群落には 
感激!夏山のチングルマの群落のようでした。駐車場近くのサンカ 201451416_065
ヨウの群落も遠かったのが残念だったけど、凄い!山は時期をちょ
っとずらしただけでも違う顔で迎えてくれますね。
今回は西登山道から登り、東登山道を下山しました。16年ぶりの東
登山道はしっかり整備され、昔の面影はありませんでした。  201451416_067

11:258合目、12:25-13:00伊吹山山頂、14:00駐車場 ...

2014年5月12日 (月)

北アルプス:白馬鑓温泉スキー  2014.5.10-11

5年ぶりの鑓温泉スキーです。間際に天候が好転し、ルンルンの 201451011_032
2日間でした。前日の雨が山では30センチの降雪だったとか。ち
ょっと雪崩が心配かな?大雪渓は今日は入れないようです。猿倉
は強風です。駐車場でも吹き飛ばされそうなので、先が思いやら
れます。快晴の猿倉台地から小日向のコルへ。暑くて汗が頭から
ボタボタ!ここからはちょっとだけ滑ります。雪が緩んできている
ので重荷でも何とか滑れました。そして、1時間半の登りで温泉に
到着です。温泉は日帰り入浴のスキーヤーで賑わっています。水 201451011_063
着は持ってきているけど、このイモ洗いは勘弁!空くのを待つ間
に稜線まで滑りに行きました。ところが、もう少し、と言うところで物
凄い烈風!飛ばされそうになるは、モナカ雪やガリガリバーンにな
るは。で、そこから滑ることにしました。しばらくはガリガリでしたが
まもなく快適にターンが切れ、あっという間に温泉横のテントに到着
。日帰り組は帰り、いよいよ静かな温泉リゾートの始まりです。水
着に着替え、ビールとスコップを持って、いざ、温泉へ。?スコップ
?(笑)お湯が熱すぎなので、周りの雪を湯船に入れるのです。夜、201451011_095
もう1度、月明りで入ります。そして、翌朝、雪が緩むのを待つ間に
、もう1度!もう、堪りません!来年は“温泉&グルメ”で行こうね!

10日 8:00猿倉、10::00小日向のコル、11:50鑓温泉、
                                   (13:00-15:30稜線付近まで滑りに行く)
11日 7:20鑓温泉、8:30小日向のコル、9:10猿倉  ..

2014年5月 7日 (水)

山スキー:北アルプス・北の俣岳~赤木沢出合スキー  2014.5.2-4

GWの後半は山スキー。北アルプスの最奥、「高天原」で温泉三昧の2014524_046
予定でした。たっぷり日程を取っておいたのに、5月1日までは☂☂。2014524_082
計画を2-6日までの最大4泊としました。道の駅『宙・ドーム・神岡』の
トイレの更衣室で仮眠、暖房付きでしたが換気扇がうるさく、耳栓が欲
しかった!飛越トンネルの4㌔手前に駐車して歩きます。ほとんどはシールで歩けます。トポにはトンネルの右から取りつく、とありますが、
夏の登山道入り口からアイゼンで登りました。尾根に乗るとシールで歩けますがアップダウンが多く、 2014524_045 時間がかかります。このペースでは予定
の赤木沢出合までは無理と判断、初日は北の俣避難小屋までとし
ました。小さな小屋は満杯!少し上に2014_050204_gw_60_6 テントを張りました。
2日目、ガリガリなので、クトーで出発。以前より雪が少なく、
上部はかなりの藪が出ています。稜線もガリガリかと懸念していましたが、ザラメで超快適!重荷も苦にならない。赤木沢に入ると間もなく沢                         の口が開き、髙巻いたり、登り返したり。結局、左の尾根に逃げて出合                          
へ。ところが、黒部川本流は赤木沢同様、スノーブリッジなど全く見 え 2014524_091_2
ません。そのうち、☂が降り出、明後日も☂予報なので雲の平、髙天
原は諦め、黒部川リゾートに切り替え、イワナ釣り!雪上で焚き火2014_050204_gw_106_2
でしてしまった!
3日目、いきなり急登で氷化しています。1段上までアイゼンで登ると、展望も開け、シールで歩けるようになりました。赤木平は素晴
らしい!360度の大展望!鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳。槍ヶ岳まで。
無視して登ってしまうにはもったいない斜面。赤木平にザックをデポし、2回程滑ってから北の俣岳へ登り返しました。稜線は太郎小屋泊りの登
山者やスキーヤーで賑わっています。所属2014_050204_gw_133_2山岳会のメンバー10名も薬師
岳に登っているはず。雷鳥に見送られながら、飛越新道に滑り込み、翌日
の悪天を避け、その日のうちに車に戻りました。
下山後は平湯の『穂高荘倶楽部』泊。温泉付き個室、1900円は安い!
食堂で飛騨牛も食べられますよー。

2日  6:00車、7:00飛越トンネル、13:50北の俣避難小屋(テント)
3日  6:00テント、9:15-25北の俣岳、11:55赤木沢出合(テント)
4日  6:05テント、8:45-11:10赤木平でスキー、12:45北の俣岳、
        13:40北の俣避難小屋、16:45飛越トンネル、17:30車戻り  ..

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »