« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月29日 (金)

北アルプス:黒部横断スキー  2013.3.23-25

昨年、悪天で涙を飲んだ「黒部横断」、今年は成功しました!   20130323250891

23日 日向山のゲートから板に兼用靴をつけ、ヘッデン、運動靴
     で歩き出す。扇沢から板を履き、3つ目の堰堤までは林道
     を行く。雪が舞っているが午後には晴れるはず。予報では
     今日は風速25mとのこと。ホワイトアウトになり、磁石で方
     向を確認して登る。途中に大きなデブリが3箇所!上部の
     ものは今週落ちた様子。マヤクボ沢を分けると傾斜が強く
     なり、風もひどくなる。時々耐風姿勢でやり過ごさないとよ 201332325_050
     ろめいて転がり落ちて行きそうになる。あと100メートルく     
     らいからクトーでも危なくなり、不安定な場所でアイゼンに
     替える。もっと早くに決断すべき、と反省する。針ノ木峠か
     らは反対側の針ノ木谷を滑る。しかし、上部は見た目、雪
     が悪そう!安全を期し、200mほどアイゼンで下った窪地
     状で板をつける。ちょっとガリガリしたところもあるが快適に
     大回りのターンが切れる。ノドを過ぎるといきなり沢が口を  
     開けていて何度か板を脱いでへつったり、渡ったり。出合を20130323250981
     過ぎると今度はデブリランド!完全に沢を塞いでいる巨大
     デブリもある。時間がかかってしまったが、何とか明るい内
     黒部湖に到着!渡渉グッズに履き替える。水は膝くらいか
     ?水量もあり、服を濡らすのは勘弁!なので、下着になっ
     渡る。日暮れと競争で凍った湖上にテントを設営。本日は
     14時間行動!ああ、くたびれた!

4:15日向山ゲート、6:30扇沢、12:20-12:50針ノ木峠、16:201332325_07030黒部湖、

24日 朝一で第一核心の中の谷ゴルジュの通過となる。が、綺麗
     に繋がってデブリも無い。狭くて傾斜があるのでアイゼンで 
     登る。続く大滝。口は開いているが右から簡単に巻ける。
     一箇所デブリを通過した先からは広く緩やかな斜面がザラ
     峠まで続いている。昨年は国見谷を滑り、ザラ峠に登り返
     してこの斜面を滑った。超快適で笑いが止まらなかったの
     を覚えています。この登りが私の今回の核心だった。なか 20f2bb1
     なか到着しないザラ峠!もう、ヘロヘロでした!やっと辿り
     着き、湯川谷方面を見ると、な、な、なんとハイマツの藪!
     またまた200mほど、アイゼンで下ります。そして、滑走!
     “素晴らしい斜面!素晴らしい雪!”気持ち良くターンを切
     り、交替で動画を撮りながら滑りました。新湯の湯気を左
     岸に見るあたりから第二の核心、湯川谷の堰堤群の通過
     なります。所属山岳会のM氏の資料を見ながら進みます
     が雪の状態も違い、良くわからないところも出てきます。ス 20130323251811
     ノーブリッジが崩壊していて渡渉になったり雪壁をよじ登っ
     たりも。沢近くが通れなくて登り返したりが多くなり、そろそ
     ろ本日は時間切れ!と思った頃、前日のM氏のトレースを
     発見!切れ切れのこのトレースを辿り、この日は白岩堰堤
     でテントを張りました。

6:15黒部湖、7:50中の谷ゴルジュ、12:40ザラ峠、13:45新湯、17:50白岩堰堤                             201332325_088

25日 白岩堰堤から右岸に渡る橋まではヘッデン、アイゼンで下
     る。そこからは工事用道路が立山駅まで続いているはず。
     でもその道は橋を見つけて何度も右岸左岸と渡り返さねば
     なりません。天鳥堰堤は梯子を登り、古い軌道跡から通過
     しました。でも、どうやら、新しい天鳥トンネルの中から行け
     たようでちょっと損をしました。その後は順調に歩いたり、
     滑ったり、漕いだりしながら、立山駅近くまでスキーで行け 201332325_118
     ました。駅が見えた時には“やった~!”と言うより、“終わ
     った~!”と言う思いでした。

     『女3人、黒部横断、ばんざ~い!』

5:40白岩堰堤、8:00天鳥堰堤、9:40電鉄立山駅  ...
 
     

    
 

        
     

2013年3月19日 (火)

北アルプス:白馬乗鞍岳スキー  2013.3.17

今年も白馬乗鞍にスキーに行ってきました! 本日の北アル  20130317_014
プスは久しぶりの大快晴!朝から素晴らしい青空です。山ス
キーヤー、山ボーダーが続々とゴンドラに乗り込みます。天狗
原への登りは蟻の行列!左に白馬三山から不帰、唐松、五
竜、鹿島槍を見ながら汗だくで登ります。登るに従い、妙高、
火打、高妻山も見え、素晴らしいパノラマです。乗鞍の登りで
相棒のシールに雪がベッタリ!10センチの高下駄状態!途
中でシールワックスを塗ったのですが一瞬のみで、また、高
下駄!諦めてそのまま登っていました!春雪みたいでシール
が濡れち20130317_021 ゃったので仕方がありません。
さあ、どこを滑りましょう!東面はスキーヤーがいっぱい!協
議の結果、まっすぐ栂池自然園に滑り込むことにしました!滑
り出しはウインドクラストでカリカリです。でもすぐに新雪で快適
に滑れました。ほとんどの人が登ってきた天狗原の斜面を滑り
ますから、自然園に滑り込む斜面は完全貸切です。傾斜はあ
りますが相棒がルートを選んでくれるし、新雪なので楽しく滑れ
ます。途中で写真や動画を撮りながら貸切の広~い栂池自然
園へ。 2013317_034 真正面に白馬三山を見ながら自然園の真ん中で休
憩し、ロープ―ウェイ駅からはゲレンデをバンバン滑って駐車
場へ。初めての「栂の湯」は700円、結構、空いていました。

9:15ロープ―ウェイ山頂駅、10:20天狗原、11:15-30白馬乗鞍岳、
12:10-20栂池自然園、12:40ロープーウエィ山頂駅、13:00駐車場   ..

2013年3月15日 (金)

栂池高原&岩岳スキー場  2013.3.13-14

白馬方面のゲレンデに行きました。先日の講習の復習!って
思ったけど、やっぱり、自己流で滑って終わってしまいました!  
13日は栂池高原スキー場に着いたのが11時過ぎ。午後の半
日券を買ったのですが、13時から雨!いきなり、本降り!びし  201331314_006_2
ょ濡れになりながら頑張ったけど、14時、もう降参!まあ、シニ
ア券は2300円だから、って、変に自分に納得させて予約した
どんぐり村のペンションに引き揚げ、16:30からビール&夕食!
朝、起きると雪!でも昼からは晴れるはず!雪なら、ってことで
岩岳スキー場に出発!ペンションのオーナーが同行してくれた
のでゲレンデマップを見なくても効率よく各ゲレンデを滑れまし
た。平日でスキーヤーもボーダーも少ない上に、コースには夜
からの新雪が10センチ程積っているので超快適に滑れました。
でも、天気予報が外れて、どんどん天気が悪くなり、軟弱者は
お昼で「や~めた!」。ペンションでお昼ご飯までごちそうになり、
明るい内に帰宅しました。   ...

2013年3月11日 (月)

開田山脈:鍋倉山スキー  2013.3.9

この週末は巻機山に登り、奥利根源頭を滑る予定だった。当初、201339_020
お天気に問題はなく、気温が上がる為、雪崩だけが心配だった。
ところが、間際に急変!東北以北は大荒れの予報!巻機山も
風速25メートル!出発当日の夜、樹林帯を滑れる「鍋倉山」に
転進した。開田山脈は新緑、紅葉、残雪、と数回歩いていますが、
山スキーは初めてです。温井集落の除雪終点にはもうすでに車
が10台くらい。途中、寄り道して「巨木の谷」へ向かいました。穏
やかなブナの森でのんびりと休憩!「森姫」「森太郎」?夏しか見
てないので、何とも特定ができません!たぶん、夏に見た部分は 130309nabekura_0035_2
今、雪の下になっているのではないでしょうか?山頂は微風快晴!
妙高方面や谷川方面が展望できます。ノートラックの北東斜面を
300mくらい滑り、黒倉山との鞍部に登り返し、次に東の尾根を
滑りました。雪はザラメ雪でもう、春スキーのようです。昼過ぎに
は気温が上がり、雪が重くなりましたが、時間的にはあと2本、滑
れたかな?来年は「鍋倉高原・森の家」のコテージに泊まり、ゆっ
くり楽しみたいな~

8:30温井、10:30巨木の森、11:25鍋倉山山頂、14:00温井戻り  ...


2013年3月 7日 (木)

四阿屋山  2013.3.6

5-6日で先月亡くなった友人の「忍ぶ会」を催しました。若い  _028
頃から山登りやスキーをされていた方です。花好きだった故人
の為に、セツブンソウと福寿草の咲く「四阿屋山」を選びました。
今年は寒さの為でしょうか?開花が遅れていて、まだパラパラ
状態!満開になるのは今月中旬になりそうです。国民宿舎「両
神荘」での集まりには21名が参加。個人の人柄が忍ばれます。
翌6日、13名で「四阿屋山」に登りました。登りに使った「鳥居
山」コースは私にとっては初めてのコースです。急登も無く、落
ち葉を踏んで快適に登れます。両神神社の奥宮から一段下る
と核心部の鎖場です。いつもこの時期は凍結していることが多
201336_005いのですが、ここ2,3日の暖かさのせいでしょうか、アイゼンを
着けるほどではありません。山頂からは両神山が展望できます。
慎重に鎖場を戻り、奥社から福寿草園に向かいます。上部の
群生地はまだいくらも咲いていません。展望休憩舎で昼食をと
り、下部の群生地へ行く予定だったのですが、急な男坂を避け、
女坂を下りた為に完全に通過してしまい、気が付いたら道の駅
でした。残念!でも、国民宿舎近くで立派な「マンサク」と香りの
良い「ロウバイ」を見ることができ、満足!満足の山旅でした。

  _003_01
8:50両神荘、10:55奥宮、11:30四阿屋山山頂、12:05奥社、12:15-13:45休憩舎、

14:00道の駅、14:30両神荘、   .............

2013年3月 4日 (月)

日光:社山(しゃざん)  2013.3.3

谷川の雪稜に行く予定だった。私の今の力としてはぎりぎり  201333__007
のルートだった。かなり緊張して構えていたのに、初日、豪
風雪予報で中止に。気が抜けたような、ホッとしたような・・・
で、日曜日帰りで日光の山に行ってきました!中禅寺湖畔
「歌が浜駐車場」のゲートから湖畔道路を歩きます。道路は
スケートリンク状態!無理せず、アイゼン装着。阿世潟から
山に入ります。先行者3-4人のトレースがあるので、ワカン
の必要はありません。ところどころにブナやミズナラの巨木
のある自然林で、花粉の心配もなく、とても明るい尾根です。 201333__013
山頂が近づくと男体山の左に太郎山、遠くに日光白根山等
が見えてきます。先行者はすでに下山した後、山頂は貸切
りです。しばし休憩の後、2人の意見が合い、1本北の尾根
を下山することにしました。登っている時にず~っと右に見え
ていた尾根です。ここから先はトレースも赤布もありません。
左の稜線に鹿が十数頭、群れをなしています。黒檜山へ向
かう尾根には破線の夏道がありますがこれから下る尾根に
夏道はありません。地形図と磁石で下ります。でも、天気が201333__025
良いので視界も良く、安心して歩けます。1557mピークの
先のコブから東向きの尾根を右の沢型に降りると雪が深く
なりワカンの出番!阿世潟で再びアイゼンに替えて車に戻
りました。

8:35歌が浜、10:20阿世潟峠、11:40-11:50、13:15 1557mピーク、15:25歌が浜  ..

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »