« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月27日 (水)

奥秩父:甲武信岳  2013.11.26-27

久しぶりの甲武信岳です。甲武信小屋のオーナーも小屋番も友達  2013112627_013
なので、差し入れを持って行こうと、メールしたら「ボッカしてくれない
?玉葱4キロ、人参6本」。いきなりザックが重くなりました。川上村
の毛木平の駐車場には車が1台だけ。すっかり葉の落ちた林の中
を歩くと後ろから小屋番の「北爪君」が追いついてきました。彼もボ
ッカです。「“滑滝”あたりからアイゼン付けた方が良いですよ!」っ
て言われたのですが“おいしい水”を過ぎるまで頑張りました。登山  
道は積雪では無く、凍ってガチガチなのです。ちょっと遅くなりました2013112627_048
が明るい内に山頂からの富士山を見ることが出来ました。そして、 
小屋ではちょっと早い忘年会。お客が私たちの他2名。北爪君が鍋
を作ってくれました。(普段は365日カレーの小屋です)私が背負っ
て行ったカツオはタタキにしてくれました。翌朝はオーナーの徳さん
と一緒に下山しました。いつもは月曜日に下りるのですが、今週は
私とお酒を飲もうと、待っていてくれたのです。(感激!)甲武信岳  
山頂からは雪のかぶった、南、北、中央のアルプスがすっきりと見 
えました。徳さん曰く、「こんなに遠くまではっきり見えるのはめった2013112627_018
に無いとか。私も10回以上、頂上に立っていますが、北岳や槍が
見えたのは初めてです。下山は小屋のボッカ道を通りました。山頂
を巻いて通る、ルンルン道です。天気最高!展望最高!
また、来ま~す!

26日 10:10毛木平、14:25千曲川源流、15:40甲武信岳、16:10甲武信小屋(泊)
27日 6:10甲武信小屋、6:30甲武信岳、7:45千曲川源流、11:05毛木平  .....

2013年11月25日 (月)

奥秩父:鹿の楽園  2013.11.23-24

今年最後の焚き火をめざし、いつもの奥秩父へ。ちゃんと歩くつもり2013112324_008
だったのに、昼前に、沈没!目指す尾根は取り付くまでに渡渉3回。
なぜか、この時期としては水が多い!何しろ、11月も後半!日影は
寒いのです。薪がたっぷりの日当たりの良い場所で、本日は終了と
しました!13時前から。風も無くてルンルン!翌朝、「案外暖
かいな~」、と思ったのに、沢靴がガチガチに凍っていました!焚火
2013112324_014融かして何とか履いたものの、凍傷になりそう!で、軟弱者は本日
の目的地を“鹿の楽園”に変更!でも、そこまでの1時間も気の抜け
ないルートなのです。10回以上通っているのですが、常に緊張しま
す。トラロープでのトラバースに滑ったら一巻の終わりの岩場!そこ
までして行こうと言う、“鹿の楽園”、ヘリコプターで行けるんだったら
な~、って、行きにくい場所だから静かなんですよね!年相応にバ
ランスが悪くなった昨今、あと何回行けるかな~

23日 8:45サメ沢ゲート、11:30惣小屋沢出合
24日 8:45惣小屋沢出合、9:45ー10:15鹿の楽園、11:35惣小屋沢出合、13:50サメ沢ゲート  ..

竜爪山  2013.11.20

今年も登ってきました!今夜の民宿の食事、“桜海老づくし”に 20131120_011
つられたのか、最近、山からご無沙汰のメンバーが多く参加さ
れました。1点の雲のない、蒼い空!山頂からの碧い海!途中
の稜線上は木枯らしビュービューで寒いのなんの!でも、山頂
はポッカポッカ!手軽な山なので登山者も入れ替わり立ち代わ
りで賑やかした。下山後は「やませみの湯」で汗を流し(と言う
ほど、歩いてないけど)、一路、由比の民宿へ。10人以上は貸
切にしてくださる民宿なので、気兼ねなく“1回目の忘年会”が
出来ました。

11:00穂積神社、10:05薬師岳、12:25-13:10文殊岳、13:25薬師岳、14:15穂積神社  ..............  

2013年11月19日 (火)

西上州:富士稜、妙義富士  2013.11.17

「星穴新道」の予定でした。でも、昨日の山行で満足度150%。今日2013111617_065
はか~るく行きたくなりました。昨日登った友人が「軽くて結構、楽し
かったですよ~~」って言うので、変更してしまいました。でも、下調
べ、してません!1/20000図見ても、さっぱりわかりません。何とか
なるだろう!と、登山口だけ聞いて行ったのですが、何ともなりませ
んでした!“こっちの方が楽そう~”って、沢を詰めたら、たっぷり落ち
葉が積もった泥ルンゼ!右と左の尾根は上で集約されるだろう!、と
、左の尾根に乗ったら、上にも下にも行けず、懸垂下降4回で仕切り2013111617_070
直し!とにかく右の尾根に乗らなくては、と、かろうじて登れそうな所
を尾根上へ。でも、昨日の4人の踏んだ跡がありません。岩峰に登っ
てみたけど行き詰まり、懸垂下降!またまた下って、仕切り直し!こ
こで時間切れ、確定!でも、もう1度!なんだか踏み跡らしきものも
あります。(これ、鹿道?)狭い岩峰に登り、「これ、絶対、妙義富士                                                                           
」って思ったのですが、あとで資料を見たら、ムムムム~!「違うかも      
~?」「いやぁ~、あってるよ~」「イヤ~?わかんないな~」     
  “納得いかないから、来年、リベンジだね!”

7:20取付、10:00失敗尾根、11:10間違い山頂、11:55妙義富士(???)、13:35取付  ...

西上州:相馬岳北稜  2013.11.16

久しぶりに妙義山に行ってきました。このルートは破線もありません。 2013111617_031
ロープを持ち、ハーネスを付けます。妙義山の岩はもろいので、ヘル
メットもかぶります。いきなり急登!ピークが1~12まであるので先が
思いやられます。たっぷり積もって落ち葉でズルズルしながら1~5ま
で行くとすっぱり切れた、崖っぷち!トポに従い、回り込んでコルへ。
怖いトラバースなのでロープを出しました。P5~P7間は懸垂下降3回2013111617_037
。登ったり下りたりトラバースしたり。P12は上部に不安があり、登らず
に巻きました。核心部を越してホッとしたころ、仙人窟。岩のトンネルと
洞穴。ここはビバークが出来そう!この辺りから相馬沢を下れば早く
に下山できるのですが、ここは「相馬岳北稜」、相馬岳の山頂に立たな
ければ話になりません。この時期、日が短く、時間も押していましたが
頑張りました。そして、下山は相馬コース。このコースには「窓」があり、2013111617_046
その穴から歩いて来た「相馬岳北稜」の岩峰群が覗けるのです。日が
沈むまでに着かなければ、と、40mの鎖場のある急な道を必死で歩き
ました。何とか、セーフ!直径1m程の穴の先に、北稜の岩峰群がアー
ベントロートに染まっていました。そして、日没と競争で何とか車道に
着きました。長くて怖い、充実の山行でした。あ~ぁ、疲れた~

7:15取付、9:50P5とP6のコル、13:50仙人窟、15:10相馬岳、16:15窓、16:55車道  ...

2013年11月12日 (火)

飯豊連峰:弥平四郎口~三国岳  2013.11.8-9

昨年、途中までになった「三国岳」に行ってきました。昨年より 20131189__002
2週間早いので今年は雪山ではありません。祓川山荘は今年
も貸切り!トイレはあるし、水はバンバン出ているし、広いし、
とっても快適な避難小屋です。まだ少ーし早かったのですが、
ナメコも採れ、メンバーがナメコ鍋を作ってくれました。
翌日は快晴!天気が良いと気分も違います。急登も何のその
(???)昨年の最高点「疣岩山」からは雪の付いた「大日岳
~飯豊本山」が手に取るよう!磐梯山や吾妻連峰も。三国岳  20131189__064
まではルンルン稜線漫歩です。貸切りの山を堪能して、下山は
新道。昔、旧道の橋が壊れているから、って、登らせられたの
ですが、急で、急で、全員バテバテになったのです。今回は下
り。急坂な上に登山道は落ち葉が積もって下が見えません。木
の根なんかがあったことには、ツル~リ~。思いの外、時間が
かかってしまいました。帰りがけ、林道脇を見ると、ナメコの榾
木が並んでいました。地元では、ここで原木ナメコを栽培、出荷
しているんですね~                            20131189__075

8日 12:40駐車場、13:00祓川山荘(泊)
9日 7:00祓川山荘、8:55松平峠、10:05疣岩山、10:45-11:05三国岳、11:45疣岩山、
   13:00上の越、14:25駐車場(14:40-15:20デポ品回収)  ....                                                       

                            

2013年11月 7日 (木)

日光:山王帽子山~太郎山  2013.11.5

昨日の雨はすっかり上がりました!風は強いものの素晴らしい 2013115_048
お天気です。地図を眺め、山王峠から登ることにしました。快晴
だと気分が違います。登山口の路肩に車を停め、笹の間を歩き
ます。昨日の雨がこの辺りは雪!笹の上にもサラッと乗っていま
す。山王帽子山へは急登です。視界の無い樹林の中なのでせっ
せと登るのみ。そして、展望の無い“山王帽子山”。標識が2つ。
1つは木彫りで裏に『助』と書いてありました。作った人の名前で
しょうか。ここから急降下して登り返し!こちらもきついです。途 2013115_057
中に「ハガタテ薙分岐」。崩落の為、通行禁止なので標識も無く、
通行止めのロープが張ってあるだけでした。そこから上が凄かっ
た!   “霧氷!霧氷!霧氷!で、またまた、霧氷!”
霧氷のトンネルです。満開の桜並木のようです。「凄い!凄い!」
と、独り言の連発!そして、大展望の「小太郎山」。大真名子山、
小真名子山、女峰山、男体山。そして、日光白根山。太郎山も霧
氷です。歩を進めてすぐに「剣ヶ峰」。短かい下りだが、かなりヤ
バイ!滑ったら怪我ではすまない!慎重に、慎重に。あとで気が2013115_071
いたら、巻き道がありました!太郎山にタッチし、小太郎山に
戻ると若者がコーヒーを恵んでくれました。1年前から2人で山を
始めたとか。来年は北アルプスを目指すそうです。頑張ってネ!
下山後、「竜頭の滝」に行ってみました。「華厳の滝」は中学の修
学旅行(50年前)で行きましたが、竜頭の滝は初めてです。昨日
の雨でかなりの水量で迫力満点ですが、とってもきれいな滑滝で
した。                                     2013115_129

8:50山王峠登山口、9:40山王帽子山、11:05小太郎山、11:30太郎山、
11:55-12:40小太郎山、13:30山王帽子山、14:00山王峠登山口  .

日光:戦場ヶ原、小田代ヶ原  2013.11.4

なかなかチャンスの無かった、“大真名子山、小真名子山”に登る 2013114_002
つもりでした。登山口の志津乗越までは行ってみたのですが、雨、
降ってるは、登山口も登山道も藪だらけ!もちろん、登山者も無く、
狐が出そう!(絶対、熊、出る!)  「や~めた!」
引き返して、熊はいるけど、傘差して歩ける“戦場ヶ原”に行きまし
た。こちらも紅葉はすっかり終わってしまい、冬枯れ状態!できる
だけ遠回りして小田代ヶ原を通りました。有名なビューポイントも
寒々しています。昼前から宿に行くわけにもいかず、ゆっくりのんび2013114_020
り散策したけど、限度があります。売店で味噌おでんを食べ、明日
登る予定の登山口の偵察に行きました。“光徳牧場”です。こちら2013114_022
もお天気が悪いので観光客もまばらで閑散としていました。

10:00赤沼茶屋、11:00小田代ヶ原、11:50竜門池、
12:55赤沼茶屋  .

奥秩父:笠取山  2013.11.1

「マイクロバスの席が空いてるから・・・・」って、誘われ、久しぶりに  2013111_005
行ってきました。塩山から柳沢峠への青梅街道は道路もトンネルも
ドンドンきれいになっています。でも、今年の紅葉はイマイチです。
紅葉の綺麗な木を探すようです。歩き出しても同じです。雁峠分岐
を過ぎると目の前に笠取山が聳えています。ここからの山頂は何度
登ってもきついです。ついに一人脱落!みんなは山頂経由で水干
へ。私はトラバース道から水干へ。久しぶりなのでうっかり水場に  2013111_027              
下ってしまい、参った!参った!水干の“多摩川の最初の一滴”は  
文字どうり、干上がっていました!          2013111_029

9:30作場平、11:15ヤブ沢峠、11:40笠取小屋、12:30笠取山、13:00水干、15:20作場平  ............

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »