« 日光:社山(しゃざん)  2013.3.3 | トップページ | 開田山脈:鍋倉山スキー  2013.3.9 »

2013年3月 7日 (木)

四阿屋山  2013.3.6

5-6日で先月亡くなった友人の「忍ぶ会」を催しました。若い  _028
頃から山登りやスキーをされていた方です。花好きだった故人
の為に、セツブンソウと福寿草の咲く「四阿屋山」を選びました。
今年は寒さの為でしょうか?開花が遅れていて、まだパラパラ
状態!満開になるのは今月中旬になりそうです。国民宿舎「両
神荘」での集まりには21名が参加。個人の人柄が忍ばれます。
翌6日、13名で「四阿屋山」に登りました。登りに使った「鳥居
山」コースは私にとっては初めてのコースです。急登も無く、落
ち葉を踏んで快適に登れます。両神神社の奥宮から一段下る
と核心部の鎖場です。いつもこの時期は凍結していることが多
201336_005いのですが、ここ2,3日の暖かさのせいでしょうか、アイゼンを
着けるほどではありません。山頂からは両神山が展望できます。
慎重に鎖場を戻り、奥社から福寿草園に向かいます。上部の
群生地はまだいくらも咲いていません。展望休憩舎で昼食をと
り、下部の群生地へ行く予定だったのですが、急な男坂を避け、
女坂を下りた為に完全に通過してしまい、気が付いたら道の駅
でした。残念!でも、国民宿舎近くで立派な「マンサク」と香りの
良い「ロウバイ」を見ることができ、満足!満足の山旅でした。

  _003_01
8:50両神荘、10:55奥宮、11:30四阿屋山山頂、12:05奥社、12:15-13:45休憩舎、

14:00道の駅、14:30両神荘、   .............

« 日光:社山(しゃざん)  2013.3.3 | トップページ | 開田山脈:鍋倉山スキー  2013.3.9 »

旅行・地域」カテゴリの記事