« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月25日 (月)

西上州:相沢、エイプリルフール&奥壁氷柱  2013.2.23-24

6年ぶりにバーチカル・アイスを登ってきました。当然、トップ  201322324_018
ロープですけど。この滝、ちょうど8年前のこの時期、1度だ
け登ったことがあります。その時は2人とも初見だったので滝
を探して右往左往!諦めかけたところに見つかりました!3
時間、下流でうろうろしました。今は荒船山の登山道からトラ
バースで行けるのですね。ここ4,5年、アイスは年に1回、それ
も易しめの氷で遊んでいました。今回は久々のバーチカル・ア
イスです。S山さんの師匠がトップロープを張ってくれました。
だけど、こんなの登れる気がしません!みんなは最近の登り
方をマスターし、華麗なフォームで登っています。私は昔の登
り方しかできません。見よう見まねで挑戦しても、傾斜が立って
来ると余裕が無くなり、元の登りになってしまいます。バイルも
みんなのは最新です。私のは10年前のもので、刃も減ってい
ます。引退!引退!と言いながら、良い道具を見たら、「あれ  P2230612
だったら楽に登れるのかな~?買おうかな~?」なんて、また
欲が出てきて諦めの悪い私です。          ......

                                        登っている人、これ、私です→

2013年2月22日 (金)

奥多摩:鹿倉山~大寺山  2013.2.21

奥多摩湖の先、山の上に新興宗教のような塔が見えます。前々 2013221_009
からの気がかりを解決すべく、「鹿倉山」に登りました。登り口の
階段からいきなり凍っているのでアイゼンを装着!あまり人気
の無い コース、と聞いていたのに、登山道は踏み固められて
ツルツルです。登り始めは杉林!大丹波峠を過ぎると徐々にミ
ズナラ中心の明るい自然林になります。鹿倉山の山頂は西側
だけが開けて大菩薩方面が見えます。先を急ぐので休憩もそこ
そこに出発。すぐ横(北)は自然林で太陽が当たって陽だまりそ
のものなのに縦走路は杉林!指先まで冷たくなります。「タナグ 2013221_017
チ山」は足早に通り過ぎます。この山の名前はエアリアにも地
形図にも載っていません。突然、樹林の間にまっ白な仏舎利塔
が立ちはだかりました!想像をはるかに超えた大きさです。四
面に金の釈迦像があります。建物はだいぶ傷んで塗装が剥げ
ていますが仏像はピッカピカです。新興宗教ではなさそうですが、
良くわかりません。下りはいきなりの急坂!その後には痩せ尾
根もあり、この下リが本日の核心でした!アイゼン団子、普通は
雪団子ですが、本日は落ち葉の団子でした!なんとか15:10
のバスに間に合い、ホッとしました!

9:05道の駅、9:35マリコ橋、12:00-12:25鹿倉山、13:25-13:50大寺山、14:50深山橋   ..

2013年2月19日 (火)

石打:山スキー講習  2013.2.16-17

毎年行われている所属山岳会の「山スキー講習」に参加しま  201321617_014
した。会の中に指導員の方がいらっしゃるのでとても恵まれた
環境です。初日はゲレンデで「山スキーの為のゲレンデ講習」、
翌日はオフピステに出て、ハイクアップ、深雪、悪雪等、現場
での練習をします。私の場合、入会当初から毎回のように参
加していますが、“不肖の弟子”、いつも同じ注意を受け、な
かなか自己流から脱出できません。今回、初日は猛吹雪でし
た。はっきり言って、私はやる気無し!でも、他の参加者はや
る気満々!時々、強風で、滑ろうと思うのにバックしてしまい  201321617_019
ます。あっという間にヤッケにも雪が付き、雪ダルマ状態です。
それでも17時過ぎまで頑張りました。夕食後は座学とセルフ
レスキューのDVD。翌日は曇天の中、閉鎖されている「石打
ファーストスキー場」へ。参加者交替でラッセルしながらリフト
トップへ。一応、お勉強の為、120㎝掘ってピットチェック!
こちらも先生がいます。50㎝下に弱層がありますが、傾斜が
無い斜面なのでOKが出ました。そして、滑走開始!なんと運
が良いのでしょう!太陽が出て青空が広がりました!雪は重
めだけど結構、快適!自分達のシュプールを眺めてニンマリ!13nekoana0055
登り返して、2本半滑りました。最後にビーコン捜索訓練です。
1m以上埋まると、生きて救助されるのは厳しいな~!と言う
のが結論(笑)2日間、盛りだくさん、目いっぱいの講習でした。
頑張り過ぎて関越道に乗った途端に猛渋滞!あぁ~ぁ!
                             .........  

2013年2月12日 (火)

妙高高原:山スキー  2013.2.9-10

ここ数年、所属山岳会で恒例となっている妙高高原スキーに  20132910_008
参加してきました。赤倉温泉に会員の方のリゾートマンション
があり、そこを起点に山スキーをします。9日は8時起床。(昨
夜は深夜2時まで宴会してました)池の平スキー場のリフトト
ップから閉鎖されたゲレンデを膝上ラッセルで赤倉山の1700
m付近まで登り、ダケカンバの大木の前から滑りました。10日
は赤倉温泉スキー場に着いたのが9時半。リフト券売り場もゴ
ンドラ乗り場も長蛇の列!さすがに3連休です。リフトトップ到
着が11時になり、リフトの半日券を買ったので12時半までゲレ
ンデを滑り、それから前山に向かいました。昨日と打って変っ  20132910_018
てさすが人気の前山です。トレースバッチリ!高速道路状態!
しっかり踏まれてテカテカ、ツルツル!登るにつれてモナカ雪
となり、1800m付近までとしました。短かいコースでしたがま
あまあ楽しいツリーランでした。当初、3日間の予定でしたが
11日は朝起きると昨夜からの積雪60センチ!おまけに猛吹
雪です。車の雪下しをする先からドンドン積っていきます。
通行止めになる前に、と、早々に妙高高原を後にしたのです
が、なんと、長野は快晴でした!   ..........

2013年2月 3日 (日)

奥多摩:長沢背稜~タワ尾根  2013.2.2-3

2日土曜日、晴れるのは東京近辺のみ。久しぶりに長沢背稜 2013223_016
を歩いてきました。ヨコスズ尾根を登り、長沢背稜の酉谷山か
らタワ尾根へ。春のような穏やかな日差しとぶなの林。ランニ
ングと長袖Tシャツ1枚なのに暑くて暑くてたまりません!一杯
水避難小屋の前で男性2人が宴会をしてます。小屋の前から
の長沢背稜にトレースは無く、ラッセルになったり、氷っていた
り。酉谷避難小屋はログハウス調の素敵な小屋です。窓から
富士山が見えます。入口前の水場は残念ながらポタポタ!し
かたなく水は雪を解かすことに。しばらくすると登山口で会った 2013223_023
千葉の山岳会の女性3人組が賑やかに到着!今日の小屋は
女性5人だけ。混んでいたら、と思って持って行ったテントは出
番がありませんでした。翌朝はモルゲンロートに輝く富士山を
見ながら酉谷山山頂へ。そこからは縦走路を外し、稜線を忠
実に辿りました。雪はふくらはぎくらい。できるだけ少ない所を
選んで歩きました。タワ尾根に入ると間もなくモノレールのレー
ルが出てきて興醒めします。ウトウノ頭付近は岩と雪と木の根
っこ!歩きにくいこと、この上無し!その先で1か所、ルートミス 2013223_030
をして登り返しましたが、あとは雲1つ無い青空の下、ミズナラ
とぶなの林の中をルンルンで一石神社に下山しました。


2日 9:45東日原、12:40一杯水避難小屋、13:55ハナド岩、16:00酉谷避難小屋
3日 6:35酉谷避難小屋、7:00酉谷山、8:35タワ尾根の頭、9: 50ウトウノ頭、11:10金袋山、
   11:40一石山、12:10一石神社  ..     

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »