2018年6月15日 (金)

古峯神社~古峰が原~行者岳  2018.6.14

『東武鉄道で行く山旅 第2段』今回は以前から気になっていた「古峰  2018614__021
ヶ原」、と言うか、この付近を歩いて来ました。新鹿沼までは意外に近
かったのですが、バスの便が少ない!特に、帰りのバスが少ない。  
古峯神社の歩き出しが10時過ぎ。最初は車道です。古峰原峠までは
車が入るのですが、公共機関で来ると歩くしかありません。ツツジで有
名な所ですが、今は観光客も登山者も少なく、静かな山歩きが出来ま
す。小さなアップダウンを繰り返し、展望の無い「行者岳」に到着。ハガ
タテ平経由の周回コースを考えていたのですが、15:45発のバスには2018614__042
ギリギリ!乗り遅れると、その後は最終の17:15発、そうなるとbeerbeer
時間が無くなる!長沢林道経由が近そう、と言う事で入ってみたのです
が、道がはっきりしない!右往左往した後、やはり無難に引き返しまし
た。この道、エアリアでは目を凝らしてやっと見えるほどの線が付いた、
ほぼ、廃道に近い道でした!

10:07古峯神社、10:55ヘつり地蔵、11:25古峰原峠、12:05行者平、12:12行者岳、(50分、ウロウロ!)
15.02古峯神社  ...

庚申山のコウシンソウと戦場ヶ原  2018.6.9-10

今回は、足尾の銀山平で、「ヨタカの声を聴こう!」と言う集まりです。20186910__030
庚申山の「お山巡りコース」では、この時期、珍しいコウシンソウが咲 20186910__034
きます。登り口は庚申山荘の手前、アプローチが長い!今夜はキャ
ンプ場泊まり。もたもたしていて遅くなったので、入口から40分くらい
登り、コウシンソウとユキワリソウが見れたところで引き返しました。
夕方、ヨタカの声を聴きながら外宴会。でも、この日は少ししか聞こえ
ませんでした!そして、翌日は☂。傘をさして戦場ヶ原を散策。ズミも
ツツジも終わり、今はワタスゲが見頃!でも、雨に濡れてお粗末な咲 20186910__055
き方で残念だったのですが、街道沿いのクリンソウが、超見頃で可愛
いかった~!                               Dsc_0139

9日  9:20ゲート、10:35一の鳥居、11:30お山巡り入口、
    12:15コウシンソウ、13:25お山巡り入口、16:00ゲート 
    .........    

2018年5月28日 (月)

黒姫山  2018.5.30

所属山岳会の女性の出産祝いに合わせて計画しました。前日、戸隠 2018523__056
の鏡池と自然園を散策。思いの外、いろいろの花が咲いていました。                                        2018523__033
特に感激したのは、1輪だけのクリーム色のヤマシャクヤクでした。
翌日、天気予報は15時から☂。早めに行動しようと出かけたのです
が、なんと、10時過ぎには降ってきました!それでも、登山道にはイ
ワカガミ、ツバメオモト、ミツバオーレン、セリバオーレン、サンカヨウ。
高妻山もかろうじて姿を見せてくれていました。そして、峰の大池経由 2018523__038
の西登山道。北面なので、まだ雪がたっぷり!おまけに大岩がゴロゴ                                        2018523__082
ロ!歩きにくいこと、この上なし!☂だと言うのに時間がかかってしま
いました。期待していた「オサバグサ」はこの残雪ではやっと蕾を付け
ただけ。それでも、コシアブラやユキザサ、ネマガリダケを採ることが
出来ました。そして、大橋への登山道は驚くほどのサンカヨウ・ロード
でした!

7:55大橋、8:20古池、11:07しらたま平、11:44黒姫山、12:33峰の大池、16:05大橋  ....

小田倉沢~津室沢  2018.5.26-27

今年は雪解けが早く、山菜が早くに終了してしまい、沢登りの 18_05262720004
季節になってしまいました。今年の沢始め!私にとってはかな
りハードな「癒し系の沢」でした。入渓するには滑り落ちそうな  18_05262720023
急斜面を木に捕まりながら下ります。本流から小田倉沢に入
ってしばらくすると、10-20m程の滝が次々に出てきます。残
置ロープが切れてて自分たちでフィックスしたり、濡れたり滑り
落ちたりは勘弁!なので、髙巻いたり。でも、その、高巻が悪
い!膝上まで落ち葉が積もっていて、その下が泥壁だったり、
手掛かりが無かったり。大きな滝は今日中に通過してしまいた
かったのですが、途中、釣りなんてものを始めた為、最後の滝 18_05262720035
の手前でテントにしました。今年の初イワナ、何とかお目にか
かれました。翌日、滝が終わってからがだらだらと長かった! 18_05262720047
地形図で検討を付けたコルに上がったつもりが、1本隣のコル!
やっぱり地図読みは難しい!と、何だか、道らしきものが・・・・
尾根をトラバース気味についている薄い道を下ると、トポにあ
った小屋跡にでました。レンガ作りの小さな古い建物と立派な
石積みがありました。その先から津室沢に下り、しばらく行くと
門のような岩があり、この沢の核心、45m大滝です。懸垂支点
はあるのですが、ほぼ垂直で落ち口から下がどうなっているか?201852627__141
分かりません。トポでは「右岸巻」となっていたのですが、尾根を 
乗り越すには「左岸」の方が楽そう!登って、枝尾根を3本トラ  201852627__133
バースしたのですが、かなり、悪い!緊張のしっぱなしで、最後
の懸垂をし、バッチリ、大滝下におりました!(ホッ!)でも、これ
でお終いではありませんでした!25m3段滝も、しっかり、懸垂
!最後は釜の淵を腰まで濡れながら、やっとのことで本流に出
ました。「ロープを使う沢、もう行かない!」って言ったのに・・・・

26日  6:47車、7:15泙川本流、8:30 20m大ゼン滝、
     15:50 F6 10m滝上(テント)
27日  6:45テント、F7 10m滝、8:00コル、8:30小屋跡、
      9:30津室沢、10:00 45m大滝、11:18大滝下、
     11:40 25m3段滝、12:25泙川本流、14:45車  .. 

2018年5月20日 (日)

菱が岳(五頭山塊)  2018.5.22

ここ数年恒例の、94歳のおじさんを訪ね、山菜採りをする、新潟旅行 2018522__045
です。今年は山ウドやタラの芽は終わってしまいましたが、ワラビは充
分採ることが出来ました。初日に予定していた「タカノツメ」も開いてし                                         2018522__070
まっていてちょっとガッカリでしたが、何とかタカノツメご飯が出来まし
た。中日は五頭山塊の「菱が岳」に行きました。村杉温泉奥の登山口に着くとGWから行方不明の親子を探すヘリコプターがしきりに飛んでいました。ここからの登山道はヒメシャガロードです。可愛くて、これでもか?っ言うくらいにカメラを向けました。この山にも「タカノツメ」があったのですが、やはり、伸び伸び!笹清水水場からのちょっとした急登を
こなす 2018522__059と山頂に飛び出しました!この山は地元で人気のようで、
山頂広場では中高年登山者10人ばかりが宴会をしていました。新緑
の中の気持ちの良い登山道!雪椿やイワカガミもあり、朝より開いた
ヒメシャガを愛でながら今年の新潟の山歩きを終了しました。

8:30登山口、10:40笹清水、11:40-55菱が岳、14:00登山口  ....

祖母傾山  2018.5.17

数年前から気になっていた「祖母傾山」。前日は麓のゲストハウス201851418__287 201851418__259
「LAMP豊後大野]に宿泊。今年の4月から食事の提供が始まり、
大助かりでした。これが、期待以上にお洒落で美味しかった!翌
日は祖母山に登るメンバーと別れ、九折の登山口へ。上畑コース 
から三ッ尾コースに周回する予定でしたが、三ッ尾コースが荒れて
いて、ルートもわかりにくい、と言うので、上畑コース往復に変更し
ました。今年はアケボノツツジが終わってしまい、ヤマツツジが見
頃でした。このコースは急登や岩場が多く、ロープを掴んで登下降
となり、気が抜けません。九折越は野球が出来そうに広い草地に
なっています。鹿ネットの続くゆったりした道を行くと、急登となり、 201851418__267
名残りのアケボノツツジや咲き始めたばかりのミヤマキリシマが足
を止めさせます。お疲れ様でやっと山頂かと思ったら、山頂はその
先!時間切れかな?と思ったのですが、頑張って登ってきました。
天気が崩れ気味で展望はありませんでしたが、3人貸切りの静かな
山頂、頑張って登って良かった!足も身体もお疲れ様でしたので
帰りは慎重に慎重に下山しました!

7:55駐車場、8:10登山口、10:30熊野社、11:05九折越、12:47ー13:00祖母傾山、14:30熊野社、16:30駐車場  ...

京丈山  2018.5.15

予定していたのは「白鳥山」でした。ところが、今年は例年より開花201851418__071_3
201851418__067_2が早い!ダメ元で出かけた所、予約した民宿の方(平家の末裔)か
ら、この、京丈山を教えていただき、変更して行ってきました。登山
口を間違え、駐車料金を取られたり、かなり遠回りになったりしまし
たが、目的の「ヤマシャクヤク」は北面と言う事もあり、ちょうど見頃
でした。花は登山道から離れ、ザラザラで滑り落ちそうな斜面の先
に咲いています。純白の花の他、いくらか赤みの入った花やクリー 201851418__083
201851418__078ム色の花もあり、遠くまで行った甲斐がありました(宮崎県)。山頂
はたいした展望も無い山でしたが、なかなか群落の無いヤマシャク
ヤクが見れ、「平家の里」を案内人付きで見学したり、桓武天皇や
平清盛の末裔と言う方の宿で地元の山菜料理を食べたりで大満足
の旅でした。                                   
                                               
                                             

 8:37黒原登山口、10:40-11:00京丈山、201851418__036_2201851418__109_413:15黒原登山口  ...... 


 



                                                                                

2018年5月11日 (金)

白井差~両神山  2018.5.8

天気予報は☂アカヤシオは終わってしまっている!でも、約束しちゃっ201858__025
たし・・・。でも、☂の中でも新緑は輝いています。ヒメレンゲやラショウ201858__010
モンカズラも咲いています。以前は群落だったニリンソウはパラパラし
か株が無い!鹿が食べるのだろうか?ちょっと毒のあるバイケイソウ
は凄い群落になっている。山って、数年で代わるんだな~!って思い
ながら登って行くと、全く期待していなかったアカヤシオが咲いていま
した!山頂の祠の所にあったアカヤシオはすっかり枯れてしまってい
ましたが登山道脇の花は以前よりたくさん咲いているようです。☂もた 201858__003
いしたことは無かったし、ちょっと儲けものの1日でした。

9:35白井差、9:57昇竜ノ滝、12:35-13:00両神山、15:00白井差  ..........

2018年5月 5日 (土)

GW 東北山スキーツアー  2018.4.30-5.3

鳥海山2ルートと月山を滑ってきました。鳥海山は初日、日本海に 2018430__027
向かって滑りたいと、大平コースを登りました。とにかく、雪が少な
い!途中、完全に雪が融けて夏道が出ていて、板を担いで土の上 201852__043
を歩きました。こちらからのコースは、長い!結局、時間切れで、外
輪山の「文殊岳」までにして滑走しました。登りは御浜小屋を通りま
したが、帰りは鳥海湖に滑り降り、御身渡、登り返して、日本海に
向かって、滑りました。翌日は、祓川コース、私は3度目です。でも、
今年は雪が少ない!途中、何か所も藪が出ていました。七高山か
ら、同行の2人は板を置いて山頂(新山)へ。私は、何度も行ってい 20180430050220201131
るのでパスです。このコースは登り返しも無く、どんどん高度を下げ
るだけ!快適だったけど、太もも、疲れた!下山後、羽黒山の宿坊2018430__088
に泊り、月山へ。こちらも雪が少なく、2箇所、板を担いで夏道を歩
きました。滑りは、って言うと、リーダーの拘りで、150m程、東側に
滑り降り、登り返した後、リフト下へ、と、思ったのですが、欲張っても
う1度姥ヶ岳へ登り返し、最後の滑りを楽しみ?・・・・って、楽しめな
かったのです。板にヘドロのようなものがべっとりついて、ブレーキ
がかかって全く滑らないのです。私だけではなく、全員だったので、
この時点で今シーズンの山スキーは御終いになったのです。グスッ!201853__025
でも、帰りに立派なコゴミをたっぷり採ったので、良しとしましょう!

30日  8:45駐車場、12:55-13:15文殊岳、15:00駐車場
 1日  6:52駐車場、11:30-12:25七高山、13:15駐車場
 2日  9:50リフトトップ、11:50月山、12:00-12:55東カール滑走、
     14:15-14:25姥ヶ岳、14:55駐車場  ...

2018年4月18日 (水)

一里野温泉~笈ヶ岳  2018.4.13-14

日本200名山登頂の最後の山として「笈ヶ岳」に登ってきました。  201841314__047
この山は深田久弥氏が登ってなかったので「日本百名山」に入れ 201841314__033_2
なかったと言う、曰く付きの山です。そして、雪山としてしか登れな
い藪山、石川県なので非常に遠い!そんなわけで、二百名山の
山としては最難関の山なのです。そんな山に、山岳会の仲間が
8人も手を挙げてくれました。コースは、私の拘りで一里野温泉か
ら「山毛欅尾山」経由です。中宮発電所の導水管脇の石段登りか
らスタートです。雪の融けた尾根には一面にカタクリが群生してい  201841314__075
ます。急登を登り、ブナの木が多くなると「山毛欅尾山」です。山頂 201841314__087
標識が見つからず、紙に書いて写真を撮ったのですが、帰りには
見つけることが出来ました。この先はゆったりした尾根を、目指す「
笈ヶ岳」を正面に見ながら登ります。冬瓜山の手前でテント。雪で
テーブルを作り、ちょっとだけ、外宴会をしました。翌日は夕方から
☂予報なので、3時起き、5時出発。冬瓜山は雪が無くて藪藪!
稜線手前は木の根を掴んで攀じ登りました。その先は雪の着いた 201841314__110
ナイフリッジ!おっかなびっくり、慎重に通過しました。ここを過ぎ  201841314__116
ると稜線漫歩!と思ったら、「岩底谷の頭」への雪壁が待っていま
した!この頃になると、朝の曇り空が青空に代わり、私達を山頂
に迎えてくれました。狭い雪の無い山頂でしたが、360度の大展
望!北アルプスまで遠望出来ました。さあ、天気が崩れる前に
テントに戻りましょう!帰りは冬瓜平から。平で楽勝かと思ったの
ですが、とんでもない!アップダウンに大トラバース、谷底からの
登り返し。予想外に疲れました。テントが近づいたあたりからいよ
いよ風が出てきました。急いでテントをたたみ、そそくさと下山!
雪の融けた急坂はぬかるんで滑る滑る!疲れた足は踏ん張り 
が利かず、皆さん、数回づつ転んだようです。ついに、導水管 
上の貯水池から、本格的に降り出し、雨具を着ましたが、あと201841314__132
少しで登山口です。天気にも、メンバーにも恵まれた、ラッキー 201841314__233
な200名山完登の山でした!

13日  7:00一里野温泉、7:45貯水池、10:17山毛欅尾山、
     13:00冬瓜山の肩(テント)                        
14日  5:00テント、6:20冬瓜山、7:00シリタカ山、
       8:20小笈、8:40笈ヶ岳、11:30テント、
         14:20山毛欅尾山、16:00貯水池、17:30一里野温泉  ........  201841314__151_2

                                                                                  2018_04131420104

«富岡アルプス:神成山  2018.4.3