2021年1月 8日 (金)

尾瀬戸倉付近スキーハイク&川場スキー場  2021.1.3-4

尾瀬の「白尾山」付近または富士見小屋あたりまで林道をスキーで     202113-_005 202113-_010
ハイクアップして、林道を滑って戻る予定でした!ところが、朝、私     
が寝坊!目覚まし時計が電池切れで鳴らなかった!で、スタートが
遅れ、1600mまでしか行けませんでした!林道にはスキーとワカ
ンのトレースがあり、林道脇はブナやミズナラの明るくて素敵な雰
囲気の所だったのに。おまけに、帰りはスキーが滑らない!細かい
アップダウンがあり、歩いたり漕いだり。相棒は痺れを切らし、板を
担いでツボで歩いたのですが、体重の軽い彼女の後では私が乗る
とズボッと沈む。仕方なく下りなのにシールで歩きました!ヤレヤレ!
翌日はスキーの先生である友人と合流してゲレンデへ。本日は彼
女の特訓、私は膝裏が痛いので、別メニューでテレテレ滑り、早々
に終了しちゃいました!

2020年12月24日 (木)

南会津:山毛欅沢山~小手沢山  2020.12.29-30

予定では「城郭朝日山」まで。計画はしたけど、日本海側には大雪     2020122930-_021 2020122930-_035
警報が出ている。31日は大荒れ予報!たぶんここにも影響はある
だろう!30日はヘッデンになっても下山しよう!
取り付きの鳥井戸橋の駐車スペースは雪を掘っての整地を覚悟し
ていたのですが簡単に停められ、すぐに歩きだせました。深瀬沢に
は橋らしきものがありました。取り付きの急登をこなすとブナの森と
なります。ところが、ラッセルがキツイ!今回は4人Pなのですが、     2020122930-_026 2020122930-_038  
1人は若いけど故障者!私は歳&膝の故障でラッセル免除!あと
の二人が空身ラッセルで頑張ったのですが、徐々に雪が重くなり、ワ
カンに雪団子が付き、思うように進めません。予定の半分で早々に
テントを張り、暖かいので外宴会となりました!翌日は無理せず、「
小手沢山」までとしてヘッデンで出かけました。この日もラッセルは
2人だけなので山毛欅沢山分岐までも時間がかかります。雪が降っ    2020122930-_048 2020122930-_065    
たりやんだり。せっかく綺麗なブナ林なのですが、視界が悪い。小手
沢山は山頂とは思えない、ポコで標識も無い!紙に書いた標識で
写真を撮って、即、引き返しました!テント場まで、ちいさなアップダ
ウンの繰り返しで、「こんなに遠かったっけ?」って思えるほどでした。
テント撤収していると、いきなり、青空!目の前の展望も広がり、眼下     2020122930-_086 2020122930-_092
に雲海が広がりました!今回のお駄賃のような素晴らしい景色です。
全員、しばし見入って動けませんでした!私にとってはここからの下
山が核心!壊れた膝をいたわりつつ、ゆっくり、ゆっくり!それでも
登りで5時間以上かかったルートを2時間強で下りることが出来まし
た!下界に下りた途端に風雪が強まり、急いで温泉に直行しました!

29日 8:05鳥井戸橋、13:20、1285mテント(泊)
30日 5:47テント、7:58山毛欅沢山、10:00小手沢山、12:22-13:10テント撤収、15:25鳥井戸橋  ....

山スキー:鍋倉山  2020.12.26-27

乗鞍岳の予定でしたが、大雪の後なのと天気がイマイチ!樹林帯    2020122627-_016 2020122627-_029
の鍋倉山に変更しました。道の駅仮眠でゆっくり目に出発。除雪終
点には車が1台。間もなく、もう1台。その先行者は5人のトレースを
追って出発しましたが、間もなく追いつきます。同行の2人は若いの
でラッセルを交替しますが私は後ろから行っても追いつきません。
「悪いな~!」って言ったら、「5mでも良いんだよ!」って言われ、
1度だけ5m?たぶん、20m交替させてもらいました。登りが半分く
らいになると、軒並み、他Pは休憩だらけ!結局、同行の2人が稜線     Img_20201226_115704 Img_20201226_125754
までラッセルしました。鍋倉山と黒倉山のコル。ここから滑れば、って
思ったら、同行の2人、「私達、ここ、初めてなので山頂に行きたいで
す。」私は10回は来てるけど、まあ、良いか!で、新潟側から吹く強
烈な風の中、山頂へ。が、標識が無い!山頂付近の積雪は3m以上
!標識は雪の下でした!ここからシールを外して滑り込みます。と、
ガスって来た!雪は新雪なのに重め!恐々、彼らに続いてスタート!
以前は何とも思わなかったけど、何だかやたらに急!でも、滑るしか
ない!必死で転ばないようにターン!上部はチョイ快適に滑ったの
ですが、標高を落とすと、雪が重い!4回も転んでしまいました!

8:35温井部落、12:05-45鍋倉山、14:05温井部落  ...

 

2020年12月21日 (月)

寂尚尾根~滝子山  2020.12.19

20数年ぶりの滝子山です。20回も歩いている、と言う山友に案内    20201219-_012 20201219-_013
していただきました。登りのルートは「寂尚尾根」。覚えているのは
破線ルートで岩場があったと言うことのみで、下山がどこだったの
かは全く記憶に有りません。朝、4時起きはかなりつらかったけど
時間がかかるルートとのことで頑張りました。中央線の「ささご駅」
からしばらく車道を歩いてから登山道に。今日はいつに無く登山者
が多いとのこと。しばらくは冬枯れの急な尾根を登ります。鉄塔を
過ぎて頑張ると岩場が出てきました。鎖場もあり、記憶より長い岩場    20201219-_021 20201219-_023
で、結構緊張!(昔は楽勝だったはずなんだけどな~!)主稜線に
出て小さなポコを3,4個越すと滝子山山頂です。富嶽12景。本日
の富士山は左側半分は雲がなびいています。なんと、山頂は密に
近い位に賑わっていました。下山は彼女にお任せ!初狩駅に向け
て尾根を辿ります。急坂が多く、おまけに「男坂」を選んだので膝に
負担が来るのですが頑張るしかありません。檜平は平らで広く、テン
トが張れそう!ここから彼女の知らないルートが伸びていたのですが
今回はまっすぐ初狩駅に向かうルートを選びました。帰りも車道歩き、
長かった!駅に着くと電車は10分前に出たばかり!次の電車まで、
1時間弱、待つことに。それにしても、駅は寒かった!

 7:38ささご駅、8:16登山口、8:16鉄塔、11:00主稜線、11:17-30滝子山、
12:17檜平、14:09滝子山入口、14:45初狩駅  ..

備前楯山  2020.12.15

今回の目的は山奥にあるペンション。1日1組の宿なのでコロナ   20201215-_009 20201215-_008
は回避できます。登山口の舟石峠に着くと、雪が舞っています。
まさかの雪に装備不足(靴、手袋)のメンバーもいましたが短い
コースなので決行しました。冬枯れの雑木林の穏やかな尾根が
ず~っと続いています。春にはいろいろなツツジが登山道を脇を
彩るのですが、今は何もありません。終始、ゆるゆると登って行
くと山頂に着きます。10m先まで行くと展望の良い所なのですが、
今日は雪!真っ白で何も見えなくてちょっと残念!帰りもゆるゆ
ると歩いて舟石峠へ。来年春には「アカヤシオ」目当てに絶対に
再訪しよう!

10:27舟石峠、11:20備前楯山、12:20舟石峠  ....

2020年12月 9日 (水)

古賀志山  2020.12.8

春、アカヤシオやヒカゲツツジが目的で登りました。でも、今回は、    2020128-_013 2020128-_017
冬枯れの落ち葉を踏んでのハイキングです。先回、下りに使った
「北コース」から登り、ちょっと逸れて、先回はパスした展望台にも
行きました。確かに鹿沼の町は良く見えましたが、遠くはもやもや
。山頂に着いてびっくり!先回は樹林帯で薄暗かった記憶なので
すが、広々した山頂で明るく、ベンチまでありました。チワワを2匹
連れた女性が山頂標識の前でワンちゃんと2ショット?3ショットを    2020128-_021 2020128-_027
撮っていました。そこから、岩岩の御嶽山を往復。鎖場もあり、ちょ
っと緊張!山頂への戻りは巻き道を使いました。「南コース」を下り、
林道に出た所で2分先の「坊主山」を往復、森林公園のキャンプ場
から国道沿いの森林公園入口バス停まで頑張って歩きました。バ
スの本数が少なく、帰りは宇都宮経由で帰りました。(行きは鹿沼)

 9:23駐車場、9:27ゲート、10:50東稜展望台、11:00ー30古賀志山、11:50御嶽山、
12:11南コース入口、12:36林道、12:40坊主山、13:34キャンプ場、14:43バス停  ...

2020年12月 6日 (日)

茨城:燕山~加波山  2020.12.4

昔から頭にあったけどなかなか行けなかった、「加波山」、前日に    2020124-_005 2020124-_020
誘っていただきました。公共機関を使うので、急いで乗換案内をチ
ェック!「おっ!東武線、使える!」久喜で乗り換えようと思ったら、
扉の向こうに彼女が座ってました!JR水戸線岩瀬駅で下車、歩き
出します。「陽だまりハイク」って感じの里山です。御嶽山や雨引山
までは地元の方々が“毎日ハイキング”をしています。80歳過ぎの
方もいました。富士山が見える場所を教えてくれたのですが、残念!    2020124-_034 2020124-_048
この日は見えませんでした。のんびり歩く、落ち葉の里山です。前
方に見える筑波山はいつも見ている方向とは違い、双耳にはなって
いません。溝状のズルズルした急登を頑張ると「燕山」。加波山は神
社になっていて、たくさんの祠があり、山頂がどこか?わかりません
でした。たぶん、一番上の祠だと思うのですが。彼女は筑波山まで
縦走したかったと思うのですが、私には厳しい!私に気を遣って、今
日は加波山から真壁町の長岡に下りてくれました。帰りは初めて「つ
くばエクスプレス」乗りました!

8:05岩瀬駅、8:40御嶽山、9:30雨引山、11:25燕山、12:20加波山、14:10長岡バス停  ..

2020年12月 2日 (水)

丹沢:大山北尾根~大山~諸戸尾根  2020.12.1

ルートはプチバリエーション。と、思ったのですが、しっかり道が     2020121-_027 2020121-_050
付いていました!!まず、アプローチで失敗!県道70号線をヤ
ビツ峠方向に車を走らせると、通行止めの看板!??登山口ま
でいくらでもないけど、歩くのは無理!ぐる~っと東名方向に回り、
ヤビツ峠経由で地獄沢橋へ。時間ロスにはなったけど、まあ、仕
方が無い!路肩に車を停め、歩き出すと、登山道の周りはミツマ
タの群落です。開花は来年4月かな?でも、もう蕾がたっぷり付い    2020121-_029 2020121-_036
ています。ミツマタが無くなると嫌いな階段が続きます。2人でおし
ゃべりしながら歩いていたら、滝沢の頭もミズヒノ頭も過ぎてしまい、
気が付いたら西沢の頭の手前まで来てしまっていました!(道が
しっかりしてるので緊張感が無い!)いくらか細い尾根もあります
が概ね歩きやすい道です。大山山頂手前で鹿フェンスをのっこす
のに脚立を渡るのにはびっくり!そこまでに会ったのは2人だけ
だったのですがさすが大山山頂、かなりの密状態に登山者が!
富士山は見えませんでしたが、江の島はぼんやりと見えました!
ここからの下山はルーファイに気をつけて、っと思っていたのです
が、あらら、踏み跡バッチリ!上部こそ急でしたが、途中からは明
るい雑木の気持ちの良い尾根歩きでした!諸戸からは車道を車ま
で戻ります。車道沿いもミツマタ、ミツマタ!これはもう、開花時に
再訪せねば!

9:03地獄沢橋登山口、11:20西沢の頭、12:05-40大山、14:15諸戸、14:48車戻り  ..

2020年11月28日 (土)

北アルプス:立山スキー&雄山登頂  2020.11.23-25

今年の立山はほんと、雪が少ない!山岳会の若夫婦が山スキーを
誘ってくれたけど、うぅ~ん!まあ、この時期の立山、10年も行って
ないし、景色見て温泉に入って、その辺を散策できれば、と思って行
って来ました。初日は風が強く、ガスってるんで板は持って行ったけど、
当然、パス!スキーブーツとストックで雷鳥沢付近のハイキング。時
々雪が降ってきたりするので、早々に戻って温泉&ビール。夕方、天
気が回復!稜線もくっきり、山はアーベントロートに焼けました。
翌朝、快晴!でも、雪はガリガリ!またまた私は歩きを選択!一の越
で合流できるかな?って、2人とは別ルートで雄山へ。天気は良いし、
登山道?は高速道路状態でルンルン!沢の方から登って来る2人を
探しながら一の越到着!昨日は見えなかった後立山もバッチリ!スト
ックをピッケルに持ち替えて、雄山に向かいました。

某所、ナメコ採り徘徊 

12/6-7、12/14、12/20-21。今年はこの一か月、ナメコを    Dsc_1392 20201114-_017
探して、あっちゃこっちゃ!前半はあまり出て無くて不作でしたが、
後半はたっぷり採れて、冷凍庫がナメコだらけです。

20201114-_008 20201114-_006 20201167-_003 Dsc_1384

«福島県某沢、焚き火納め  2020.10.24-25