« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

尾瀬:景鶴山~平が岳  2014.4.26-28

GWの前半、“ゆるゆる山行”のつもりだったのに・・・・       201442628_033       

景鶴山に登山道は無く、平が岳までも、もちろん、夏道の無い、
雪の時期のみに許されたルートです。尾瀬、鳩待峠から山の鼻  201442628_054_2
に下り、踏板の外されたヨッピ橋から景鶴尾根に取り付きます。
登り始めて30分、すぐ左でバーンと音がして冷蔵庫大のブロッ                           
クが雪崩れて行きました。藪をくぐったりしながら登ると広々した
景鶴山の東の肩に出ます。南側が崖となった山頂を藪藪の北
側から巻いて西の肩に出ます。テント100張も張れそうな雪原、201442628_088_3
ここをベースに「平が岳」にアタックのつもりでした。                                   
翌朝5:40、出発。最初のピーク、「大白沢山」は藪藪を越すの 201442628_076_3
に苦労しましたが、その後は長い長い稜線漫歩!雪庇に気を
付けながら一歩一歩。「平が岳」到着はほぼ、予定通りでした。 
山頂の標識は雪の下らしく、証拠写真は単なる雪原の中でした。
帰りが大変!遅くなっても山の鼻まで下りたいと思い、頑張りま
した。大白沢山は北側を巻いているトレースがあり、雪崩や落石 201442628_124_3
に注意しながら通過しました。テントに戻った時にはもう、ヨレヨレ
!でも、山の鼻でビールを飲みたい!急いでテント撤収!核心 
の景鶴山北面トラバースを過ぎ、東の肩からはケイツル沢側を 201442628_108_2
アイゼン団子に気を着けながら、トラバース気味に下ります。尾
瀬ヶ原に出てからが地獄でした!平なのに疲れ切って足が進み
ません。一歩、一歩、と思いながら、何とか夕暮れ前にビールが
飲めました!行動時間13時間弱、なんでこれがゆるゆる山行?

26日  6:45鳩待峠、7:45山の鼻、9:30ヨッピ橋、12:40景鶴山、
    13:20西の肩(テント)
27日  5:40テント、6:45大白沢山、8:15白沢山、9:50-10:10平が岳、10:40白沢山、14:00テント撤収、
    15:05景鶴山、16:10ヨッピ橋、18:30山の鼻(テント)
28日 7:20山の鼻、8:35鳩待峠  ..

2014年4月24日 (木)

奥秩父:両神山(日向大谷コース)  2014.4.23

久しぶりに新緑の奥秩父に行ってきました。両神山にはこの時期、2014423_041 2014423_035
アカヤシオが咲きます。しかし、南岸低気圧で大雪が降った今年、
花は遅れていると言う情報。その通りでした!沢はあちこちスノー
ブリッジになっています。登山道も数か所、雪渓歩きです。いつも
なら登山道脇にびっしり見られるニリンソウもちらりほらりです。で
も、ハシリドコロやコガネネコノメが春を知らせてくれていました。終2014423_050 2014423_052
わりかけのハナネコノメ、まだ蕾の白花エンレイソウ、バイケイ
ソウやトリカブトも顔を出しています。ミツバツツジは満開でした。山
頂の祠の横のアカヤシオはまだまだ固い蕾でガッカリしましたが、
帰りがけに足元に、アカヤシオの花びらが1枚。???対岸の岸壁
の上部のアカヤシオは満開となっていました!

 8:30日向大谷、11:00清滝小屋、12:35-13:00両神山、
15:45日向大谷  ....

2014年4月22日 (火)

山スキー:北アルプス・室堂~池の平  2014.4.19-20

「室堂から池の平に登り、小黒部谷を滑って折尾谷からブナグラ谷201441920_009
経由馬場島」の予定だった。しかし、ただでさえ渡渉覚悟の小黒部
谷。雪の少ない今年、泳ぐことになるかも?(笑)おまけに、予備日
が無い!それなら、池の平から500m下り、大窓に登り返して白萩
川から馬場島へ、なんて考えた。ところが・・・              201441920_015_2
剣沢の1600mで沢が開いている。頑張って池の平に登り返したら
ホワイトアウト&ガリガリバーン!この状態では小黒部谷に滑り込
むのは危ない!と言う事で、そこにテント設営。翌朝、視界があり、
バリバリバーンじゃあなかったら、大窓経由馬場島決行!って思っ
たけど・・・やっぱり、バリバリ、ガリガリ!室堂に戻ることにしまし た!201441920_021_2
相棒たちはそんな状態の雪でも滑れます。でも、私は、無理!ワン
ターンで転びます。大荷物なので、転んだら起きれません!板を背
負ってアイゼンで下りました!二俣からは1200mの登り返しです。
ガリガリで沢に滑り落ちそうなトラバースもあります。真砂沢あたり 201441920_044_2
からはガスって視界が悪くなりました。ヨレヨレだけど、アルペンル
ートに間に合わなかったら大変!休憩無しで水も飲まずに頑張りま
した。そして、またしてもホワイトアウト&ガリガリバーンの雷鳥坂!
私だけアイゼンで下りました。(周りのスキーヤーが不思議そうにし
ていましたー)あぁ~あ!死にそうだった~!

19日 9:30室堂、12:35-45剣御前、14:30剣沢二俣、17:20池の平
20日 6:00池の平、6:50剣沢二俣、13:35-40剣御前、15:45室堂  ...

2014年4月18日 (金)

佐渡:平城畑  2014.4.16

今日はユキワリソウで有名な「石花」へ。この道は2度通っています。 201441416_074
なのに、迷いました!考えてみたら、2度とも下って来たのです。おま
けに“お迎え車”付きでした。車で行ったり戻ったり。かなり時間をロス
してしまいました。やっと歩き出して5歩!左の斜面にユキワリソウを201441416_134
発見!凄い数です。登っても登っても咲いています。切りがないので、
先を急ぎました。登山道脇にはシュンランやフクジュソウ、スミレサイ
シン。もちろんユキワリソウもあります。元牧場の草地に出ると、アマ
ナが咲いていました。群落もあります。無風快晴の山頂、展望も良く、
お昼寝がしたくなるようでした。本日の帰りはフキノトウ狩り。ふき味噌
用にたっぷり収穫しました!

9:30石花登山口、10:35-10:50平城畑、11:35石花登山口  ......

佐渡:岨巒堂山(しょらんどうやま)  2014.4.15

難読山名の山、「岨巒堂山」。ユキワリソウを訪ねてみました。201441416_057
大木で川を渡ったり、沢を跨いだり。登りにかかるとポチポチ
の出てきました。まだ咲いてないと思っていたカタクリやシラ
ネアオイも咲き始めていました。ユキワリソウ(オオミスミソウ)201441416_105
は群落こそありませんが雪が出てくるまでず~っと見られます。
山頂手前はまだたっぷり雪が残っていますが山頂にはありま
せん。雪の着いた稜線と両津の街。素晴らしい展望なのです
が、強風!急いで下山しました。途中でコゴミをたっぷり収穫
しました!

9:00登山口,11:55-12:10岨巒堂山、14:15登山口  ......

2014年4月13日 (日)

会越:浅草岳  2014.4.12-13

昨年、山スキーで行った会越の浅草岳。所属山岳会のメンバー 201441213_031 201441213_026
2人のリハビリ&モツ鍋宴会に混ぜてもらいました。男性メンバ 
ーとは7年前のGWに行った“剣岳八峰縦走”以来です。除雪終
点の「大自然館」前には車が10数台。ほとんどが山スキーヤー
です。白崩沢の左岸沿いの林道を地形図を読みながら進みます。
終点付近から右に進むと、尾根が徐々に集約され高みに向かい
ます。1300付近を目標に、久しぶりの快晴の中、のんびり!の  201441213_082201441213_072
んびり!13時過ぎにはテント前で外宴会となりました。そこへ同
山岳会のM氏夫妻が山スキーで登ってきました。そして、夕食は 
博多から取り寄せたモツとチャンポンで2度目の宴会。翌朝は軽
荷で山頂の往復です。山頂からは越後三山や毛猛岳の大パノラ
マが眼下に広がっていました。ゆっくりとテントを撤収し、下山は終
始、対岸の守門岳に向かって快適に歩きます。途中、またまた、
同山岳会のF嬢が地元のイベントに参加し、山スキーで登ってきま
した。25名の大所帯でした。下山後は守門温泉で汗を流し、へぎ
蕎麦を食べ、渋滞前に帰宅しました。

12日 8:30大自然館、12:20 1350m付近テント(泊)
13日 5:30テント、6:20-30浅草岳、7:20-8:15テント場、10:15大自然館  .....

2014年4月 9日 (水)

仙人が岳 ②  2014.4.8

再び「仙人が岳」へ。せっかくの良い山、友人を誘いました。 201448_035_2  201448_026_3
平日なのに駐車スペースにはマイクロバスが2台。東京から
のバスもありました。時々、風は強いのですが、今日も青空
です。アカヤシオは3日前より開いています。シハイスミレも
多く見られます。「犬帰り」は鎖場と巻き道に別れて登りまし
た。知ノ岳山頂で昼食。ここから先はヤシオが少なくなります。201448_061 201448_071
山頂を往復、「生不動」に下ります。上部はザラザラの急な下
りです。ロープを頼りに慎重に下ります。小沢を渡ったり、へ
つったり。足元にはヤマルリソウやニリンソウが咲いています。
林道に出ると、川の対岸に柚子の林。その下に最近、あまり
見かけなくなった、レンゲが咲いていました。対岸に渡れたら
近くで見れたのに、うぅ~ん、残念!

9:10車、11:57-12:20知ノ岳、12:53仙人が岳、13:40生不動、14:25車  .....

2014年4月 5日 (土)

仙人が岳 ①  2014.4.5

アカヤシオはGW頃にしか咲かないとおもっていました。ところが、201445_018
ちらっと覗いた知り合いのブログに4月初めの記録が出ていたの
です。“明日は暇!行ってみよ~!」ってことで、足利まで行きまし 201445_024
た。敢えてアップダウンの多い、尾根コースから登りました。これが
大正解!途中からアカヤシオのオンパレードでした。毎年来てる、
と言う、おじさん曰く。「去年はダメだったけど、今年は素晴らしいよ
~。良い時に来たね~」。山頂にも、下山に取った沢コースにもアカ
ヤシオは咲いていません。本当に咲いているのか?半信半疑で  201445_069
行った「仙人が岳」でしたが、時期もバッチリだったようです。でも、
沢コース一面に咲いているはずの「ニリンソウ」は遅れているのか201445_085
?ちらほらでした。「シハイスミレ(紫背すみれ)」も教えていただい
たし、お天気も良かったし、行って良かった~!

8:20岩切P、8:45猪子峠、9:40猪子岳、10:05犬帰り、
10:23宗ヶ岳、10:35知ノ岳、11:10ー11:35仙人が岳、
11:50熊ノ分岐、12:10生不動、12:45岩切P  .

角田山  2014.4.3

10年ぶりの「角田山」。いつもの「桜コース」。少し登ると「雪割草201443_040 201443_044
(オオミスミソウ)」が顔を見せてくれました。?先回は登山道脇
から消えかかっていた花達が、次々に現れてきました。ビックリ!
花の数も、色も、増えています。シャッター、シャッターで忙しく、
足が進みません!以前は桜コースの中間のみしか無かったオオ
ミスミソウが行っても行っても咲いているのです。以前は全く見る 201443_078 201443_075
ことのなかった「灯台コース」にも延々と咲いています。カタクリは
確かに減っています。でも、オオミスミソウは100倍にもなってい
ます。「今年は最高!」って、地元の人も感激していました。

10:25角田浜、12:50-13:15角田山、201443_143
15:20角田浜  ...............   

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »