« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月25日 (火)

奥多摩:赤ぼっこ  2012.12.24

所属山岳会の忘年ハイク。今年で4回目です。過去3回は奥武蔵。 
今年はI井さんの自宅の裏山、「赤ぼっこ」。エアリアには虫眼鏡で
しか見えないような小さな字で書いてあります。JR青梅線の「宮ノ
平」から歩き出し、梅が谷峠入口から山道に入ります。カヤトの原20121224_006
を右に見て、青空の下をのんびりと。途中、天狗岩に立寄り、青梅
の街を展望!遠くスカイツリーも見えます。「赤ぼっこ」山頂は強風
の為、少し下った鉄塔下で宴会!パエリア、おでん、お汁粉、手作
りケーキ、などなど。ワインは15本も。2時間ほど、賑やかに団ら
ん!下山途中、S籐さんの足が攣り、薬を飲ませるやら、ホカロン
張るやら、摩るやら。でも、本日の攣りはかなりしつこい!結局、
O川さんが背負って下ろしました。攣りの原因は寒さによる冷えで
しょうね!予定していた青梅駅前の蕎麦屋は休み!近くの食事処
で2次会をする。

参加:中高年(50~78歳まで)20名

9:30宮ノ平、10:30天狗岩、11:30~13:30忘年会、14:55車道、15:30青梅駅

南アルプス:雨池山  2012.12.23

正月山行の偵察を兼ねて「農鳥岳」に登ろうと・・・・・        20121222_007   

でも、22日は雨!林道終点のミニギャラリーと称する小屋(広
河内庵)で早々に沈没!中にテントを張り、濡れものを乾かす。
雨は昼には上がり、青空も覗いた。しかし、全員、動く気、無し!
翌日、4:00起床。大唐松尾根の末端の「雨池山」に登る。
この尾根に登山道はありません。雪の季節以外は藪々らしい
です。林道を少し戻ったオイノ沢左岸の枝尾根から取りつく。
たっぷり積もった落ち葉の上にぱらっと雪が乗った急登を必死
で攀じ登る。主尾根に出ると少し傾斜が落ちる。_011アセビ、ブナ
、ミズナラ、ダケカンバ。熊棚が多い。痩せ尾根が続き、岩っぽ
い急登が続く。雨池山山頂は木間越しに大唐松山がちらっと見
えるだけ。気温が下がり始め、冷えて来たので早々に下山開
始!下りはアイゼンを装着する。ぬる~い温泉(西山温泉:湯島
の湯)に浸かり本栖湖経由で帰京する。

6:40オイノ沢出合、10:20-40雨池山山頂、12:40オイノ沢出合   ....

2012年12月16日 (日)

奥多摩:熊倉尾根~熊倉山  2012.12.16

土曜日の天気が思わしくなく(結果的には良かった)、日曜日帰り
20121216_004奥多摩のマイナー尾根に行ってきました。小春日和の穏やか
な日、積りに積もった落ち葉をガサゴソ言わせながら、喘ぎ喘ぎ、
「暑い!暑い!」の連発!熊倉尾根はかなりの急登なのです。
アキレス腱が伸び切り、ふくらはぎがパンパン!ところどころ、
木の間越しに見える北岳から間ノ岳、農鳥岳そして仙丈岳、甲斐
駒ヶ岳等の南アルプスや富士山がなぐさめてくれます。今年はと
っても雪が多い!ミサカ尾根に入るとブナやミズナラの気持ちの
良い尾根道となります。あちこちに熊棚があります。でも、熊の姿
はありません。サルの群れがいました。赤ちゃんサルがお母さん
20121216_010サルの背中に乗っています。広~い、丹波天平(タバデンデーロ)、

       「雪が積もったら、ここにテントを張りたいな~」

登山口のキノコ屋さんから流れていた「モルダウ」のように
ゆったりと流れた初冬の1日でした。       
                                                       ツルウメモドキ→

8:00道の駅たばやま、11:25熊倉山、12:25サオラ峠、13:00丹波天平、14:00道の駅たばやま   ..

2012年12月 9日 (日)

八ヶ岳:編笠山~ノロシバ  2012.12.8-9

正月山行の訓練として「編笠山~権現岳~赤岳」という計画を
立てました。ところが・・・・最悪の天候!富士見高原スキー場_002
からしばらくは良かったのですが、登るに従い、頭の上からゴ
ーゴーと風の音!吹きさらしの編笠山の登りでは押し戻され
そう!早々に青年小屋に下りました。ところが、青年小屋前
も吹雪!この天気では権現岳」ピストンが良いところ!腰くら
いのラッセルで50メートル上の樹林の中にテントを張り、翌日
のためにトレースを着けに行きました。風はどんどんひどくなり、
これ以上無理!と、なったノロシバ付近から引きかえしました。
翌日の天気は最最悪!来たルートを戻ったのですが、トレース
が消えてラッセルになったり、強風でほっぺが凍傷になりそうだ
ったり!石と石の間に胸まで落ちたり!
右の画像は穏やかそうに見える、テント脇の雪景色!
                      “正月が思いやられるな~!”

8日 7:00富士見高原スキー場、11:40編笠山、12:00青年小屋、12:30テント設営
9日 5:45テント撤収、6:45編笠山、10:05富士見高原スキー場   .....

2012年12月 6日 (木)

竜爪山&欅立山  2012.12.3

静岡県の「竜爪山(りゅうそうざん)」と「欅立山(けやきたてやま)に 2012123_006
行ってきました。辰年に一座くらいは「竜」の付く山に登らなくては。
雪のぱらつく河口湖を経由して東名に入ると、快晴!登山口は
平山の先の穂積神社。実は、「竜爪山」という山は無く、「薬師岳」
と「文殊岳」の総称なのです。時雨匝山、「しぐれめぐる山」が「じう
そう山」となったと言う説も。 杉の巨木を見ながら歩くと続いて
延々と階段を登るようになります。展望の無い「薬師岳」を過ぎると 
好展望の「文殊岳」に着きます。正面に駿河湾、東に富士山です。
のんびりとお昼を食べ、神社に戻り、欅立山の登山口へ。でも、
神社の案内板には欅立山は載っていません。登山口の看板には2012123_036
「帆掛山」と書いてあります。ハイキングコースのような道をテレテレ
行くと30分で山頂です。ここからも正面に富士山が見えます。
でも、
私の本日の主目的は山ではないのです。

由比民宿の夕食、“桜海老づくし”なのです。

10:40穂積神社、12:00文殊岳、13:40穂積神社、14:25檜立山、15:00穂積神社   ......

2012年12月 4日 (火)

八ヶ岳:赤岳主稜  2012.12.2

4:00起床。今日は無風快晴!ヘッデンで歩き出す。お天気が良いと 2032cd1
気分もハイになる。主稜の取り付きである“チョックストーン”は岩の下
が雪で埋まっている。切れそうな残地シュリンゲをつかみ、岩を乗り越
す。(昨年は雪が少なかったので、岩の下をもぐって通過した)八ヶ岳
としては信じられ無い暖かさ!快適に登攀し、2時間半で終了!赤岳
山頂からは大パノラマ!南アルプス、御嶽山、乗鞍岳~北アルプス。
雲一つない碧空!富士山も輝いている。4人でがっちり握手!
これが私の雪稜の卒業式かも。            美濃戸に着くと、
笹子トンネルが崩落!中央道が通行止めになっていた。

_005


7:00美濃戸口、10:10-11:00行者小屋、14:00阿弥陀岳山頂、14:45行者小屋(テント)   ....

 
                                           

八ヶ岳:阿弥陀北稜  2012.12.1

 美濃戸口から南沢に入ると登山道はテッカテカ!行者小屋までは  20f5fb1
  
アイゼンを着けずに頑張る。行者小屋に着いてテント設営を終える
た途端、猛吹雪!指も凍傷になりそうで感覚が無い!登攀なんて
とんでもない!すっかりやる気をなくし、テントに潜り込む。が、仲間
はヤル気満々!時間はまだ、10:30。今からお酒を飲むわけにも
いかない。仕方なく途中までのつもりで着いて行く。1時間ほどで
北稜に乗ると、なんと青空が広がってきた。そうなると俄然、やる気
になる。(何と単純!)岩峰に着くと、同会のSさんたちが取りついて2019db1
いる。私たちは別ルートで登る。阿弥陀岳山頂を踏み、中岳沢を   
下降する。急で神経を使う。1か所、2メートルくらい、凍っていて
バックステップで下る。テントに着くと阿弥陀岳南稜を登ってきた
D介君達が隣にテントを張っていた。夜は6人で宴会!


6:00行者小屋、7:30主稜取り付き、10:00終了点、10:15赤岳山頂、11:15ー12:15行者小屋、14:35美濃戸口   ....

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »